Create issue ticket

考えれる3県の原因 ドーパミンに反応するパーキンソン症候群

  • 脊髄小脳失調症 2型

    1 論文(リポジトリ) DIRECT法を用いた脊髄小脳失調症2型遺伝子の同定 新潟医学会 7 図書 脊髄小脳変性症 祖父江, 逸郎(1921- ) 厚生問題研究会 2 論文(リポジトリ) 2)急激な上行性麻痺と失調性呼吸を呈し, MRIにて延髄に主病変を認めた一例(一般演題, 第41回下越内科集談会) 三瓶, 一弘, 赤岩, 靖久, 小山, 晃 新潟医学会 8 図書 メダカを用いた先天異常症の原因遺伝子の同定 里方, 一郎 [里方一郎] 3 論文(リポジトリ) 9)精神分裂病とCAGリピートを含むクローンとの関連 : DIRECTを用いて(I.一般演題, 新潟大学医学部精神医学教室同窓会集談会) 田中,[…][opac.lib.niigata-u.ac.jp]

  • フェノチアジン中毒

    ( 2014年6月 ) ドーパミンD 2 受容体 遮断作用による 錐体外路 反応は以下のようなものを含む、急性 ジストニア 、 アカシジア 、 パーキンソン症候 (硬直と 振戦 )、 遅発性ジスキネジア 、 頻脈 、 低血圧 、 勃起不全 、傾眠、 発作 、強烈な夢あるいは悪夢、 高プロラクチン血症 [23] 。[ja.wikipedia.org]

  • カテコールアミノ合成障害

    L‐チロシンからドーパ, ドーパミン を経て合成される。アミノ基へのメチル基転移反応により アドレナリン を生じる。… 【パーキンソン症候】より …病因は不明であるが,中脳の黒質にあるメラニン含有細胞の変性が重要である。ここでつくられる ドーパミン は神経伝達物質として黒質から大脳基底核,視床への神経伝達に関与している。[kotobank.jp] パーキンソン症候の際に脳内のドーパミン量が減少していることが知られ,さらに脳幹の線条体ではノルアドレナリンよりドーパミンが多量に含まれていることが見いだされ,しだいにドーパミン自身がいわゆるカテコールアミン作動性ニューロンの神経伝達物質として作用していることが明らかになってきた。[kotobank.jp] L‐チロシンからドーパ(DOPA,3,4‐ジオキシフェニルアラニン)の脱炭酸反応によって作られる。ドーパミンβ‐オキシダーゼの作用によりノルアドレナリンとなる。副腎髄質,脳,交感神経系,肺,小腸,肝臓にも多く含まれている。[kotobank.jp]

さらなる症状