Create issue ticket

考えれる1県の原因 ニューファンドランドで流行

  • 常染色体優性痙攣性運動失調 1型

    脊髄小脳変性症は、遺伝あるいは不明の原因によって小脳が徐々に萎縮し、運動失調症状が進行していく病気です。おもに7種類あります。脊髄小脳変性症は国が指定する難病医療費助成制度の対象疾病(指定難病)になっています。 フリードライヒ失調症 5 15歳ごろに発症し、手足や躯幹(くかん)の運動失調が進行します。病変は脊髄の後索と側索にあります。この結果、脊柱の側彎(そくわん)、腱反射消失、深部感覚の障害、筋緊張の低下と足の先端の発育不全のために凹足を生じます。 しばしば心筋の障害を伴い、多くは心不全や肺炎で亡くなります。[…][medical.jiji.com]

さらなる症状