Create issue ticket

考えれる33県の原因 ゾリンジャー・エリスン症候群

  • 消化性潰瘍

    陽性例では、ピロリ菌の持続感染による潰瘍であり、陰性例では、ストレス性、鎮痛薬やステロイド薬による薬物性、好酸球性胃腸炎、メネトリエ病のほかに、クローン病、非常にまれですがゾリンジャーエリスン症候などが原因として考えられます。 【症状の現れ方】 胃潰瘍は急性潰瘍が多く、突然症状が現れます。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    甲状腺とは甲状軟骨(いわゆる喉仏)の下方、気管の前面に位置し、蝶ネクタイのような形をした大きさ 5cm ほどの小さな臓器です。細胞の代謝活性をさかんにする甲状腺ホルモンを分泌しています。外科治療の対象となる疾患としては、良性腫瘍(濾胞腺腫、腺腫様甲状腺腫等)、悪性腫瘍(乳頭癌、濾胞癌等)、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)などがあります。また、甲状腺の裏側に左右上下 4[…][hosp.gifu-u.ac.jp]

  • 多発性内分泌腫瘍症 1型

    トップ No.4790 差分解説 多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)における胸腺神経内分泌腫瘍 【胸腺全摘が原則で,進行の程度によっては拡大胸腺全摘や術後放射線治療が追加】 多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)は,原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)や膵・消化管神経内分泌腫瘍(GEPNET),下垂体腺腫などに発生し,PHPTが最も高頻度に認められる症候群である(文献1)。胸腺・気管支の神経内分泌腫瘍(NET)も約15%に認められる。海外の報告では胸腺NETは男性に,気管支NETは主に女性に認められると報告されていたが,わが国のデータ集積からは,胸腺NETの36%は女性に認められた(文献2)。[…][jmedj.co.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    抄録[…][doi.org]

  • 食道炎

    消化器一般 ピロリ菌について 便秘について 逆流性食道炎について 過敏性腸症候群について 逆流性食道炎について 2分でわかる逆流性食道炎動画 逆流性食道炎とは 逆流性食道炎とは、名前の通り「胃の中の胃酸などが食道に逆流して炎症を起こす病気」のことです。 本来、胃の中の胃酸や食物が食道に逆流しないように、食道と胃の間は筋肉(下部食道括約筋)で閉まっています。食べ物を飲み込んだ時に筋肉が緩んで、食道から胃に落ちます。[…][morinomiya-naishikyo.com]

  • ゾリンジャー・エリスン症候群

    陽性例では、ピロリ菌の持続感染による潰瘍であり、陰性例では、ストレス性、鎮痛薬やステロイド薬による薬物性、好酸球性胃腸炎、メネトリエ病のほかに、クローン病、非常にまれですがゾリンジャーエリスン症候などが原因として考えられます。 【症状の現れ方】 胃潰瘍は急性潰瘍が多く、突然症状が現れます。[yomidr.yomiuri.co.jp] 陽性例では、ピロリ菌の持続感染による潰瘍であり、陰性例では、ストレス性、鎮痛薬やステロイド薬による薬物性、好酸球性胃腸炎、 メネトリエ病 のほかに、 クローン病 、非常にまれですがゾリンジャーエリスン症候などが原因として考えられます。 症状の現れ方 胃潰瘍は急性潰瘍が多く、突然症状が現れます。[qlife.jp]

  • 胃炎

    胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 胃潰瘍

    胃がんはピロリ菌による慢性感染により発生する 解説)胃がんの原因はピロリ菌だったということです。胃にピロリ菌が慢性的に感染し萎縮性胃炎が起こり、それが進んでいくと胃がんが出てくると考えられております。生まれてからずっとピロリ菌に感染していない人は胃がんになるリスクはほとんどありません。 胃がんは日本人に多い病気 解説)2005年のデータではがんになる人の中で胃がんは一番多く、がんで亡くなる人の中で胃がんは2番目に多かったようです。欧米ではピロリ菌の感染者が少なく胃がんは稀な疾患です。 胃がんは進行するまで無症状のことが多い[…][ichou.com]

  • 十二指腸潰瘍
  • 下痢

    下痢(げり、英: diarrhea)は、健康時の便と比較して、非常に緩いゲル(粥)状・若しくは液体状の便が出る状態である。主に消化機能の異常により、人間を含む動物が患う症状であり、その際の便は軟便(なんべん)、泥状便(でいじょうべん)、水様便(すいようべん)ともいう。東洋医学では泄瀉(泄は大便が希薄で、出たり止まったりすること。瀉は水が注ぐように一直線に下る)とも呼ばれる。世界では毎年17億人が発症し、また毎年76万人の5歳以下児童が下痢により死亡している。発展途上国では主な死因の1つとなっている。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状