Create issue ticket

考えれる30県の原因 ジセステジア

  • 急性過換気

    ※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。 喘息 アレルギーによって気道が炎症を起こして狭くなり、呼吸が苦しくなる発作をくり返す疾患です。発作時には、せき、たん、ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音(喘鳴・ぜんめい)、呼吸困難が起こり、息を吸うよりも吐くときのほうが苦しくなります。ダニなどのアレルギーを起こす原因物質がはっきり特定できるアトピー型と、原因物質が特定できない非アトピー型があります。 1 アレルギーを起こしやすい食品や添加物[…][tsuzuki-clinic.com]

  • レーノー現象

    レイノー病(レイノー症候群)とは レイノー病とは動脈が過剰収縮を起こすことによって手足の末端への血流が悪化し、しもやけをともなうような強い冷え、しびれ感、痛み、肌の色調変化を起こす病気です。 このような四肢の冷えや肌の変化などをまとめてレイノー現象と呼びます。 さらにレイノー病と似た言葉にレイノー症候群というものがあります。前者のレイノー病は上記のようなレイノー現象を起こす基礎疾患が無いものを指します。簡単にいってしまえばレイノー現象を起こす原因が不明なケースがレイノー病となります。そして後者の[…][123do.co.jp]

  • レイノー病

    レイノー病(レイノーびょう、英: Raynaud's disease)あるいはレイノー症候群(英: Raynaud syndrome、RS)とは、レイノー現象を主徴とする症候群である。原因の明らかでない原発性のものと膠原病に合併する二次性のものとに区別される。 寒冷時や冷水につかったときに四肢末梢部、とくに両手指が対称的に痛み、しびれ感とともに蒼白、あるいはチアノーゼなどの虚血症状をきたす場合で、若年女子に多発する。原因は明らかでない。1862年に状態を記述したフランスの医師モーリス・レイノー(fr:Maurice Raynaud (médecin))に因む。[…][ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    末梢神経障害について(まっしょうしんけいしょうがい)Neuropathy 脳神経外科というのは、時に“脳外科”ともいわれ、脳だけを診る科と思われがちですが、実は脳、脊髄、末梢神経といった神経系すべてを診る科です。[…][nms.ac.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    鉄欠乏性貧血 (てつけつぼうせいひんけつ、 英 : iron deficiency anemia, IDA )とは、体内に 鉄 が不足する事により、充分に ヘモグロビン を生産できなくなることで生じる 貧血 のことである。 病態 [ 編集 ] 赤血球 は細胞内に 血色素 (ヘモグロビン;Hb)を含有しており、 鉄 は血色素を構成する必須成分の1つである。血色素が酸素を結合して運べるのは、鉄の存在があればこそである。その鉄が体内で不足する事により、充分な血色素を 生合成[…][ja.wikipedia.org]

  • 心因性過換気

    執筆者: James L. Lewis, III, MD, Attending Physician, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham 呼吸性アルカローシスはP co 2 の一次性の低下で,代償性のHCO 3[…][msdmanuals.com]

  • 手根管症候群

    手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん、Carpal tunnel syndrome:CTS)とは、手根管(腱と神経が通っている手首内の管)の中を走る正中神経が何らかの原因で手根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。 1900年頃より提唱がなされている。病理学的解明は、1960年代頃にアメリカ合衆国のクリーブランド病院で整形外科部長を務めていたジョージ・ファレンによってなされている。 多くは特発性であるが、以下の関連は指摘されている。 職業性 アメリカ労働省職業安全衛生管理局 (OSHA) による調査にて、反復作業労働に生じることが多いという報告がなされている。 外傷性[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    遺伝性運動失調症は、歩行運動失調、眼球運動の不調和、発話、および手の運動を表現型として特徴付け、通常小脳の萎縮を伴う、非常に異質な疾患群です。. 脊髄小脳失調症と呼ばれることがよくあり、典型的には成人発症の35以上の常染色体優性型がある. 最も一般的なサブタイプは脊髄小脳性運動失調症1、2、3、6、および7であり、それらはすべてヌクレオチド反復拡大障害です。. 常染色体劣性運動失調症は通常小児期に発症します。最も一般的なサブタイプは、フリードライヒ、血管拡張性失調症、眼球運動失調症1型の運動失調症、および眼球運動失行症2型の運動失調症である.[…][laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 骨盤骨折

    こんにちは、また寒くなり早く暖かい日が来ないかと思ってしまう毎日です。 今回は猫ちゃんの骨折についてです。 この猫ちゃんは外へ出てしばらく帰ってこなかったため飼い主さんが探すと狭い所に挟まり出てこれなくなっていました。後ろ足が動かないとのことで来院されレントゲンを撮ると骨盤が折れています。 骨盤骨折は交通事故やドアになどに挟まるなど外傷が原因となり同時に膀胱の破裂を起こすこともありますが、幸い今回は膀胱に異常はありませんでした。 骨盤骨折は後ろ足に障害が出るだけでなく、直腸を圧迫し排便障害を引き起こすことが多いため外科治療による整復が必要です。[…][rouji-ah.com]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状