Create issue ticket

考えれる44県の原因 ダニ麻痺症

  • ギラン・バレー症候群

    重症筋無力,ボツリヌス,ポリオ(主に米国外),ダニ麻痺,ウエストナイルウイルス感染症,および代謝性神経障害によっても類似の急性の筋力低下が生じるが,これらの障害は通常以下のように識別可能である: 重症筋無力症は間欠的で,労作により悪化する。[msdmanuals.com] まず,病歴および診察結果に基づいて,同様の症状を引き起こすその他の疾患(例,重症筋無力,ボツリヌスダニ麻痺,ウエストナイルウイルス感染症,代謝性神経障害;米国外ではポリオ)と鑑別する。 診断は主に臨床的に行うものの,電気診断検査,および通常髄液検査を行う。[msdmanuals.com] ダニ麻痺では上行性麻痺が生じるが,感覚は正常に保たれる。 ウエストナイルウイルスでは,頭痛,発熱,および非対称性の弛緩麻痺が生じるが,感覚は正常に保たれる。 代謝性神経障害は慢性の代謝性疾患に伴って生じる。 感染症ならびに免疫機能障害の検査(肝炎およびHIVの検査を含む),さらに血清タンパク電気泳動を行う。[msdmanuals.com]

  • ダニ麻痺症

    ダニ麻痺(tick paralysis)はまれに起こる上行性弛緩麻痺であり,毒素を分泌するマダニ科のダニが刺咬し,数日間付着し続けた場合に起こる。 北米では,カクマダニ属( Dermacentor )およびキララマダニ属( Amblyomma )の数種が,唾液中に分泌される神経毒によりダニ麻痺を引き起こす。[msdmanuals.com] 犬のダニ麻痺の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面筋の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸筋麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com] ダニ麻痺は、ダニの唾液中毒素によって発症すると考えられ、麻痺は通常ダニの除去後24時間以内に消滅する。2006年5月26日から31日に、コロラド公共衛生環境局は、コロラド中央部北にある山中20マイル圏内に住む、あるいは訪問したダニ麻痺の最近4症例について報告を受けた。[imic.or.jp]

  • ボツリヌス中毒

    米カリフォルニア州公衆衛生局(CDPH)は今月22日、ガソリンスタンドで販売されたボツリヌス菌で汚染されたチーズソースを食べた患者1人が死亡、9人が深刻な中毒状態だと発表した。カリフォルニア州では韓国から輸入したハーブティーが原因で2人がボツリヌス中毒を発症したケースも報告されている。 猛毒のボツリヌス中毒を発症したのは、カリフォルニア州中部のサクラメント郡のガソリンスタンドで販売されていた「ナチョチーズ」と言われるチーズソースをかけたスナック菓子を食べた10人。[…][excite.co.jp]

  • 末梢神経障害

    末梢神経障害について(まっしょうしんけいしょうがい)Neuropathy 脳神経外科というのは、時に“脳外科”ともいわれ、脳だけを診る科と思われがちですが、実は脳、脊髄、末梢神経といった神経系すべてを診る科です。[…][nms.ac.jp]

  • 人獣共通感染症

    肝蛭ダニ麻痺など 細菌性人獣共通感染症 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ症 ― サルモネラ症 ― リステリア症 ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等[ja.wikipedia.org] トキソカラ、アスペルギルス、ボツリヌス、ウェルシュ菌食中毒、クリプトコッカスなど 混合型 上記4型が組み合わされたもの。[ja.wikipedia.org]

  • 急性呼吸不全

    急性低酸素血症呼吸不全(AHRF)を呈した免疫不全患者において、高流量鼻カニューレ酸素療法は標準酸素療法と比較して、28日死亡率を有意に低下しないことが示された。フランス・Hopital St-LouisのElie Azoulay氏らが行った多施設共同無作為化試験の結果で、JAMA誌オンライン版2018年10月24日号で発表された。高流量酸素療法は、AHRFに対する使用が増えている。研究グループは、免疫不全AHRF患者において、高流量鼻カニューレ酸素療法が標準酸素療法と比較して死亡率を低下するかを確認した。 AHRFを呈する免疫不全成人患者を対象に、28日死亡率を評価 試験は2016年5月19日[…][carenet.com]

  • 多発性関節炎

    D.T 最近のコラム 耳ダニ 10月17日 葉月会セミナー 炎症性鼻咽頭ポリープ 猫の多発性嚢胞腎 ファンコーニ症候群 顔面神経麻痺 口蓋裂 ブドウを食べると犬や猫は死亡する?[minamigaokaah.com]

  • アナフィラキシー

    アナフィラキシー(英: anaphylaxis)とは、原因物質(抗原)により感作される準備期間の後、その原因物質が再び生体に接触することで引き起こされる免疫学的機序による全身的なアレルギー反応。ギリシャ語である「ανα ana(反抗して)」と「φύλαξις phylaxis(防御)」を語源とする。[…][ja.wikipedia.org]

  • 呼吸筋麻痺

    雑誌 ダウンロード 年間購読 購入規定 著者の皆様へ ご利用ガイド 検索の使い方はこちら 雑誌一覧 脳神経内科(神経内科) 循環器内科 血液内科 臨床免疫・アレルギー科 リウマチ科 内分泌・糖尿病・代謝内科 呼吸器内科 精神科(心療内科) 腫瘍内科 腎臓内科・泌尿器科 消化器・肝臓内科 感染症内科(休刊) 特別増刊号 年間購読 書籍 正誤表/補足情報 HOME 脳神経内科(神経内科) 脳神経内科(神経内科) 呼吸筋麻痺を合併した多発筋炎の 1 例 脳神経内科(神経内科) 脳神経内科(神経内科) 呼吸筋麻痺を合併した多発筋炎の 1 例 大阪医科大学第一内科 中島大成ほか プライバシーポリシー[…][kahyo.com]

  • 横断性脊髄炎

    【 横断性脊髄炎はどんな病気? 】 横断性脊髄炎とは、脊髄の特定の場所が横方向に炎症を起こすことによる神経の障害です。神経の炎症が起きる場所によって症状は変わってきます。基本的には、背中が突如痛くなったり、足のしびれが起きたりします。原因は不明ですが、ウィルス感染症、血流の不足、特異免疫反応によるものだと言われています。治療法はまだ完全にはありませんが、回復することもあれば、回復せず車椅子が必要となることもあります。 【 横断性脊髄炎の症状 】[…][hospita.jp]

さらなる症状