Create issue ticket

考えれる491県の原因 トキソプラズマ感染症

  • トキソプラズマ感染症

    徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載) トキソプラズマは寄生虫の一種で人と動物に共通の感染です。妊娠中の女性に感染すると死産や流産の原因になり、胎児に感染して先天性トキソプラズマが発生します。 トキソプラズマ感染は比較的少ない疾患ですが、確実に増加していると言われます。[topics.or.jp] トキソプラズマは、終宿主の糞便中に排出されるオーシストによる水平感染や中間宿主における垂直感染により伝搬される。トキソプラズマは、宿主の免疫能が正常な状態では不顕性感染として経過するが、ヒトではエイズや臓器移植、妊娠などにより宿主が免疫抑制状態に陥ると発症する日和見感染である。[patents.google.com] 抄録 トキソプラズマ感染は,免疫抑制状態にある膠原病患者における日和見感染の一つとして知られており,しばしば髄膜炎や網脈絡膜炎などの症状を呈する.筆者らはトキソプラズマ感染を併発した膠原病の2例を経験した.症例1は49歳,全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus:以下SLEと略)・強皮症(Systemic[jstage.jst.go.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • ぶどう膜炎

    サルコイドーシス、原田病、交感性眼炎、結核、梅毒、ヘルペスウイルス感染トキソプラズマ症、レプトスピラ ベーチェット病、強直性脊椎炎、関節リウマチ、Reiter症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、糖尿病 主に虹彩に起きるものを 虹彩毛様体炎 虹彩炎などと呼ぶこともある。 原病の治療を行うのと同時に、眼局所の治療も行う。[ja.wikipedia.org] 以上3つの汎ぶどう膜炎がわが国の3大ぶどう膜炎と言われていますが、そ の他にもヘルペスウイルスによる急性網膜壊死、免疫不全の方に起るサイトメガロウイルス網膜炎、ネコの糞から感染するトキソプラズマ、結核性ぶどう膜炎 等も重大な汎ぶどう膜炎と言えます。[hirataganka.com] 2018-10-18 UPDATE 目次 原因 主な原因 外傷 棘や引っかき傷によるもの 感染 FIP(猫伝染性腹膜炎ウイルス)、FeLV(猫白血病ウイルス) 、FIV(猫エイズウイルス)、トキソプラズマ、クリプトコックス、全身性真菌感染、結核菌など 腫瘍 リンパ腫など 過敏症 強いアレルギーによるもの 特発性 (突発性) 何の前触れもなく[irisplaza.co.jp]

  • 脳腫瘍

    Brain Tumor 解説:淺田 英穂 ( 東京都済生会中央病院 脳神経外科部長) 脳腫瘍はこんな病気 脳腫瘍は、頭蓋内(頭蓋骨の内側)に発生するすべての新生物(できもの)の総称です。したがって、脳の実質だけでなく、脳を包む膜(髄膜・硬膜)や脳に出入りする神経などさまざまな部分に発生する腫瘍をすべて含めて脳腫瘍と呼びます。一言で脳腫瘍といってもその種類は非常に多いのが特徴です。[…][saiseikai.or.jp]

  • 後天性免疫不全症候群

    トキソプラズマ脳症・・・ネコなどが原因で脳に感染巣が出現し、けいれんや意識障害、神経症状が起きる クリプトスポリジウム(1ヶ月以上下痢の続く慢性腸炎)・・・水道水に含まれることがあり感染する。[kyumed.jp] 真菌症 カンジダ症(食道、気管、気管支または肺)・・・カビが原因で食道炎や気管支炎、肺炎を起こす( 主な日和見感染症参照 ) クリプトコッカス症(肺以外)・・・ハトの糞などにより感染し、髄膜炎や前身感染(骨随、肝臓、血液)を起こす ニューモシスチス肺炎( 主な日和見感染参照 ) コクシジオデス ヒストプラスマ(全身性または肺外) 原虫[kyumed.jp]

  • 急性顎下部リンパ節型トキソプラズマ症

    症状と徴候 感染は以下に示すいくつかの様式で現れる: 急性トキソプラズマ 中枢神経系トキソプラズマ 先天性トキソプラズマトキソプラズマ感染性患者における播種性疾患または中枢神経系以外の感染 急性トキソプラズマ 急性感染症は通常無症状であるが,10 20%の患者では,頸部または腋窩に両側性の圧痛を伴わないリンパ節腫脹を引き[msdmanuals.com] (2) 眼トキソプラズマ 眼に孤発して発症する。先天性感染の再活性化で生じることが多く、後天性感染で発症することは稀である。症状としては、視力障害、眼痛、羞明などが見られる。 (3) 日和見トキソプラズマ感染 免疫不全者では、体内に潜伏感染していたトキソプラズマが再活性化し、脳炎や肺炎や脈絡網膜炎などの重篤な症状を引き起こす。[niid.go.jp] Check Point 2 頸部リンパ節腫脹 一般的な目安として前頸部のリンパ節腫脹は頭頸部の感染,全身の特殊な感染(伝染性単核球,サイトメガロウイルス感染トキソプラズマなど)に伴い,後頸部リンパ節腫脹は結核,風疹,リンパ腫,亜急性壊死性リンパ節炎,悪性腫瘍などに伴って起こる。[igaku-shoin.co.jp]

  • 細菌性髄膜炎

    細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん、英: Bacterial meningitis)は、細菌感染によって起こる中枢神経系の感染症。別名として、化膿性髄膜炎(かのうせいずいまくえん、英: Septic meningitis)とも呼ばれる。通常結核性髄膜炎はこの細菌性髄膜炎に含めない。 発熱の原因が中枢神経と疑われるとき、髄液検査を行い細胞数の増加があれば神経感染症と考える。神経感染症では感染部位によって名称、症状が異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 先天性後天性免疫不全症候群
  • 川崎病

    川崎病(かわさきびょう、英: Kawasaki disease, KD)は、主に乳幼児がかかる全身の血管炎症候群のこと。主として中型の血管が全身で炎症を起こすことで、発熱、発疹、冠動脈病変など様々な症状を惹き起こす。小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(英: MucoCutaneous Lymph-node Syndrome, MCLS)とも言われるが、世界的に「川崎病 (KD)」と呼ばれるのが一般的である。[…][ja.wikipedia.org]

  • ガス壊疽

    2015/11/15 ガス壊疽(えそ)は、外傷や腸管の手術などを契機としてクロストリジウム属の菌が筋肉組織に侵入して起こす感染症であり、突然の局所疼痛で発症します。 菌からは20種類以上の毒素が産生され、そのうちαトキシンは溶血と組織の壊死を引き起こします。血小板や多形核白血球(好中球)が破壊されて広範に毛細血管が障害され、しばしば致命的となるため、発症が疑われたら速やかな処置が求められます。 αトキシンの産生を止め*、菌の発育を抑制**するには、できるだけ早く高気圧酸素治療(HBO)を行う必要があり、デブリドマンといわれる壊死組織を取り除く外科処置と抗生剤投与の3者により対処されます。[…][kameda.com]

さらなる症状