Create issue ticket

考えれる5県の原因 ストレプトコッカス M群

  • 鎖球菌感染後糸球体腎炎

    【インタビュー】 公開日 2016 年 02 月 18 日 更新日 2017 年 05 月 08 日 横浜市立大学 小児科学教室(発生成育小児医療学) 教授 伊藤 秀一 先生 横浜市立大学附属市民総合医療センター 指導診療医 松村 壮史 先生 「糸球体腎炎」とは、なんらかの免疫反応の異常により腎臓に炎症がおこり、血尿や蛋白尿をきたす病気のことを指します。主に「急性糸球体腎炎」と「慢性糸球体腎炎」に大別されます。ここでは小児の糸球体腎炎について、横浜市立大学 小児科学教室(発生成育小児医療学) 教授の伊藤秀一先生、横浜市立大学付属市民総合医療センター 小児総合医療センター[…][medicalnote.jp]

  • レンサ球菌感染

    またこの他、 バシトラシン ( 枯草菌 が産生する 抗生物質 )に対して 感受性 であることも、病原性のBβ溶レン菌である ストレプトコッカス・アガラクチアエ ( S. agalactiae , GBS )との鑑別に利用される。 化膿レンサ球菌は細胞表面のMタンパク質の構造により、数多くの血清型に分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 化膿レンサ球菌

    またこの他、バシトラシン(枯草菌が産生する抗生物質)に対して感受性であることも、病原性のBβ溶レン菌であるストレプトコッカス・アガラクチアエ(S. agalactiae, GBS)との鑑別に利用される。 化膿レンサ球菌は細胞表面のMタンパク質の構造により、数多くの血清型に分類される。[ja.wikipedia.org] またこの他、 バシトラシン ( 枯草菌 が産生する 抗生物質 )に対して 感受性 であることも、病原性のBβ溶レン菌である ストレプトコッカス・アガラクチアエ ( S. agalactiae , GBS )との鑑別に利用される。 化膿レンサ球菌は細胞表面のMタンパク質の構造により、数多くの血清型に分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 緑色レンサ球菌

    またこの他、 バシトラシン ( 枯草菌 が産生する 抗生物質 )に対して 感受性 であることも、病原性のBβ溶レン菌である ストレプトコッカス・アガラクチアエ ( S. agalactiae , GBS )との鑑別に利用される。 化膿レンサ球菌は細胞表面のMタンパク質の構造により、数多くの血清型に分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 連鎖状球菌

    またこの他、 バシトラシン ( 枯草菌 が産生する 抗生物質 )に対して 感受性 であることも、病原性のBβ溶レン菌である ストレプトコッカス・アガラクチアエ ( S. agalactiae , GBS )との鑑別に利用される。 化膿レンサ球菌は細胞表面のMタンパク質の構造により、数多くの血清型に分類される。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状