Create issue ticket

考えれる8県の原因 サーベル皮膚

  • ビタミンD欠乏症

    米国国立がん研究所(NCI)ブログ がん研究の動向 ビタミンDの欠乏は乳がんにおける腫瘍進行や転移に関連する可能性があると新しい試験で示唆されている。 本試験では主に細胞株とマウスを使って行われ、血中ビタミンD濃度とID1遺伝子発現の関連を特定した。ID1は乳がんや他のがん種において腫瘍増殖および転移に関連するがん遺伝子である。 この知見は3月2日付Endocrinology誌において発表された。[…][cancerit.jp]

  • 骨膜炎

    骨膜炎(こつまくえん、英: periostitis)は、骨の周囲に存在する骨膜に炎症が起こった病気。主な原因は細菌感染や骨への過重負荷などである。 整形外科診療でよくみられる骨膜炎は、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)である。シンスプリントは運動時や運動後に、下腿部の内側に痛みを生じる病気である。詳細は当該項目を参照のこと。 ほかに化膿性骨膜炎などの病態が存在する。 歯科領域では、顎骨骨膜炎がよく知られる。う歯や歯周病が原因となりうる。 競走馬では前脚の第3中手骨(管骨)に起こる管骨骨膜炎(ソエ)が知られる。競走馬#競走馬の疾病・負傷も参照のこと。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性骨腫瘍

    悪性骨腫瘍末期の方へのターミナルケア 2009.12.23 佐賀県 T・Iさん(65歳、男性) 〔末期ガンのYさんを鹿児島療院へ案内〕 平成19年2月1日のことです。Yさん(56歳、女性)が妹さんと一緒にわが家に来られ、「今日、病院でガンと診断されました」と相談を受けました。医師の診断は「末期の骨盤腫瘍であり、進行が進んでいるために手術はできない」と言われたとのことでした。 私はYさんに鹿児島 療院 のことを紹介し、 岡田式健康法 を体験することを勧めました。[…][moainternational.or.jp]

  • 梅毒

    梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症である。第一感染経路は性行為であるため性病の1つとして数えられるものの、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 変形性骨炎

    骨パジェット病(変形性骨炎)に関して 骨パジェット病(変形性骨炎)とは、骨の代謝異常によって骨の肥厚や変形が生じ、骨の強度が弱まってしまう骨の慢性疾患です。当疾患はどの部位にも発症する可能性がありますが、大腿骨・頭蓋骨・脛骨・脊椎・鎖骨などの比較的大きな骨への好発が確認されています。基本的には無症状であるとされていますが、症例によっては骨の痛みや骨の変形、神経圧迫によって生じる痛み、関節炎などの症状があらわれます。また、四肢に発症した症例では骨の強度低下によって骨折しやすくなります。[…][konohikara.com]

  • 末期先天性梅毒

    【インタビュー】 公開日 2015 年 10 月 17 日 更新日 2017 年 09 月 21 日 梅毒 神経梅毒 プライベートケアクリニック東京 院長 尾上 泰彦 先生 梅毒 は、感染しても初期の症状には痛みや痒みといった変化が現れないこともあるため、病変に気がつかず病気が進行してしまうことがあります。しかしこうした梅毒の症状や見た目の変化をご存知の方は少ないのが現状です。 梅毒に感染したときにあらわれる症状について、画像や写真をもとに臨床経験豊富な尾上泰彦先生に教えていただきました。 梅毒の初期症状[…][medicalnote.jp]

  • 白癬性毛瘡

    限局性強皮症 皮膚に斑状の硬化局面を生じます。前頭部から額にかけて発症すると、頭部では瘢痕性脱毛症となります。サーベルできられた傷のように見える剣創状強皮症といいます。 ④その他 シェーグレン症候群、慢性関節リウマチ、関節性乾癬などでもびまん性脱毛症を起こすことがあります。[aderans.co.jp]

  • 脱毛症

    限局性強皮症 皮膚に斑状の硬化局面を生じます。前頭部から額にかけて発症すると、頭部では瘢痕性脱毛症となります。サーベルできられた傷のように見える剣創状強皮症といいます。 ④その他 シェーグレン症候群、慢性関節リウマチ、関節性乾癬などでもびまん性脱毛症を起こすことがあります。[aderans.co.jp]

さらなる症状