Create issue ticket

考えれる98県の原因 ステロイドミオパチー

  • ミオパチー

    治療としては抗炎症作用を期待してステロイド投与や放射線の局所照射などが知られている。 副腎機能亢進症とステロイドミオパチー内因性ステロイドが原因である場合は近位筋優位の筋力低下や易疲労性が生じる。[ja.wikipedia.org] このような例は、筋炎の一つである免疫介在性壊死性ミオパチーにも分類される(上記炎症性ミオパチーの項参照)。また副腎皮質ステロイド製剤では、筋線維の萎縮を来すことが知られており、ステロイドミオパチーとも呼ばれる。これらの症状が見られた場合には、薬剤の効果とリスクを十分に検討の上、慎重に継続するか中止するかの判断が求められる。[neurology-jp.org] 治療としては抗炎症作用を期待してステロイド投与や放射線の局所照射などが知られている。 副腎機能亢進症とステロイドミオパチー 内因性ステロイドが原因である場合は近位筋優位の筋力低下や易疲労性が生じる。[ja.wikipedia.org]

  • クッシング症候群
  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    このような例は、筋炎の一つである免疫介在性壊死性ミオパチーにも分類される(上記炎症性ミオパチーの項参照)。また副腎皮質ステロイド製剤では、筋線維の萎縮を来すことが知られており、ステロイドミオパチーとも呼ばれる。これらの症状が見られた場合には、薬剤の効果とリスクを十分に検討の上、慎重に継続するか中止するかの判断が求められる。[neurology-jp.org] 治療としては抗炎症作用を期待してステロイド投与や放射線の局所照射などが知られている。 副腎機能亢進症とステロイドミオパチー 内因性ステロイドが原因である場合は近位筋優位の筋力低下や易疲労性が生じる。[ja.wikipedia.org] 尿クレアチニンは必ず増加 ※慢性期の多発性筋炎にステロイドを用いていて症状の増悪がある時 ステロイドミオパチーならステロイドを減量・中止すると尿クレアチニンは減少 多発性筋炎の悪化・再燃なら尿クレアチニンは増加 原因不明の腹痛・ランニング中の腹痛・側腹部痛 ※腹部の神経痛様の痛みは先ず帯状疱疹を考える。[ibaraisikai.or.jp]

  • ステロイドミオパチー

    ハイビスカスとムクゲ、 どちらもアオイ科フヨウ属 #更年期障害 のような症状と #ステロイドミオパチー のような症状で体の不調が続いてる…。 早く元気になりたいな。[yooying.com] 【考察】 今回、皮膚筋炎治療中にステロイドミオパチーを合併した症例を経験した。ステロイドミオパチーは蛋白の分解促進と合成抑制が起こり、特にtype_II_b線維の選択的萎縮を招くとされ、近位筋を中心とした筋力低下により難治例も多い。 ステロイドミオパチーに対する治療は主にステロイドの減量である。[jstage.jst.go.jp] トップページ 受給事例 身体障害 ステロイドミオパチーで障害基礎年金2級に認められたケース ステロイドミオパチーで障害基礎年金2級に認められたケース 相談時の状況 ご本人よりお電話でご相談いただき、外出困難な方でしたので後日ご自宅へ伺いました。[kyotoekimae-sr.com]

  • ISCU欠乏による乳酸アシドーシスがある遺伝性ミオパチー

    このような例は、筋炎の一つである免疫介在性壊死性ミオパチーにも分類される(上記炎症性ミオパチーの項参照)。また副腎皮質ステロイド製剤では、筋線維の萎縮を来すことが知られており、ステロイドミオパチーとも呼ばれる。これらの症状が見られた場合には、薬剤の効果とリスクを十分に検討の上、慎重に継続するか中止するかの判断が求められる。[neurology-jp.org] その一つが、M 蛋白血症を伴う比較的急性発症のミオパチーで(Engel 1966)、副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤、自己末梢血幹細胞移植などによる治療が有効であった例が報告されている(Doppler 2013)。[pathologycenter.jp]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    自己貪食空胞性ミオパチー 遺伝性神経筋障害 その他のミオパチ シ ー 薬物誘発性ミオパチー ステロイドミオパチー アルコール性ミオパチー 中毒性ミオパチー 周期性四肢麻痺 家族性周期性四肢麻痺 高カリウム性家族性周期性麻痺 正常カリウム性家族性周期性麻痺 低カリウム性家族性周期性麻痺 高カリウム血性周期性四肢麻痺 正常カリウム血症性四肢麻痺[scuel.me] 治療としては抗炎症作用を期待してステロイド投与や放射線の局所照射などが知られている。 副腎機能亢進症とステロイドミオパチー 内因性ステロイドが原因である場合は近位筋優位の筋力低下や易疲労性が生じる。[ja.wikipedia.org] (甲状腺中毒ミオパチー、粘液水腫、副甲状腺機能異常、低カリウム性ミオパチー等) 薬剤性ミオパチー(悪性症候群、悪性高熱、ステロイドミオパチー等) 先天性ミオパチー(ネマリンミオパチー、中心コア病、マルチミニコア病、中心核ミオパチー、筋線維型不均等症、その他) 筋原線維ミオパチー 遠位型ミオパチー(GNEミオパチー、三好型ミオパチー、その他)[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2E型

    治療としては抗炎症作用を期待してステロイド投与や放射線の局所照射などが知られている。 副腎機能亢進症とステロイドミオパチー 内因性ステロイドが原因である場合は近位筋優位の筋力低下や易疲労性が生じる。[ja.wikipedia.org] (甲状腺中毒ミオパチー、粘液水腫、副甲状腺機能異常、低カリウム性ミオパチー等) 薬剤性ミオパチー(悪性症候群、悪性高熱、ステロイドミオパチー等) 先天性ミオパチー(ネマリンミオパチー、中心コア病、マルチミニコア病、中心核ミオパチー、筋線維型不均等症、その他) 筋原線維ミオパチー 遠位型ミオパチー(GNEミオパチー、三好型ミオパチー、その他)[nanbyou.or.jp] ミトコンドリアミオパチー (Mitochondrial Myopathy) 8. ステロイドミオパチー (Steroid Myopathy) 9. アルコール性ミオパチー (Alcoholic Myopathy) 10.[ja.wikipedia.org]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    内分泌性・代謝性ミオパチー 63 1. 甲状腺中毒性ミオパチー 63 2. 甲状腺機能低下症に伴うミオパチー 64 3. ステロイドミオパチー 65 4. 低カリウム血性ミオパチー 65 5. アルコール性ミオパチー 65 VIII. 多発筋炎,皮膚筋炎 65 A. 概念と分類 65 B. 臨床像 66 1. [rnavi.ndl.go.jp]

  • 末梢性筋障害

    治療としては抗炎症作用を期待してステロイド投与や放射線の局所照射などが知られている。 副腎機能亢進症とステロイドミオパチー内因性ステロイドが原因である場合は近位筋優位の筋力低下や易疲労性が生じる。[ja.wikipedia.org] ステロイド筋症の合併 治療に大量のステロイドを使用するためステロイドによる筋量の減少が見られることがある(ステロイドミオパチー)。CK値が正常化しているにもかかわらず筋力の回復が遅れる、あるいは筋力低下が進行する場合、ステロイドミオパチーの合併に気をつける。長時間作用性のフッ化ステロイドでおこしやすい。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 副甲状腺機能異常に伴うミオパチー 副腎機能異常に伴うミオパチー 代謝障害に伴う筋疾患 glycogen-storage disease lipid storage disease ステロイドミオパチー アルコール性ミオパチー 悪性症候群 筋攣縮をきたす疾患群 里吉病 neuromyotonia stiff-man syndrome idiopathic[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 脊柱側弯症

    (甲状腺中毒ミオパチー、粘液水腫、副甲状腺機能異常、低カリウム性ミオパチー等) 薬剤性ミオパチー(悪性症候群、悪性高熱、ステロイドミオパチー等) 先天性ミオパチー(ネマリンミオパチー、中心コア病、マルチミニコア病、中心核ミオパチー、筋線維型不均等症、その他) 筋原線維ミオパチー 遠位型ミオパチー(GNEミオパチー、三好型ミオパチー、その他)[nanbyou.or.jp] (下記鑑別疾患参照)が明らかな場合は除く 〇遺伝学的診断・免疫学的診断がつかない場合に考慮すべき疾患 代謝性筋疾患(ミトコンドリア病、糖原病、脂質代謝異常) 炎症性筋疾患(多発性筋炎/皮膚筋炎、封入体筋炎、サルコイドミオパチー等) 筋チャネル病(周期性四肢麻痺、ミオトニー症候群) 筋無力症候群(重症筋無力症、先天性筋無力症候群) 内分泌性ミオパチー[nanbyou.or.jp]

さらなる症状