Create issue ticket

考えれる14県の原因 サーモグラフィー異常

  • 筋骨格腰痛

    関節病変の程度を測定するのと同じように、異常な骨代謝を示す部位や血流異常を示す部位を同定するため、検出器が画像情報をコンピューターに送ります。 サーモグラフィー は、人体両面のわずかな温度変化や特定臓器の温度を測定するための赤外線検出装置です。神経根の圧迫の有無を検出するためにサーモグラフィーが使われることがあります。[tomida-ikiiki.com]

  • 糖尿病性自律神経障害

    現在はサーモグラフィで皮膚温の測定は極めて容易である。[dm-rg.net] 眞山享博士らは、健常者7名、心拍変動試験で異常のみられない自律神経機能の正常な糖尿病をもつ人8名、深呼吸試験が陽性で副交感神経の障害が認められ糖尿病をもつ人7名、起立試験が陽性で交感神経にも障害があると判定された人7名について、薄いビニール製手袋をつけて一方の手を氷水に30秒間浸して手袋をとり、直ちに 手首より末梢部の範囲をサーモグラフィ([dm-rg.net]

  • 乳管内乳頭腫

    病院の場合 病院(外科)を訪れた場合、問診の後触診、X線検査(マンモグラフィー)が行われます.この段階で何らかの異常所見が見いだされた場合には、必要に応じて超音波検査、サーモグラフィー、細胞診などが追加されます.また、指で容易にしこりを触れるような乳癌の診断は結果も比較的早く出ますが、早期のものほど診断は難しく、最終的な結果が出るまでにはかなり[fmu.ac.jp]

  • 変形性腰椎症

    関節病変の程度を測定するのと同じように、異常な骨代謝を示す部位や血流異常を示す部位を同定するため、検出器が画像情報をコンピューターに送ります。 サーモグラフィー は、人体両面のわずかな温度変化や特定臓器の温度を測定するための赤外線検出装置です。神経根の圧迫の有無を検出するためにサーモグラフィーが使われることがあります。[tomida-ikiiki.com]

  • 冬眠腺腫

    病院の場合 病院(外科)を訪れた場合、問診の後触診、X線検査(マンモグラフィー)が行われます.この段階で何らかの異常所見が見いだされた場合には、必要に応じて超音波検査、サーモグラフィー、細胞診などが追加されます.また、指で容易にしこりを触れるような乳癌の診断は結果も比較的早く出ますが、早期のものほど診断は難しく、最終的な結果が出るまでにはかなり[fmu.ac.jp]

  • 腰椎と仙骨の関節炎

    関節病変の程度を測定するのと同じように、異常な骨代謝を示す部位や血流異常を示す部位を同定するため、検出器が画像情報をコンピューターに送ります。 サーモグラフィー は、人体両面のわずかな温度変化や特定臓器の温度を測定するための赤外線検出装置です。神経根の圧迫の有無を検出するためにサーモグラフィーが使われることがあります。[tomida-ikiiki.com]

  • 乳輪の腫瘍

    病院の場合 病院(外科)を訪れた場合、問診の後触診、X線検査(マンモグラフィー)が行われます.この段階で何らかの異常所見が見いだされた場合には、必要に応じて超音波検査、サーモグラフィー、細胞診などが追加されます.また、指で容易にしこりを触れるような乳癌の診断は結果も比較的早く出ますが、早期のものほど診断は難しく、最終的な結果が出るまでにはかなり[fmu.ac.jp]

  • 二次パーキンソン症

    皮膚温・脈波検査(サーモグラフィー、指尖脈波):冷え、ほてりのある方に行います。 フル・ポリソムノグラフィ検査: いびき(睡眠時無呼吸)・寝言(レム睡眠行動異常)をしらべます。 詳細は、検査前に個別にご説明申し上げます。 ストレス/うつ評価表: ストレス/うつのある方に対して評価表評価を行います。[lab.toho-u.ac.jp]

  • メルカーソン・ローゼンタール症候群

    病巣部位を同定するために,点眼試験による瞳孔異常および眼瞼下垂の有無の確認,またMinor法(図2)やサーモグラフィによる発汗障害部位の評価,そして腱反射消失の有無の確認,頭頸胸部画像検査を用いた器質的病変の確認や手術や処置の既往,自己免疫異常やウイルス感染などの検索を行う必要がある 2) 。[jmedj.co.jp]

  • 乳管拡張症

    病院の場合 病院(外科)を訪れた場合、問診の後触診、X線検査(マンモグラフィー)が行われます.この段階で何らかの異常所見が見いだされた場合には、必要に応じて超音波検査、サーモグラフィー、細胞診などが追加されます.また、指で容易にしこりを触れるような乳癌の診断は結果も比較的早く出ますが、早期のものほど診断は難しく、最終的な結果が出るまでにはかなり[fmu.ac.jp]

さらなる症状