Create issue ticket

考えれる6県の原因 サーベル皮膚

  • ビタミンD欠乏症
  • 骨膜炎

    骨膜炎(こつまくえん、英: periostitis)は、骨の周囲に存在する骨膜に炎症が起こった病気。主な原因は細菌感染や骨への過重負荷などである。 整形外科診療でよくみられる骨膜炎は、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)である。シンスプリントは運動時や運動後に、下腿部の内側に痛みを生じる病気である。詳細は当該項目を参照のこと。 ほかに化膿性骨膜炎などの病態が存在する。 歯科領域では、顎骨骨膜炎がよく知られる。う歯や歯周病が原因となりうる。 競走馬では前脚の第3中手骨(管骨)に起こる管骨骨膜炎(ソエ)が知られる。競走馬#競走馬の疾病・負傷も参照のこと。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性骨腫瘍
  • 梅毒

    (2014年11月07日改訂) 疫学 梅毒は世界中に広く分布している疾患である。1943 年にマホニーらがペニシリンによる治療に成功して以来、本薬の汎用によって発生は激減したが、その後、各国で幾度かの再流行が見られている。1960 年代半ばには日本も含め、世界的な再流行が見られた。日本で梅毒は花柳病予防法(1928年)、性病予防法(1948年)で対象疾患とされ、1999年からはいわゆる感染症法のもと症例が報告されている。最近では、日本では1987年(報告数 2928)をピークとする流行が見られたが、その後再び報告が減少してきた。感染症法による感染症発生動向調査によると、1999 2012年は500例[…][niid.go.jp]

  • 変形性骨炎

    2008年7月16日、骨粗鬆症治療薬の リセドロン酸 ナトリウム(商品名: アクトネル 錠17.5mg、 ベネット 錠17.5mg)に、 骨ページェット病 の適応が追加された。骨ぺージェット病に使用する場合の用法・用量は「1日1回17.5mgを起床時に8週間連日経口投与」であり、骨粗鬆症で使用する場合の「1週間に1回17.5mgを起床時に経口投与」とは異なるので注意が必要である。 骨ページェット病は原因不明の骨代謝疾患である。骨の代謝回転が著しく亢進することで骨変形や骨肥厚が起こり、疼痛や骨折が発生する。時に骨肉種にまで至る場合もあるため、早期治療が必要であるとされる。国内の患者数は200[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 末期先天性梅毒

さらなる症状