Create issue ticket

考えれる42県の原因 ダニ媒介リケッチア症

  • つつが虫病

    発生時期がその年の気候により影響を受けること、わが国には夏〜秋に発生の多い日本紅斑熱が存在することなどから、年間を通して、本を含むダニ媒介リケッチアを常に疑うことが重要である。また、ヒトの移動に伴い、汚染地域に出かけて感染し、帰宅後発症する例もあるので、汚染地域だけでなく広く全国 の医療機関で注意が必要である。[niid.go.jp] ホーム 政策について 分野別の政策一覧 健康・医療 健康 感染情報 動物由来感染 ダニ媒介感染 つつが虫病について つつが虫病はつつが虫病リケッチアを保有するツツガムシ(ダニの一種)に刺されることによって感染する疾患です。[mhlw.go.jp] 治療・予防 ダニ媒介リケッチアの一般的な治療法、および予防法に準じて行う。治療には、早期に本症を疑い、適切な抗菌薬を投与することが極めて重要である。第 一選択薬はテトラサイクリン系の抗菌薬であり、使用できない場合はクロラムフェニコールを用いる。βラクタム系抗菌薬は無効である。[niid.go.jp]

  • 虫刺症

    ホーム 政策について 分野別の政策一覧 健康・医療 健康 感染情報 動物由来感染 ダニ媒介感染 つつが虫病について つつが虫病はつつが虫病リケッチアを保有するツツガムシ(ダニの一種)に刺されることによって感染する疾患です。[mhlw.go.jp]

  • ダニ媒介リケッチア症

    これらのダニは細菌、ウイルスおよびリケッチアなどの病原体を保有しており、ダニに咬まれることで感染します。これをダニ媒介感染(ばいかいかんせんしょう)といいます。[hosp.u-fukui.ac.jp] ダニ媒介感染は,リケッチアやウイルス等の病原体を保有するダニに刺されることによって起こります。 代表的な疾患に,2011年に初めて原因ウイルスが特定された「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」や「つつが虫病」,「日本紅斑熱」等があります。 本県ではつつが虫病の報告が毎年数件ありますので注意が必要です。[pref.ibaraki.jp] 本症は紅斑熱群リケッチアの一種 Rickettsia japonica を起因病原体とし、野山に入りマダニに刺咬されることにより感染する。 疫 学 本ダニ媒介性疾患の一つであり、発生はダニの性質、生息域、活動などに影響を受ける。[niid.go.jp]

  • 多発性関節炎

    上記以外にも膠原病と鑑別となることがあるCastleman病(POEMS症候群との鑑別を含む)、感染性心内膜炎、ダニ媒介リケッチア感染、ウイルス関連疾患(パルボB19、HTLV-1、HIV、EBVなど)、またリウマチ性疾患として患者数の少ない内分泌・代謝疾患による関節症、肥大性骨関節症、傍腫瘍症候群、手掌腱膜炎、CRPS、アミロイド関節症[bokutoh-hp.metro.tokyo.jp]

  • 頸性脊椎炎

    上記以外にも膠原病と鑑別となることがあるCastleman病(POEMS症候群との鑑別を含む)、感染性心内膜炎、ダニ媒介リケッチア感染、ウイルス関連疾患(パルボB19、HTLV-1、HIV、EBVなど)、またリウマチ性疾患として患者数の少ない内分泌・代謝疾患による関節症、肥大性骨関節症、傍腫瘍症候群、手掌腱膜炎、CRPS、アミロイド関節症[bokutoh-hp.metro.tokyo.jp]

  • 人獣共通感染症

    ― ニューカッスル病 ― 黄熱 ― デング熱 ― ウエストナイル熱 ― 日本脳炎 ― ダニ媒介性脳炎 ― 腎症候性出血熱 ―ハンタウイルス肺症候群 ― サル痘 ―等 リケッチア・コクシエラ・バルトネラ性人獣共通感染 Q熱 ― ツツガムシ病 ― 猫ひっかき病 ―等 クラミジア性人獣共通感染症 オウム病 ―等 原虫性人獣共通感染症 マラリア[ja.wikipedia.org] ― ニューカッスル病 ― 黄熱 ― デング熱 ― ウエストナイル熱 ― 日本脳炎 ― ダニ媒介性脳炎 ― 腎症候性出血熱 ― ハンタウイルス肺症候群 ― サル痘 ―等 リケッチア ・ コクシエラ ・ バルトネラ 性人獣共通感染 Q熱 ― ツツガムシ病 ― 猫ひっかき病 ―等 クラミジア 性人獣共通感染症 オウム病 ―等 原虫 性人獣共通感染症[ja.wikipedia.org] 腸管出血性大腸菌感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等 ウイルス性人獣共通感染症 インフルエンザ ― SARS ― MERS ― 狂犬病 ― エボラ出血熱 ― マールブルグ熱 ― ラッサ熱 ― 南米出血熱 ― クリミア・コンゴ出血熱 ― SFTS ― リフトバレー熱 ― Bウイルス感染[ja.wikipedia.org]

  • ラウン・ギャノン・レバイン症候群

    上記以外にも膠原病と鑑別となることがあるCastleman病(POEMS症候群との鑑別を含む)、感染性心内膜炎、ダニ媒介リケッチア感染、ウイルス関連疾患(パルボB19、HTLV-1、HIV、EBVなど)、またリウマチ性疾患として患者数の少ない内分泌・代謝疾患による関節症、肥大性骨関節症、傍腫瘍症候群、手掌腱膜炎、CRPS、アミロイド関節症[bokutoh-hp.metro.tokyo.jp]

  • 急性カタル性扁桃炎

    ダニ媒介性ウイルスリケッチア病、レプトスピラ症の媒介などのほか、特に包虫属の中間宿主、肉胞子虫属やヘパトゾーン属の宿主となる。[shokukanken.com]

  • 感染性関節炎

    上記以外にも膠原病と鑑別となることがあるCastleman病(POEMS症候群との鑑別を含む)、感染性心内膜炎、ダニ媒介リケッチア感染、ウイルス関連疾患(パルボB19、HTLV-1、HIV、EBVなど)、またリウマチ性疾患として患者数の少ない内分泌・代謝疾患による関節症、肥大性骨関節症、傍腫瘍症候群、手掌腱膜炎、CRPS、アミロイド関節症[bokutoh-hp.metro.tokyo.jp]

  • ダニ麻痺症

    感染情報 ダニ媒介性脳炎 クリミア・コンゴ出血熱 リケッチア感染 ライム病 回帰熱 参考 ECDC: WHOパキスタン事務所: [PDF形式:1985KB][forth.go.jp] 3 ダニ類が媒介する主な感染 つつが虫病 つつが虫リケッチアという病原体を保有しているツツガムシの幼虫に咬まれることで感染します。主な症状には,発熱・リンパ節腫脹・発しんがあり,典型的な刺し口が診断のポイントとなります。 宮城県内において,毎年数人の患者が報告されており,主に春から初夏にかけてと秋に多く報告されています。[pref.miyagi.jp]

さらなる症状