Create issue ticket

考えれる270県の原因 シャイ・ドレーガー症候群

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 起立性低血圧

    特発性自律神経障害 純粋自律神経失調(Bradbury-Eggleston症候) 多系統萎縮症(シャイドレーガー症候) 自律神経障害を伴うパーキンソン病 二次性自律神経障害 加齢 自己免疫疾患 - ギラン・バレー症候群、混合性結合組織病、関節リウマチ、ランバート・イートン症候群、全身性エリテマトーデス 腫瘍性自律神経ニューロパチー Central[ja.wikipedia.org] 症候性は多彩な疾病の症候として現れる。[ja.wikipedia.org]

  • 鉄欠乏性貧血

    鉄欠乏性貧血 (てつけつぼうせいひんけつ、 英 : iron deficiency anemia, IDA )とは、体内に 鉄 が不足する事により、充分に ヘモグロビン を生産できなくなることで生じる 貧血 のことである。 病態 [ 編集 ] 赤血球 は細胞内に 血色素 (ヘモグロビン;Hb)を含有しており、 鉄 は血色素を構成する必須成分の1つである。血色素が酸素を結合して運べるのは、鉄の存在があればこそである。その鉄が体内で不足する事により、充分な血色素を 生合成[…][ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病

    その中にはパーキンソニズムを合併する他の神経変性疾患(多系統萎縮症、進行性核上性麻痺、シャイドレーガー症候、大脳皮質基底核変性症など)、症候性パーキンソニズム(脳血管障害性パーキンソニズム、薬剤性パーキンソニズム、中毒性パーキンソニズム、感染後パーキンソニズムなど)などが挙げられる。[ja.wikipedia.org]

  • 血管運動の不安定性

    お問合せの多い質問事項 疑義解釈 疑義解釈資料の送付について(その1):2016年3月31日 廃用症候群リハビリテーション料について Q.廃用症候群リハビリテーション料を算定する場合、「廃用症候群に係る評価表」は今度も作成する必要がありますか。 A.その通り、必要があります。( 参考はこちら ) Q.一定程度以上の基本動作能力、応用動作能力、言語聴覚能力及び日常生活能力の低下をしている場合、この「 一定程度 」とは具体的な指標はありますか。 A.一定程度とは、治療開始時において、FIM 115以下、BI 85以下の状態等のものをいう。( 参考はこちら )[…][pt-ot-st.net]

  • 糖尿病性自律神経障害

    心拍数は自律神経系により調節されています。自律神経系はヒトの恒常性を維持する役割を担っています。ヒトの状態が変われば自律神経の状態も変化し、その時点のヒトの恒常性を維持するように自律神経系は働きます。 心拍数に対する自律神経系は、交感神経と迷走神経(副交感神経)です。自律神経系は相反的に作用します。交感神経系が優位になれば心拍数は上昇し、迷走神経が優位になれば心拍数は低下します。生体の状況に応じて心拍数は自律神経系により自動調節されています。[…][jhf.or.jp]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 自律神経性ニューロパチー

    トップページ Clinical Neuroscience 書籍詳細 Clinical Neuroscience Vol.32 (14年) 12月号 自律神経系の最新情報 AB判 130頁 定価 (本体 2,700 円 税) 2014年12月発行 在庫なし メインテーマ 自律神経系の最新情報 自律神経の概念と研究史 昭 自律神経系の正常における構造と機能 自律神経系の構成要素とその薬理学 黒澤美枝子 他 脳血管の神経性調節 堀田晴美 他 呼吸の意識・無意識の神経制御 荒田晶子 心臓の自律神経支配に関するマクロ解剖 川島友和 他 血圧の自律神経制御と起立性低血圧 佐藤隆幸 消化管の自律神経制御 富永和作 他[…][chugaiigaku.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    17 多系統萎縮症 17 (1)線条体黒質変性症 17 (2)オリーブ橋小脳萎縮症 17 (3)シャイドレーガー症候 18 脊髄小脳変性症 (多系統萎縮症を除く。)[byouin.metro.tokyo.jp] 症候) 55 黄色靱帯骨化症 28 表皮水疱症(接合部型及び栄養障害型) 56 間脳下垂体機能障害(PRL分泌異常症、ゴナドトロピン分泌異常症、ADH分泌異常症、下垂体性TSH分泌異常症、クッシング病、先端巨大症※9、下垂体機能低下症) ※1 視神経脊髄炎を含みます。[dai-ichi-life.co.jp] 原発性側索硬化症 HTLV1関連脊髄症(HAM) 先天性魚鱗癬様紅皮症 下垂体機能低下症 クッシング病 先端巨大症 有棘赤血球舞踏病 脊髄小脳変性症 シャイドレーガー症候 ウィリス動脈輪閉塞症(モヤモヤ病) 正常圧水頭症 多発性硬化症 重症筋無力症 ギラン・バレー症候群 フィッシャー症候群 慢性炎症性脱随性多発神経炎 多発限局性運動性末梢神経炎[nanfes.jp]

  • 低心拍出量症候群

    生命存続に最低限必要な安静時の血液供給は保たれているが、労作時に増加する需要にみあう血液供給ができないために、臓器機能低下に基づく一連の症状を呈した状態。全身倦怠感、めまい、頭痛、四肢冷感、チアノーゼなどの全身症状を認める。消化器系への血流量低下により嘔気、嘔吐、腹部膨満感などの消化器症状がはじめ食後に生じるが、心拍出量低下が進行増悪すると食事に関係なく症状を呈するようになる。そのほか、腎機能低下、肝機能障害なども出現する。骨格筋では、易疲労性から始まり筋萎縮にまで及ぶことも珍しくない。以上をまとめると、低心拍出症候群は、心臓からの血液供給低下により生じる全身臓器の低酸素、低栄養状態であ[…][med.toaeiyo.co.jp]

さらなる症状