Create issue ticket

考えれる137県の原因 ターコット症候群

  • ガードナー症候群

    ガードナー症候では骨腫,皮下の軟部腫瘍,デスモイド腫瘍などが,またターコット症候では脳腫瘍による症状がみられる。 ポイツ・イエーガー症候群では口唇,口腔粘膜,四肢末端皮膚などへの色素沈着がみられる。 クロンカイト・カナダ症候群では色素沈着,脱毛,爪甲異常などがみられる。[jmedj.co.jp] ICD10コード: D12.6 結腸,直腸,肛門及び肛門管の良性新生物 腫瘍 ,結腸,部位不明 検索数: 9 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 ガードナー症候 D126 PR7C 2 ターコット症候 D126 H6ED 3 家族性大腸ポリポーシス D126 CJHJ 4 結腸腺腫症 D126 UNJ3 5 若年性ポリープ[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 潰瘍性の大腸ポリポーシスには、家族性大腸腺腫症(家族性大腸ポリポーシス、ガードナー症候とも呼ばれる)とターコット症候があります。[nomu-capsule.jp]

  • クロンカイト・カナダ症候群

    ガードナー症候では骨腫,皮下の軟部腫瘍,デスモイド腫瘍などが,またターコット症候では脳腫瘍による症状がみられる。 ポイツ・イエーガー症候群では口唇,口腔粘膜,四肢末端皮膚などへの色素沈着がみられる。 クロンカイト・カナダ症候群では色素沈着,脱毛,爪甲異常などがみられる。[jmedj.co.jp] ターコット症候(Turcot's syndrome):大腸線維腫に神経系腫瘍が合併したもの ポイツ・ジェガーズ症候群:胃、大腸にポリポーシスが発症し、手足に色素沈着が見られる。 カウデン症候群:消化管にポリポーシスが発症し、顔面に小丘疹、四肢に角化性丘疹、口腔粘膜に乳頭腫が見られる疾患。[ja.wikipedia.org] トップ 疾患一覧 消化器疾患 ガードナー,ターコット,ポイツ・イエーガー,クロンカイト・カナダ症候(稀な消化管ポリポーシス) 疾患メモ これらの疾患は消化管にポリープが多発したものを指し,それぞれの疾患で遺伝的背景,ポリープの病理組織所見などが異なる( 表 )。[jmedj.co.jp]

  • 家族性大腸腺腫症

    ターコット症候(Turcot's syndrome)ポリポーシスに中枢神経系腫瘍が合併するもの。FAPと比較して大腸の腺腫は少ないが、悪性化は若年で起こりやすい。常染色体劣性遺伝であり、原因遺伝子は不明である。大腸全摘を行う。予後は脳腫瘍に左右される。ポイツ・ジェガーズ症候群[ja.wikipedia.org] 潰瘍性の大腸ポリポーシスには、家族性大腸腺腫症(家族性大腸ポリポーシス、ガードナー症候とも呼ばれる)とターコット症候があります。[nomu-capsule.jp] D126 PR7C 9 ターコット症候 D126 H6ED 10 家族性大腸ポリポーシス D126 CJHJ 11 結腸腺腫症 D126 UNJ3 12 若年性ポリープ D126 M9HS 13 大腸ポリポーシス D126 DQCN 14 大腸腺腫 D126 LPHG 15 大腸腺腫症 D126 AQCQ 16 腸ポリープ症 D126[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス大腸癌)

    ターコット症候/Turcot syndrome(type 2) APC 遺伝子変異を有する大腸腺腫症に脳腫瘍(おもに小脳の髄芽腫)を合併するもので,ターコット症候のtype 2に分類される(ターコット症候type 1はリンチ症候群参照)。[jsccr.jp] 脳腫瘍はリンチ症候の主要な死因と報告されており,注意が必要である( サイドメモ4 :ターコット症候type 2)。[jsccr.jp] 腫瘍性病変として,デスモイド腫瘍のほかに,甲状腺癌,副腎腫瘍,肝芽腫,脳腫瘍などが発生することがある( サイドメモ4 :ターコット症候)。[jsccr.jp]

  • Haddad症候群

    症候とガードナー症候と呼ばれます ターコット症候 Turcot’s syndrome FAPの家系で,小児に胎児性脳腫瘍(髄芽腫)を生じます ガードナー症候群 Gardner’s syndrome FAPに頭蓋骨腫瘍などを合併するものです リ・フラウメニ症候群 Li–Fraumeni syndrom TP53癌抑制遺伝子に変異があります[plaza.umin.ac.jp] 腫瘍抑制遺伝子に変異があります まれに髄膜腫を合併します フォン・ヒッペル・リンドウ病 VHL(別ページなのでここをクリック) 小脳と脊髄に血管芽腫が多発します 家族性大腸腺腫症 FAP familial adenomatous polyposis APC遺伝子の変異があります 大腸に無数の腺腫が発生して,やがて癌化します 脳腫瘍を発生するものは,ターコット[plaza.umin.ac.jp]

  • チャドレイ・ロジルスキー症候群

    、タッカー症候(Tucker syndrome)、タフリ ラクソバ症候(Tuffli-Laxova syndrome)、ツラレミア、スナノミ症、タングランド ベルマン症候(Tungland-Bellman syndrome)、トンネル型大動脈下狭窄、ターコット症候、ターナー症候群、ターナー キーサー症候群、双胎間輸血症候群、胼胝、ULD[biosciencedbc.jp] 、タッカー症候(Tucker syndrome)、タフリ-ラクソバ症候(Tuffli-Laxova syndrome)、ツラレミア、スナノミ症、タングランド-ベルマン症候(Tungland-Bellman syndrome)、 トンネル型大動脈下狭窄、ターコット症候、ターナー症候群、ターナー-キーサー症候群、双胎間輸血症候群、胼胝、[ekouhou.net] 、タッカー症候(Tucker syndrome)、タフリ-ラクソバ症候(Tuffli-Laxova syndrome)、ツラレミア、スナノミ症、タングランド-ベルマン症候(Tungland-Bellman syndrome)、トンネル型大動脈下狭窄、ターコット症候、ターナー症候群、ターナー-キーサー症候群、双胎間輸血症候群、胼胝、ULD[ekouhou.net]

  • リー・フラウメニ症候群

    症候ハンドブック,中山書店,pp688,2011年 下平秀樹:ターコット症候 症候群ハンドブック,中山書店,pp690,2011年 下平秀樹:リンチ症候群 症候群ハンドブック,中山書店,pp692,2011年 下平秀樹:ミュア・トール症候群 症候群ハンドブック,中山書店,pp693,2011年 下平秀樹:ゴーリン症候群 症候群ハンドブック[co.idac.tohoku.ac.jp] 症候とガードナー症候と呼ばれます ターコット症候 Turcot’s syndrome FAPの家系で,小児に胎児性脳腫瘍(髄芽腫)を生じます ガードナー症候群 Gardner’s syndrome FAPに頭蓋骨腫瘍などを合併するものです リ・フラウメニ症候群 Li–Fraumeni syndrom TP53癌抑制遺伝子に変異があります[plaza.umin.ac.jp] 分子標的治療薬使い方 Q34 臓器別にみる、がん分子標的治療薬の使い方―重要な臨床試験成績を紹介しながら― 肝がん がん治療レクチャー,総合医学社,pp.404-409,2011年 石岡千加史:Ⅴトピックス Q41 がん分子標的治療薬と分子マーカー がん治療レクチャー,総合医学社,pp.446-450,2011年 石岡千加史:ポイツ・ジェガーズ症候[co.idac.tohoku.ac.jp]

  • 松果体嚢胞

    (Turcot)症候 酒井 圭一 577 (9) ゴーリン症候群 藤井 克則 581 VII.[nippon-rinsho.co.jp] 田中雄一郎 539 (2) カーニー複合 向井 徳男 543 (3) フォン・ヒッペル・リンドウ(von Hippel-Lindau)病 菅野 洋 547 (4) 神経線維腫症1型 太田 有史 553 (5) 神経線維腫症2型 夏目 敦至 561 (6) 結節性硬化症 武笠 晃丈 566 (7) Cowden病 秋元 治朗 571 (8) ターコット[nippon-rinsho.co.jp]

  • 線維形成性髄芽腫

    68.Cowden syndrome カウデン症候 69.Turcot syndrome ターコット症候 70.Nevoid basal cell carcinoma syndrome(Gorlin syndrome) 基底細胞母斑症候群(ゴーリン症候群) Other lesions 71.Dermoid cyst, Epidermoid[igaku-shoin.co.jp] 大半が散発性のものであるが、(1) ゴーリン症候 ( 母斑性基底細胞癌症候 )、(2) 青色ゴム乳首様母斑症候 、(3) ターコット症候 (例えば、 グリオーマポリポーシス症候群 )、および(4) ルビンスタイン-テイビ症候群 が見られる場合には 遺伝 性の条件が関連している。[ja.wikipedia.org] ファンコニ貧血,ゴーリン症候,リ・フラウメリ症候は,ソーニックヘッジホック SHH pathwayの異常で髄芽腫を発症します。 SHHタイプでは,遺伝カウンセリングが必要 です。[plaza.umin.ac.jp]

  • 星状細胞腫拡散

    神経線維腫症1型 (NF-1),ターコット症候 (Turcot syndrome),リ・フラウメリ症候群 (Li Fraumeni syndrome)です。 NF-1以外は極めて稀なものです。ですから,NF-1を持っている家系でなければグリオーマは遺伝しないと考えます。[plaza.umin.ac.jp]

さらなる症状