Create issue ticket

考えれる7県の原因 トランスアミナーゼ増加

  • 伝染性単核球症

    異型リンパ球の出現は、EBウイルスがBリンパ球に感染し、感染細胞に対する細胞性免疫反応により活性化された幼若なT細胞が増加することによる。 多くの症例で肝脾腫を伴うため、トランスアミナーゼ(AST, ALT)が上昇する。そのため、肝炎を疑われる場合も多い。[ja.wikipedia.org]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー
  • 原発性胆汁性肝硬変

    抄録 症例は80歳,女性.2008年9月に肝障害で当科紹介となり,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTで肝S2に径22 mm大の肝細胞癌(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20[…][jstage.jst.go.jp]

  • 多発性筋炎
  • Aagenaes症候群
  • 急性HIV感染症
  • アルゼンチン出血熱

さらなる症状

類似した症状