Create issue ticket

考えれる2県の原因 タウ免疫活性

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    脳の左半分は10%ホルマリンで固定され得、スクロースにより凍結防止され得、タウ、リン酸タウ免疫細胞化学のために切片化され得、カスパーゼ3を活性化され得る。ガリアス染色およびフルオロジェイド染色もまた、実施され得る。脳の右半分が生化学分析のために使用され得る。全タウmRNAおよびタンパク質レベルならびに4R:3R比が分析され得る。[biosciencedbc.jp] タウのタンパク質レベルは、免疫沈降、ウェスタンブロット分析(免疫ブロット法)、酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)、定量的タンパク質アッセイ、タンパク質活性アッセイ(例えば、カスパーゼ活性アッセイ)、免疫組織化学、免疫細胞化学または蛍光活性化細胞選別装置(FACS)などの当該技術分野において周知の様々な方法で評価または定量され得る。[biosciencedbc.jp]

  • タウオパチー

    研究の概要 アルツハイマー病(AD)、ピック病(PiD)、皮質基底核変性症(PSP)、進行性核上性麻痺(CBD)、タウ遺伝子(イントロン10)の異常による前頭側頭葉変性症(MAPT) ※5 の患者剖検脳からサルコシルという界面活性剤に不溶性を示すタウ(異常型タウ)を分離し、様々なタウの部位に対する抗体を用いた生化学解析、及び免疫電顕による超微細形態[igakuken.or.jp]

さらなる症状