Create issue ticket

考えれる39県の原因 トランスアミナーゼ増加

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    2016年03月30日 デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療剤「NS-065」の 米国での前期第Ⅱ相臨床試験開始についてのお知らせ 日本新薬(以下 当社)は、国産初の核酸医薬品であるデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療剤「NS-065」(以下 本剤)の、米国での前期第Ⅱ相 臨床試験について、平成28年3月25日(米国時間)に米国食品医薬品局(FDA)へ新薬治験許可申請を行いましたのでお知らせいたします。 DMDは、男児に発症するもっとも頻度の高い遺伝性筋疾患で、ジストロフィンと呼ばれる筋肉の細胞の骨組みを作るタンパク質の遺伝子に変異が起こり、正常[…][nippon-shinyaku.co.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    抄録 症例は80歳,女性.2008年9月に肝障害で当科紹介となり,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTで肝S2に径22 mm大の肝細胞癌(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20[…][jstage.jst.go.jp]

  • 多発性筋炎

    UMIN試験ID UMIN000015469 最終情報更新日: 2018年10月22日 登録日:2014年10月18日 基本情報 進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 対象疾患 多発性筋炎・皮膚筋炎・筋症状に乏しい皮膚筋炎に伴う間質性肺炎 試験開始日(予定日) 2014-10-20 目標症例数 50 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 介入 試験の内容 介入1 介入1:タクロリムス プレドニゾロン治療 52週間 プレドニゾロン; 初期投与量として0.6 - 1 mg/kgを経口投与する.病状に合わせて、mPSL1g/day, 3日間経静脈投与を先行して実施してもよい.[…][rctportal.niph.go.jp]

  • Aagenaes症候群

    TOP 疾患別 Alagille症候群(AGS) 診断のポイント 典型例では乳児期に閉塞性黄疸を生じる。直接ビリルビン高値の乳児が入院してきたら、まず 心雑音・椎体や眼球の異常などAGSに特徴的な身体所見がないか、意識してよく調べる。 特徴的な顔貌は、幼児期以降に明らかになってくることが多い。 AGSでは、時に肝外胆管の狭小化や閉塞を伴うことがある。 灰白色便など高度の胆汁うっ滞を呈する乳児では、上記の身体所見を良くチェックして、 胆道閉鎖症の手術(肝門部空腸吻合術)を避ける ことが大切である。 肝生検による 小葉間胆管の減少の確認が確定診断に有用[…][jspghan.org]

  • 急性HIV感染症
  • アルゼンチン出血熱

    QLifePro 医療ニュース 海外 アルゼンチン出血熱のフニンウイルスに「ZMapp」と同様のモノクローナル抗体が有効か 2016年04月14日 AM10:00 致死率20 30%のアルゼンチン出血熱、治療薬開発に進展 致死性の感染症であるアルゼンチン出血熱を引き起こすフニンウイルスに対して、実験段階の薬剤が有効である可能性が示唆された。ただし、今回の知見はモルモット研究に基づくもので、ヒトを対象とした試験はまだ先になるという。 画像提供HealthDay[…][qlifepro.com]

  • 伝染性単核球症

    異型リンパ球の出現は、EBウイルスがBリンパ球に感染し、感染細胞に対する細胞性免疫反応により活性化された幼若なT細胞が増加することによる。 多くの症例で肝脾腫を伴うため、トランスアミナーゼ(AST, ALT)が上昇する。そのため、肝炎を疑われる場合も多い。[ja.wikipedia.org]

  • 肝硬変

    生化学検査では,肝合成能の低下(血清アルブミン,総コレステロール,コリンエステラーゼの低下,プロトロンビン時間の延長),血清総ビリルビン値の増加(末期では,抱合能低下により,間接型が優位となる),血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)値の変動(進行例では残存肝細胞減少により正常範囲のこともある),肝における網内系機能低下,門脈-大循環短絡路[kotobank.jp]

  • 肝炎

    インターフェロン療法の適応がない人や有効でなかった人には、グリチルリチン製剤、ウルソデオキシコール酸、瀉血 (しゃけつ) などを使用してトランスアミナーゼを下げておくことが、肝硬変への進展と肝細胞癌の合併を抑制するうえで重要である。 [恩地森一] 日本では増加傾向にある。常時飲酒をしている人が急激に飲酒量を増やしたときに発症する。[kotobank.jp]

  • アルコール性肝疾患

    アルコール性肝炎(臨床的)の診断基準(旧文部省総合研究高田班より抜粋) 必須項目 飲酒量の増加を契機に発症 OT優位の血清トランスアミナーゼの上昇 血清ビリルビンの上昇(2mg/dl以上) 付加項目 腹痛 発熱 白血球増加 ALPの上昇(基準値の1.5倍以上) γ-GTPの上昇(基準値の2倍以上) アルコール性肝障害の予防は、断酒または節酒[keisetsuclinic.com] アルコール性肝炎は,飲酒量の増加を契機に発症し,AST優位の血清トランスアミナーゼの上昇や黄疸を認める.著明な 肝腫大 ,腹痛,発熱,末梢血白血球数の増加,ALPやγ-GTPの上昇を認めることが多い.このような所見を伴う場合,臨床的アルコール性肝炎として取り扱う.一部のアルコール性肝炎では,禁酒しても肝腫大などアルコール性肝炎の症状が持続するものもあり[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状