Create issue ticket

考えれる306県の原因 チック症

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    うつ病でのとらわれ、チックの反復的な動き、摂食障害における反復される過食や嘔吐、自閉症スペクトラム障害の決まり切った儀式、薬物依存症、全般性不安障害の過剰で「現実的な」不安、など様々である。 DSM-IVの診断基準E、DSM-5の診断基準Cは、強迫症状が薬や身体疾患の影響ではないことを要求している。[ja.wikipedia.org] DSM-5 では、新たなサブタイプとして、慢性チック障害の生涯罹病を有するOCD患者は、「チック関連性」と特定される予定である。 併発 OCD患者で認める併発症は多彩であるが、大うつ病性障害は約20-37%に併存を、そしてその生涯有病率は約54-67%とされるなど、最も高率に見られるものである [8] [12] [13] [14] 。[bsd.neuroinf.jp] このスペクトラムには自閉症、アスペルガー症候群、チック、トゥレット障害、抜毛、皮膚むしり症、自傷行為、身体醜形恐怖、摂食障害、依存症などが含まれている。 人口の約2.3%は、人生のある時点で強迫性障害を経験する。年間の患者数は、全世界では約1.2%ほど。35歳以降で発症することは少なく、患者の半数は20歳以下で発症している。[ja.wikipedia.org]

  • トゥレット症候群

    以下他サイトからの転用 ドクターに聞く・Q&A トゥレット症候群とは/意志に反した言動が続く 九州・山口の医療ニュース 原因は脳神経系異常 チック・トゥレット症候群 チックは周囲からの刺激や自分の意図と関係なく、 頻繁にまばたきをする、首を振るといった「 運動性チック 」。 叫び声や周囲に不快な言葉を発したりする「 音声チック 」。[ippo2.com] チック、ジル・ドゥ・ラ・トゥレット症候群 チックは皆さんもよくご存知と思います。一般的に「癖」と言われていますが、神経学的には、不随意運動の一種で、環境や精神活動の影響を受けますが、運動の疾患として治療を行っています。 幼児期から発症することが多く、男子に多い傾向にあり、症状は成長につれて消失するか、軽快します。[segawa-clinic.jp] ほとんどのチックはやがてなくなります。しかし、約1%の小児では、成人期までチックが残ります。 チックのある小児には、注意欠如・多動(ADHD―注意欠陥/多動性障害とも呼ばれます)、強迫症(強迫性障害とも呼ばれます)、不安(不安障害とも呼ばれます)、うつ病、学習障害など、他の病気がしばしばみられます。[msdmanuals.com]

  • チック症

    チックチックしょう)、チック障害(チックしょうがい、英語: tic disorder)とは、チック(突発的で、不規則な、体の一部の速い動きや発声を繰返す状態)が一定期間継続する障害。 チック障害は以下のように分類される。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性舞踏病

    字が下手になったり、行儀が悪くなるなどの症状を示すこともあり、 チック や多動として見過ごされることもあります。 その他の症状として、輪状紅斑と呼ばれる皮膚の発疹や皮膚の下のしこり(皮下結節)が認められることもあります。 検査と診断 溶連菌感染の証明はのどの細菌培養、迅速診断キット、血清抗体検査(ASO、ASK)などで確定されます。[qlife.jp] 13 変性疾患 アルツハイマー病の薬物療法/その他の変性性認知の薬物治療/ 認知症の非薬物療法・ケア/パーキンソン病の薬物療法/ パーキンソン病の外科治療/パーキンソン病の非薬物療法・ケア/ その他のパーキンソニズム/筋萎縮性側索硬化症/脊髄小脳変性症 14 代謝性疾患 ウィルソン病(肝レンズ核変性症)/ビタミンB 1 欠乏/ビタミンB[igaku-shoin.co.jp] GLUT-1欠損症/先天性グリコシル化異常症 10 頭痛 片頭痛/緊張型頭痛/群発頭痛/薬物乱用頭痛,慢性連日性頭痛 11 てんかん てんかんの薬物療法/てんかんの外科治療/てんかん重積の治療 12 不随意運動 振戦/ジストニア/ミオクローヌス,固定姿勢保持困難,下肢静止不能症候群/ 片側顔面攣縮,ミオキミア/舞踏病,アテトーゼ,バリズム,チック[igaku-shoin.co.jp]

  • 外陰炎

    多動性障害(ADHD) WPW症候群 男性型脱毛 男性不妊 胆石 胆嚢ポリープ チック 虫垂炎 中皮腫 聴神経腫瘍 腸チフス 直腸がん 直腸脱 椎間板ヘルニア 痛風 爪白癬(爪の水虫) 低身長症 停留睾丸 テニス肘 てんかん デング熱 投球障害肩 登校拒否 統合失調症 疼痛 糖尿病 糖尿病性神経障害 ドライアイ トリコモナス膣炎 ナルコレプシー[t-pec.jp] コンジローム 前十字靱帯損傷 染色体異常(胎児) 全身性エリテマトーデス(SLE) 喘息 前庭神経炎 先天性股関節脱臼 先天性心疾患 先天性代謝異常症 先天性内反足 先天白内障 前立腺がん 躁うつ病 側彎症 鼠径ヘルニア そばかす 帯状疱疹後神経痛 対人恐怖症 大腿骨頚部骨折 大腿骨頭すべり症 大腸がん 大腸ポリープ 大動脈瘤 唾液腺がん 脱毛[t-pec.jp]

  • 不眠症

    診療内容一覧 うつ病 不眠症 パニック障がい 社交不安障がい(SAD) 適応障がい 認知 発達障害 ADHD(注意欠如・多動) アスペルガー症候群 強迫性障がい チック・ディストニア・ディスキネジア 統合失調 不登校 様々な恐怖症[fuseki-clinic.com]

  • 神経症性障害

    チック チックとはまばたきや首振りなど一見癖のように見える行為が現れる精神疾患です。 関連記事 チックとは?癖のように見えるチック症状の見分け方と治療法は? 関連記事 大人のチックとは?症状とストレスとの関連性、受診先や治療法、生活上の工夫を紹介! 摂食障害 摂食障害とは食行動に関する障害で、一般には拒食症、過食症と呼ばれます。[h-navi.jp] 関連項目 [ 編集 ] 精神医学 精神分析学 抜毛癖 チック 場面緘黙症[ja.wikipedia.org] 強迫性障害の患者さんの半数以上に、気分障害、不安障害、摂食障害、アルコール依存などの物質関連障害、チック障害、トウレット障害、人格障害などの他の精神障害が併存しているという報告もあります。 また、てんかん、脳髄膜炎、脳腫瘍や頭部外傷などの脳器質性疾患の初期や経過中に症状を認めることもあります。[komagino.jp]

  • 急性過換気

    心因性めまい、冷え症、異常知覚、失声、チックなど 小児科領域 小児ぜんそく、起立性調節障害、過換気症候群、消化性潰瘍、反復性腹痛、神経性食欲不振、周期性嘔吐症、情動性不整脈など 皮膚科領域 慢性じんましん、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、汎発性脱毛症、多汗症、接触皮膚炎、湿疹、皮膚掻痒症など 外科領域 腹部手術後愁訴(腸管癒着症、ダンピング[sugiura-kokoro.com] 心筋梗塞)、一部の不整脈など 消化器系 胃・十二指腸潰瘍、急性胃粘膜病変、慢性胃炎、心因性嘔吐、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、慢性肝炎、慢性膵炎など 内分泌・代謝系 肥満症、神経性食欲不振症、神経性過食症、愛情遮断性小人症、甲状腺機能亢進症、心因性多飲症、糖尿病など 神経・筋肉系 筋収縮性頭痛、片頭痛、その他の慢性疼痛、痙性斜頭、自律神経失調[sugiura-kokoro.com]

  • むずむず脚症候群

    (Stereotypy) チック 振戦 ウィルソン病 発達性協調運動障害 身体障害者福祉法、障害者総合支援法、学校教育法等の法律では、肢体不自由と称する(ただし、肢体不自由者に対する教育を、運動障害教育とする専門家もいる)。[ja.wikipedia.org] General Unwellness Movement Syndrome (MGUMS) Mirror movement disorder むずむず脚症候群 パーキンソン病 Paroxysmal kinesigenic choreoathetosis むずむず脚症候群 痙攣 Stereotypic movement disorder 常同[ja.wikipedia.org]

さらなる症状