Create issue ticket

考えれる60県の原因 シャーガス病

結果を表示する: 汉语

  • 心筋疾患

    心筋症 心筋疾患は、主に原疾患を背景とした二次性の心筋症と、原因が今のところ不明である特発性心筋症とに分類できる。 二次性心筋症 二次性の心筋症の原疾患としては以下の表に上げるものが考えられる。その中でも特に臨床的に頻度が多く感じられるものは、糖尿病性や甲状腺機能異常(機能亢進、または機能低下)に伴う心筋症などいわゆる代謝性の疾患を背景としている心筋症や、アルコール多飲歴を有するアルコール性心筋症などがあげられる。 表1 二次性心筋症の主な原因 1.感染症に伴うもの エンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどウイルス性または細菌性感染症、原虫、寄生虫など 2.炎症に伴うもの[…][osaka.hosp.go.jp]

  • 人獣共通感染症

    ― 猫ひっかき ―等 クラミジア性人獣共通感染症 オウム ―等 原虫性人獣共通感染症 マラリア ― 睡眠シャーガス ― リーシュマニア症 ― アメーバ赤痢 ― クリプトスポリジウム感染症 ―等 人獣共通寄生虫症 エキノコックス症 ― 日本住血吸虫症 ― 肺吸虫症 ― 旋毛虫症 ― 肝吸虫症 ― 肝蛭症 ― アニサキス症 ―等[ja.wikipedia.org] ― 猫ひっかき ―等 クラミジア 性人獣共通感染症 オウム ―等 原虫 性人獣共通感染症 マラリア ― 睡眠シャーガス ― リーシュマニア症 ― アメーバ赤痢 ― クリプトスポリジウム感染症 ―等 人獣共通寄生虫症 エキノコックス症 ― 日本住血吸虫症 ― 肺吸虫症 ― 旋毛虫症 ― 肝吸虫症 ― 肝蛭症 ― アニサキス症 ―[ja.wikipedia.org] ― 南米出血熱 ― クリミア・コンゴ出血熱 ― SFTS ― リフトバレー熱 ― Bウイルス感染症 ― ニューカッスル病 ― 黄熱 ― デング熱 ― ウエストナイル熱 ― 日本脳炎 ― ダニ媒介性脳炎 ― 腎症候性出血熱 ―ハンタウイルス肺症候群 ― サル痘 ―等 リケッチア・コクシエラ・バルトネラ性人獣共通感染症 Q熱 ― ツツガムシ[ja.wikipedia.org]

  • シャーガス病

    シャーガスシャーガスびょう、英: Chagas' disease)は、原虫 Trypanosoma cruzi トリパノソーマ・クルージ の感染を原因とする人獣共通感染症。「アメリカトリパノソーマ」、「刺し亀病(サシガメ病)」とも呼ばれる。[ja.wikipedia.org] 日本赤十字社では、シャーガスの感染リスクがわずかでもあると考えられる方から献血された血液は、輸血用血液として使用しないという安全対策を、昨年10月から実施しています(詳細はこちらをご覧ください。 シャーガスに係る安全対策について )。 また、日本におけるシャーガス感染者数を推計するための全国調査を、今年4月より実施しています。[jrc.or.jp] 2012年10月15日 シャーガスは、中南米地域に流行地を持つサシガメ(昆虫)が原虫トリパノソーマ・クルージを媒介することにより、感染する病気です。 日本では中南米地域から来られた方がたが約30万人に及ぶといわれており、その中にシャーガスのキャリア(感染者)がいることが研究者から指摘されていました。[jrc.or.jp]

  • 西アフリカ トリパノソーマ症

    さらに詳しい情報 アメリカ疾病管理予防センター(CDC):Yellow Book トリパノソーマ症(アフリカ眠り) 、 トリパノソーマ症(シャーガス) (英文)[forth.go.jp] ラテンアメリカでの(マラリアを含む)感染症による死亡者数はシャーガスがもっとも多く、毎年12,000人が亡くなっていると推定されています。 製薬会社・NGOなどの取り組み事例 2007年に、WHO(世界保健機関)は2010年までのシャーガスの制圧をめざして、製薬業界から薬剤の無償提供を含む経済的なサポートを受けることになりました。[atm.eisai.co.jp] トリパノソーマ症の診断 現在、シャーガスが発生している地域です。青がアフリカ眠り、黄色がシャーガスです(WHOより引用) まずは、渡航歴が重要になります。アフリカ大陸とアメリカ大陸、特に南米への渡航歴があれば疑いがあります。 診断には、患者の血液または脳脊髄液中に寄生するトリパノソーマを顕微鏡で検査します。[allabout.co.jp]

  • サシチョウバエ熱

    シャーガスと内臓リーシュマニア症制圧を目指して、新薬開発のためのリード化合物を共同で探索しています。[atm.eisai.co.jp] ブラジルで注意が必要な病気 デング熱 呼吸器感染症 感染性胃腸炎 寄生虫症 有毒性動物 マラリア 黄熱病 急性肝炎 狂犬病 シャーガス リーシュマニア症 マンソン住血吸虫症 HIV/AIDS 腸チフス コレラ スナノミ デング熱 デングウイルスによるネッタイシマカの媒介で発症する感染症です。[br.emb-japan.go.jp] )、日本脳炎、急性灰白髄炎(ポリオ)、ツツガ虫、腸チフス、パラチフス、ブルセラ症、マラリア、トリパノソーマ症(アフリカ睡眠シャーガス) 長い (2週間以上) 各種肝炎(A、B、C、E型)、マラリヤ(熱帯熱マラリヤ以外)、アメーバ性肝膿瘍)、カラアザール(内臓リーシュマニア症) 発疹 ( 発熱) 短い(1週間以内) デング熱、紅斑熱[yamauchi-iin.com]

  • リーシュマニア症

    シャーガスの浸淫地域で生まれた方や4週間以上滞在された方などが献血された場合、念のための安全対策として、献血血液は血漿分画製剤の原料血漿として使用するとともに、わが国におけるシャーガスの罹患率等を推定するための疫学調査を実施しています。[jrc.or.jp] そのほかの疾病では、シャーガス(ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア)、デング熱(マラウイ、ケニア、インドネシア、タイ)、ハンセン病(ミャンマー)、ギニアウォーム(ガーナ)などの対策支援を行ってきた。これらの取り組みにより、中米地域におけるシャーガス感染の低減や、ガーナのギニアウォーム症撲滅(今年2月に撲滅宣言)に貢献した。[jica.go.jp] シャーガス、マラリア、特定のフィラリア感染症、および小児HIV 等の顧みられない病気のための新しい治療薬・治療法の開発に取り組んでいます。[dndi.org]

  • 便秘

    特発性弛緩性便秘 痙攣性便秘 神経性末梢神経:ヒルシュスプルングシャーガス 中枢神経:パーキンソン症候群、多発性硬化症、脊髄損傷 機械性閉塞 (イレウス)良性腫瘍、悪性腫瘍、ヘルニア、炎症(偽膜性大腸炎)、憩室炎後狭窄、消化管手術後狭窄、回虫、胆石、腸捻転、直腸脱、腸管内膜症、直腸重積 内分泌疾患、代謝異常 脳下垂体機能低下症、甲状腺機能低下症[ja.wikipedia.org]

  • 肝脾腫

    シャーガス(アメリカトリパノソーマ) 流行地 シャーガスは寄生性の原虫であるクルーズトリパノゾーマによる感染症で、おもに中南米でみられます。 感染経路 家の土壁、屋根、天井、マットレスなどに生息しているサシガメ類昆虫の糞に含まれるトリパノソーマが粘膜、眼瞼結膜、皮膚刺咬部から体内に侵入することで感染が成立します。[forth.go.jp]

  • 脳性マラリア

    流行状況 寄生虫病(病原体) 年間死亡者数 年間感染者数 流行地域 1.マラリア(原虫) 210万人 5億人 熱帯地方 2.リーシュマニア症(原虫) 8万人 中近東、中南米 3.鉤虫症(線虫) 6.5万人 1.5億人 熱帯、亜熱帯 4.回虫症(線虫) 6万人 2.5億人 世界各地 5.オンコセルカ症(線虫) 4.7万人 西アフリカ、中南米 6.シャーガス[med.osaka-cu.ac.jp] (原虫) 4.5万人 南米 7.住血吸虫症(吸虫) 2万人 2億人 アフリカ、南米、東南アジア 8.睡眠病(原虫) 2万人 アフリカ 9.フィラリア症(線虫) 1.2億人 熱帯地方 WHO: World health report 1996.[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 心筋炎

    ウイルスでは パルボウイルス 、 ジステンパーウイルス 、イヌヘルペスウイルス、原虫ではトキソプラズマ、トリパノソーマ(シャーガス)、細菌ではヘリコバクター、真菌ではクリプトコッカス、コクシジオイデス、アスペルギルス、スピロヘータではボレリア(ライム病の原因)、藻類ではプロトテカなどが多いとされます。[koinuno-heya.com]

さらなる症状