Create issue ticket

考えれる13県の原因 スウェーデンで流行

  • ウイルス性胃腸炎

    1955年スウェーデンで起きたカキの生食によるA型肝炎の流行以来,二枚貝によるA型肝炎の集団発生例は米国の研究者により数多く報告されており,また,最近わが国においてもカキ等の二枚貝の生食とA型肝炎の発生との関係が注目されるようになった。[idsc.nih.go.jp]

  • 幼児の半身麻痺 

    また、1890年には、スウェーデンの内科医Oskar Medin(1847年-1928年)がポリオの流行性について報告しています。Medinの弟子のOtto Wickmanは、1905年のスウェーデンでのポリオの大流行を踏まえ、人から人への伝染性を示しました。[city.yokohama.lg.jp]

  • 胃梅毒

    流行地帯であるナイジェリアでは87%、スーダンでは62%、ケニアでは60%がO型です。逆に、非流行地帯では北欧のフィンランドで66%、スウェーデンは62%、スイスは60%が非O型。[msn.com]

  • コロモジラミ寄生症

    、ドイツ 予防法 : 流行する森林地帯などに行く人は虫除け剤の使用、ダニに咬まれない服装をすること ライム病 マダニ 症状 : 皮膚に赤い斑点、頭痛、発熱、悪寒、全身倦怠感、髄膜炎、関節炎など 潜伏期間 : 数日 数週間 分布 : 北米およびヨーロッパ全域の森林地帯 予防法 : 流行する森林地帯などに行く人は虫除け剤の使用、ダニに咬まれない[forth.go.jp] 15日、通常12日ぐらい 分布 : 全世界、衛生状態の悪い地域に多い 予防法 : ネズミが多い地域ではノミに刺されないようにすること (4)ダニによってうつる病気 ダニ媒介性脳炎 ダニ 症状 : 頭痛、発熱、悪心、嘔吐、昏睡、痙攣、麻痺が起こり死亡することも 潜伏期間 : 8 14日 分布 : ロシア、東欧諸国、デンマーク、フィンランド、スウェーデン[forth.go.jp]

  • 野兎病

    米国やスウェーデンなどの海外の汚染地域では毎年散発的に起っており、ときに流行を示すこともある。 図1. 野兎病の発生地域(GIDEON 2002より) 日本では1924年の初発例以降、1994年までの間に合計1,372例の患者が報告され、東北地方全域と関東地方の一部が本病の多発地である (図2) 。[niid.go.jp]

  • サシチョウバエ熱

    、ドイツ 予防法 : 流行する森林地帯などに行く人は虫除け剤の使用、ダニに咬まれない服装をすること ライム病 マダニ 症状 : 皮膚に赤い斑点、頭痛、発熱、悪寒、全身倦怠感、髄膜炎、関節炎など 潜伏期間 : 数日 数週間 分布 : 北米およびヨーロッパ全域の森林地帯 予防法 : 流行する森林地帯などに行く人は虫除け剤の使用、ダニに咬まれない[forth.go.jp] 15日、通常12日ぐらい 分布 : 全世界、衛生状態の悪い地域に多い 予防法 : ネズミが多い地域ではノミに刺されないようにすること (4)ダニによってうつる病気 ダニ媒介性脳炎 ダニ 症状 : 頭痛、発熱、悪心、嘔吐、昏睡、痙攣、麻痺が起こり死亡することも 潜伏期間 : 8 14日 分布 : ロシア、東欧諸国、デンマーク、フィンランド、スウェーデン[forth.go.jp]

  • 野兎病髄膜炎

    米国やスウェーデンなどの海外の汚染地域では毎年散発的に起っており、ときに流行を示すこともある。 図1. 野兎病の発生地域(GIDEON 2002より) 日本では1924年の初発例以降、1994年までの間に合計1,372例の患者が報告され、東北地方全域と関東地方の一部が本病の多発地である (図2) 。[niid.go.jp]

  • ノミ媒介発疹熱

    、ドイツ 予防法 : 流行する森林地帯などに行く人は虫除け剤の使用、ダニに咬まれない服装をすること ライム病 マダニ 症状 : 皮膚に赤い斑点、頭痛、発熱、悪寒、全身倦怠感、髄膜炎、関節炎など 潜伏期間 : 数日 数週間 分布 : 北米およびヨーロッパ全域の森林地帯 予防法 : 流行する森林地帯などに行く人は虫除け剤の使用、ダニに咬まれない[forth.go.jp] 15日、通常12日ぐらい 分布 : 全世界、衛生状態の悪い地域に多い 予防法 : ネズミが多い地域ではノミに刺されないようにすること (4)ダニによってうつる病気 ダニ媒介性脳炎 ダニ 症状 : 頭痛、発熱、悪心、嘔吐、昏睡、痙攣、麻痺が起こり死亡することも 潜伏期間 : 8 14日 分布 : ロシア、東欧諸国、デンマーク、フィンランド、スウェーデン[forth.go.jp]

  • ブラジル出血熱

    ニュースの続報:インフルエンザ(クロアチア、ラトビア、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スウェーデン) 2002, 77, 81-88, No.11, 3月15日版 ( original) コレラ、コンゴ エボラ、ガボン 髄膜炎菌感染症、ブルキナ・ファソ 髄膜炎菌感染症、エチオピア アフリカにおける拡大予防接種(EPI)の一環としての断続的[wer.ams.kobe-u.ac.jp] ニュースの続報:インフルエンザ(オーストラリア、チリ、ギリシャ、ラトビア、ニューカレドニア、クロアチア、ラトビア、ノルウェー) 2002, 77, 89-96, No.12, 3月22日版 ( original) コレラ、コンゴ インドにおける結核制圧の進展状況、2001年 マラリアの緊急管理における直腸へのARUTESNATE効用の大きさ 流行[wer.ams.kobe-u.ac.jp]

  • 眼リンパ節型野兔病

    米国やスウェーデンなどの海外の汚染地域では毎年散発的に起っており、ときに流行を示すこともある。 図1. 野兎病の発生地域(GIDEON 2002より) 日本では1924年の初発例以降、1994年までの間に合計1,372例の患者が報告され、東北地方全域と関東地方の一部が本病の多発地である (図2) 。[niid.go.jp]

さらなる症状