Create issue ticket

考えれる71県の原因 デュアン症候群

  • Brooks Wisniewski Brown症候群

    Duane症候デュアン症候) はじめに Duane症候群は、眼球を外側へ動かす神経(外転神経)が外直筋をコントロールすることができず、動眼神経が外直筋を支配するためにおきる特殊な眼の動きの異常です。 原因 本来外直筋を動かすのは外転神経ですが、そこに動眼神経が入り込んでしまうことで起きます。[jasa-web.jp]

  • 先天性外転神経麻痺

    デュアン症候にはワニの涙(食べ物を見ると唾液が出るべき場面で涙が出るというもの)、難聴、脊柱側湾症などを伴うことが有ります。 昨年来日されたBosley先生が発見した3つの疾患のひとつがこのあたりのものでした。[pigeon.info] 先天性外転神経麻痺(通常両側性)による眼球外転障害、デュアン症候、内斜視、外斜視。他の脳神経麻痺(第3・4・5・9・10・12脳神経)。舌低形成、部分性無歯、小顎、口蓋裂。さまざまな程度の四肢欠損(50%)、内反尖足(30%)、指低形成、合指趾(20%)。[nanbyou.or.jp] ・脳腫瘍 先天性 ・デュアン症候 橋にある外転神経核の形成不全により起こる病気です。 他の病気によるもの ・糖尿病 特発性 特に検査などで異常が見つからない場合は原因不明としされます。[an-sogo.com]

  • 良性外転神経麻痺

    先天性の場合には、デュアン症候、メビウス症候群など特殊なタイプとしてみられることが多いです。 症状 麻痺眼の外転制限、内斜視が起こり、麻痺眼側を注視すると増悪する水平性の 複視 を自覚します。複視を避けるため、頭位異常(麻痺眼側への顔まわし)がみられます。障害部位によってさまざまな症状が合併します。[jasa-web.jp] 先天性 外 転 神経 麻痺 (通常両側性)による眼球 外 転 障害、デュアン症候、内斜視、外斜視。他の脳神経麻痺(第3・4・5・9・10・12脳神経)。舌低形成、部分性無歯、小顎、口蓋裂。さまざまな程度の四肢欠損(50%)、内反尖足(30%)、指低形成、合指趾(20%)。[symptoma.jp]

  • 眼筋障害

    先天性の場合には、デュアン症候、メビウス症候群など特殊なタイプとしてみられることが多いです。 症状 麻痺眼の外転制限、内斜視が起こり、麻痺眼側を注視すると増悪する水平性の 複視 を自覚します。複視を避けるため、頭位異常(麻痺眼側への顔まわし)がみられます。障害部位によってさまざまな症状が合併します。[jasa-web.jp]

  • シングルトン・メルテン症候群

    、遊走脾、薬剤誘発性黒色表皮腫、薬剤誘発性エリテマトーデス、薬剤関連性副腎機能不全、ドラマンド症候、乾性脚気、ドライアイ、DTD、デュアン退縮症候デュアン症候デュアン症候1A 1Bおよび1C型、デュアン症候2A 2Bおよび2C型、デュアン症候3A 3Bおよび3C型、デュビン-ジョンソン症候群、デュボヴィッツ症候群、デュシェンヌ[ekouhou.net] 、スティーブンス-ジョンソン症候、STGD、スティックラー症候、全身強直症候、全身強直症候、スチル病、シュティリング-トゥルク-デュアン症候、スチル病、刺激感受性ミオクローヌス、ストーンマン(Stone Man)症候群、ストーンマン、ストリーター奇形、常染色体優性型線条体黒質変性、線条体淡蒼球系石灰沈着症、支質、デスメ膜、角膜実質[ekouhou.net] オルゼウスキー症候群、スティーリーヘアー(Steely Hair)病、スタイン-レーヴェンタール症候群、シュタイネルト病、ステンゲル症候群、ステンゲル-バッテン-メーオー-シュピールマイアー-フォークト-シュトック病、狭窄性胆管炎、腰椎管狭窄症、狭窄症、ステロイドスルファターゼ欠損症、シュテバノビッチ外胚葉性形成異常、スティーブンス ジョンソン症候[ekouhou.net]

  • 常染色体劣性難聴 44

    眼球後退症候 神経系疾患 CHN1 (alternative splicing) [HSA: 1123 ] [KO: K20630 ] H00634 オキヒロ症候 Duane-radial ray 症候 Duane-radial ray 症候 (オキヒロ症候) は、腕の骨格奇形や難聴とデュアン眼球後退症候を伴うことを特徴とする常染色体優性遺伝性疾患[kegg.jp] 55997 ] ACVR2B [HSA: 93 ] [KO: K13596 ] CCDC11 [HSA: 220136 ] GDF1 [HSA: 2657 ] [KO: K05495 ] MMP21 [HSA: 118856 ] [KO: K08000 ] PKD1L1 [HSA: 168507 ] [KO: K04987 ] H00633 デュアン[kegg.jp]

  • 偽落屑症候群

    H506 機械的斜視 デュアン眼球後退症候 H508 その他の明示された斜視 H00633 仮性斜視 仮性内斜視 偽斜視 斜視 H509 斜視, 詳細不明 共同注視麻痺 垂直性注視麻痺 水平性注視麻痺 絶対性注視麻痺 注視麻痺 H510 共同注視麻痺 開散不全 輻輳麻痺 H511 輻輳不全及び過多 核間性眼筋麻痺 一眼半水平注視麻痺症候群[kegg.jp] H501 共同性外斜視 下斜視 上下斜視 上斜視 下斜筋過動 H502 上下斜視 間欠性外斜視 間欠性内斜視 H503 間欠性斜視 回旋斜視 共同性斜視 単眼固視症候群 乳児内斜視 微小斜視 H504 その他及び詳細不明の斜視 回旋斜位 外斜位 眼球斜位 交代性上斜位 上斜位 内斜位 H505 斜位 外傷性眼筋麻痺 機械的斜視 上斜筋腱鞘症候[kegg.jp]

  • クリッペル・ファイル症候群

    先天性外転神経麻痺(通常両側性)による眼球外転障害、デュアン症候、内斜視、外斜視。他の脳神経麻痺(第3・4・5・9・10・12脳神経)。舌低形成、部分性無歯、小顎、口蓋裂。さまざまな程度の四肢欠損(50%)、内反尖足(30%)、指低形成、合指趾(20%)。[nanbyou.or.jp]

  • 片側不全麻痺

    先天性の場合には、デュアン症候、メビウス症候群など特殊なタイプとしてみられることが多いです。 症状 麻痺眼の外転制限、内斜視が起こり、麻痺眼側を注視すると増悪する水平性の 複視 を自覚します。複視を避けるため、頭位異常(麻痺眼側への顔まわし)がみられます。障害部位によってさまざまな症状が合併します。[jasa-web.jp]

  • 偽落屑症候群

    H506 機械的斜視 デュアン眼球後退症候 H508 その他の明示された斜視 H00633 仮性斜視 仮性内斜視 偽斜視 斜視 H509 斜視, 詳細不明 共同注視麻痺 垂直性注視麻痺 水平性注視麻痺 絶対性注視麻痺 注視麻痺 H510 共同注視麻痺 開散不全 輻輳麻痺 H511 輻輳不全及び過多 核間性眼筋麻痺 一眼半水平注視麻痺症候群[kegg.jp] H501 共同性外斜視 下斜視 上下斜視 上斜視 下斜筋過動 H502 上下斜視 間欠性外斜視 間欠性内斜視 H503 間欠性斜視 回旋斜視 共同性斜視 単眼固視症候群 乳児内斜視 微小斜視 H504 その他及び詳細不明の斜視 回旋斜位 外斜位 眼球斜位 交代性上斜位 上斜位 内斜位 H505 斜位 外傷性眼筋麻痺 機械的斜視 上斜筋腱鞘症候[kegg.jp]

さらなる症状