Create issue ticket

考えれる37県の原因 シトルリン増加

  • シトルリン血症

    Ⅱ型シトルリン血症 [ 編集 ] NICCD 遷延性黄疸や体重増加不良の場合には、 乳糖 除去ミルクや、中鎖脂肪酸 トリグリセリド ミルクの服用を行う。1歳頃までに自然に改善してしまうことが多い。[ja.wikipedia.org] Ⅱ型シトルリン血症 [ 編集 ] NICCD 新生児マススクリーニング で異常とされ発見される場合や、その他に遷延性黄疸・体重増加不良を呈する場合での検査で発見されることがあるが、比較的無症状であることが多いとされている。1歳頃までに自然に改善してしまうことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • ピルビン酸カルボキシラーゼ欠乏

    臨床検査異常としては,高アンモニア血症,乳酸アシドーシス,ケトアシドーシス,血漿中のリジン,シトルリン,アラニン,およびプロリンの濃度上昇, α ケトグルタル酸の排泄増加などがある。診断は,培養皮膚線維芽細胞の酵素分析によって確定される。 二次性欠損症も臨床的に類似しており,さらに発育不全,痙攣発作,その他の有機酸尿症を伴う。[msdmanuals.com]

  • 尿素サイクル異常症

    概要 尿素サイクルとは体内で生成された有害なアンモニアを肝臓で無害な尿素へと変換する過程を指します。このサイクルに異常が生じると、アンモニアなどが体にたまり、さまざまな症状を呈します。ときに生命に関わるような状況に陥ることもあります。 尿素サイクルにはいくつかの酵素が存在し、この酵素のいずれかに先天的な異常があるものを尿素サイクル異常症と呼びます。尿素サイクル異常症はそれらの病気の総称であり、以下が含まれています。 Nアセチルグルタミン酸合成酵素欠損症 カルバミルリン酸合成酵素欠損症 オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症 古典型シトルリン血症 アルギニノコハク酸尿症 アルギニン血症[…][medicalnote.jp]

  • 潜在性悪性腫瘍

    化蛋白の増加させる可能性などが報告されている(Curr Opin Rheumatol 2009;21:279) 平成 30年 5月[ryumachi.umin.jp] において70-74番目のアミノ酸配列が共通しており、shared epitopeと呼ばれる 抗CCP抗体陽性例、特に抗CCP抗体の中でも抗CEP-1抗体、抗vimentin(Cit-vim)抗体陽性例との関連が示唆されている(Ann Rheum Dis. 2014;73:741) 喫煙関節リウマチ発症に関与する機序としては、喫煙が肺におけるシトルリン[ryumachi.umin.jp]

  • ヒヨス属ニジェール中毒

    シトルリンマレートのシトルリン部分はNOを増加させ、代謝毒素を阻害する性能を排除するよう作用するが、マレート部分はエネルギー循環を継続させる. 運動に続いて、リン酸クレアチンの筋肉レベルが低下し、レベルが再上昇するのに時間がかかる. より多くのクレアチンリン酸塩があれば、あなたの筋肉はより強くてより良い能力を発揮します.[bakeranthonyb.weebly.com]

  • 胃蜂窩織炎

    血症の1例】 日本消化器病学会中国支部研修医・専修医奨励賞について 今後応募者の増加が予想されるため、今後は1ユニットから1題の応募に限定させていただきます。[med-gakkai.com] 島根大学医学部卒後臨床研修センター 奥山圭介先生 【画像上鑑別が困難であった肝細胞癌と肝内胆管癌の重複例】 専修医奨励賞 *川崎医科大学 肝胆膵内科 佐々木恭先生 【インターフェロン著効後10年以上経過した後に出現する肝細胞癌の特徴とその対策】 *津山中央病院 内科 下村泰之先生 【妊娠・蛋白制限食を契機に発症し、保存的治療にて改善した成人発症2型シトルリン[med-gakkai.com]

  • プロピオン酸血症

    尿素サイクル異常症 シトルリン増加でスクリーニングされる疾患 ・シトルリン血症1型(または古典型シトルリン血症) ・アルギニノコハク酸尿症 ・シトリン欠損症 (またはシトルリン血症2型,あるいは成人型シトルリン血症) アルギニンの増加でスクリーニングされる疾患 (公的スクリーニング対象疾患とはなっていません) ・アルギニン血症(またはアルギナーゼ[home.hiroshima-u.ac.jp] [1] シトルリン血症1型(アルギニノコハク酸合成酵素欠損症) 1)原因:尿素サイクルにおいて、シトルリンとアスパラギン酸からアルギニノコハク酸を合成する酵素[アルギニノコハク酸合成酵素]の遺伝子変異が原因です。シトルリン増加します。 2)スクリーニング指標と精密検査:シトルリンの上昇で判定。 酵素活性測定、遺伝子解析で診断します。[med.u-fukui.ac.jp] シトリン欠損症はSLC25A13遺伝子の変異により、新生児期から乳児期には新生児肝内胆汁うっ滞症(NICCD)を、成人後に成人発症II型シトルリン血症(CTLN2)を発症します。新生児肝内胆汁うっ滞症では、黄疸,脂肪便,体重増加不良など肝炎としての症状を認め、生後半年以降に多くは自然に治って行きます。[minfo2.id.yamagata-u.ac.jp]

  • グルタル酸尿症 2型

    尿素サイクル異常症 シトルリン増加でスクリーニングされる疾患 ・シトルリン血症1型(または古典型シトルリン血症) ・アルギニノコハク酸尿症 ・シトリン欠損症 (またはシトルリン血症2型,あるいは成人型シトルリン血症) アルギニンの増加でスクリーニングされる疾患 (公的スクリーニング対象疾患とはなっていません) ・アルギニン血症(またはアルギナーゼ[home.hiroshima-u.ac.jp] [1] シトルリン血症1型(アルギニノコハク酸合成酵素欠損症) 1)原因:尿素サイクルにおいて、シトルリンとアスパラギン酸からアルギニノコハク酸を合成する酵素[アルギニノコハク酸合成酵素]の遺伝子変異が原因です。シトルリン増加します。 2)スクリーニング指標と精密検査:シトルリンの上昇で判定。 酵素活性測定、遺伝子解析で診断します。[med.u-fukui.ac.jp] シトリン欠損症はSLC25A13遺伝子の変異により、新生児期から乳児期には新生児肝内胆汁うっ滞症(NICCD)を、成人後に成人発症II型シトルリン血症(CTLN2)を発症します。新生児肝内胆汁うっ滞症では、黄疸,脂肪便,体重増加不良など肝炎としての症状を認め、生後半年以降に多くは自然に治って行きます。[minfo2.id.yamagata-u.ac.jp]

  • 頭蓋内圧亢進

    成人発症II型シトルリン血症(血中シトルリン増加する疾病で、繰り返す高アンモニア血症による異常行動、意識障害等を特徴とする)が疑われた場合には、本剤を投与しないこと。[kegg.jp]

  • 高アルギニン血症

    [1] シトルリン血症1型(アルギニノコハク酸合成酵素欠損症) 1)原因:尿素サイクルにおいて、シトルリンとアスパラギン酸からアルギニノコハク酸を合成する酵素[アルギニノコハク酸合成酵素]の遺伝子変異が原因です。シトルリン増加します。 2)スクリーニング指標と精密検査:シトルリンの上昇で判定。 酵素活性測定、遺伝子解析で診断します。[med.u-fukui.ac.jp] Ⅱ型シトルリン血症 [ 編集 ] NICCD 遷延性黄疸や体重増加不良の場合には、 乳糖 除去ミルクや、中鎖脂肪酸 トリグリセリド ミルクの服用を行う。1歳頃までに自然に改善してしまうことが多い。[ja.wikipedia.org] これに対し、コラーゲンペプチドの経口投与により血中濃度が増加したアミノ酸はグルタミン、シトルリン、アルギニン、アスパラギン酸、アスパラギンであった。これらのアミノ酸の血中濃度の増加は、コラーゲンペプチド経口投与による生体活性効果と考えられる。[biosciencedbc.jp]

さらなる症状