Create issue ticket

考えれる9県の原因 サルモネラ食中毒

  • 黄色ブドウ球菌

    代表的な例を挙げますと、昭和63年には、錦糸卵を食材とした学校給食を原因とした大規模なサルモネラ食中毒が発生しており、平成8年には、腸管出血性大腸菌O157による食中毒が道内でも猛威を振るいました。[iph.pref.hokkaido.jp] それを食べた場合に激しい嘔吐を伴う食中毒を引き起こす。このような食中毒を毒素型食中毒と呼ぶ。一方、サルモネラや病原大腸菌などの場合は生きた細菌が腸内に感染することによって起きる感染型食中毒を引き起こす。すなわちブドウ球菌による食中毒は感染症ではなく、むしろ毒キノコを食べるケースに近い。[ja.wikipedia.org]

  • サルモネラ

    概要 サルモネラ食中毒 概要 ・サルモネラは自然界に広く分布し、家畜(牛、豚、鶏など)やペットも保有している ・わが国のみならず外国でも発生件数が多い ・2000以上の型があり、わが国ではサルモネラ・エンテリティディスによるものが平成元年から多発している 性質 ・熱に弱い ・潜伏時間は通常8 48時間、平均24時間 ・哺乳類、鳥類、両生類、[pref.aichi.jp] Paratyphi A) による疾患であり、これらをチフス性サルモネラ、後者の食中毒サルモネラを非チフス性サルモネラと呼んで区別することがある。[ja.wikipedia.org] 疫 学 わが国におけるサルモネラ食中毒事例はここ数年間常に、腸炎ビブリオと一、ニを争う代表的食中毒原因菌である (図1) 。 サルモネラ食中毒はカンピロバクターと同様大型の事例が多く、学校、福祉施設、病院で多発している。その血清型との関係では、1980 年後半から S .Enteritidis が鶏卵関連食品が原因で急増してきた。[niid.go.jp]

  • 急性膵炎

    急性膵炎 (きゅうせいすいえん)とは、 膵臓 に急性に炎症が生じた 膵炎 のこと。 成因 [ 編集 ] 成人の急性膵炎の原因としては アルコール と 胆石 が2大成因とされている。この二つが急性膵炎全体で占める割合は国や地域によって大きく異なる。胆石症の場合は胆嚢摘出術、アルコール性の場合は禁酒によって再発のリスクが減少する。その他は、特発性、 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 (ERCP)後、 高TG血症 、膵胆管合流異常症等が上げられる。また、 HIV 感染者では 抗ウイルス薬 による薬剤性のものが報告されている。小児の場合は 流行性耳下腺炎 、 マイコプラズマ といった感染症、 抗がん剤[…][ja.wikipedia.org]

  • 食中毒

    1941年8月 - アメリカ合衆国からの帰船命令で日本に向かう途上の龍田丸で食中毒が発生、125人が発症し9人が死亡。 1974年 - ニュージャージー州でサルモネラに汚染されたアップルサイダーが原因で、200人が発症。[ja.wikipedia.org] A7 健康な家きんであっても、腸管内などにカンピロバクターやサルモネラ属菌などの食中毒菌を保有している場合があります。現在、食鳥処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難であり、鶏肉や内臓からカンピロバクターが高頻度で検出されます。[mhlw.go.jp] 1984年 - オレゴン州ワスコ郡でサルモネラによる食中毒で751人が発症。当初はサラダバーの野菜の汚染が疑われたが、翌年にバグワン・シュリ・ラジニーシ等の主催するコミューンを捜索した結果バイオテロだったことが判明(ラジニーシによるバイオテロ)。[ja.wikipedia.org]

  • カンピロバクター腸炎

    また、我が国で発生する集団食中毒患者数は最近ではノロウイルスによるものが最多ですが、以前は腸炎ビブリオ、サルモネラによるものが主流であった細菌性食中毒は、最近ではカンピロバクターによるものの方が多い傾向が続いています。[pref.aichi.jp] A7 健康な家きんであっても、腸管内などにカンピロバクターやサルモネラ属菌などの食中毒菌を保有している場合があります。現在、食鳥処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難であり、鶏肉や内臓からカンピロバクターが高頻度で検出されます。[mhlw.go.jp] また、カンピロバクター腸炎発生にはその他の細菌による腸炎がピークを示す夏期(7-9月)よりやや早い5-7月にピークがみられ、サルモネラ、腸炎ビブリオ等による細菌性の食中毒の発生が少ない冬季にも発生が認められています。 さらに、問題になっているのは本菌がギランバレー症候群の原因ではないかと疑われていることです。[pref.aichi.jp]

  • 食品媒介疾患

    1941年8月 - アメリカ合衆国からの帰船命令で日本に向かう途上の龍田丸で食中毒が発生、125人が発症し9人が死亡。 1974年 - ニュージャージー州でサルモネラに汚染されたアップルサイダーが原因で、200人が発症。[ja.wikipedia.org] A7 健康な家きんであっても、腸管内などにカンピロバクターやサルモネラ属菌などの食中毒菌を保有している場合があります。現在、食鳥処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難であり、鶏肉や内臓からカンピロバクターが高頻度で検出されます。[mhlw.go.jp] 1984年 - オレゴン州ワスコ郡でサルモネラによる食中毒で751人が発症。当初はサラダバーの野菜の汚染が疑われたが、翌年にバグワン・シュリ・ラジニーシ等の主催するコミューンを捜索した結果バイオテロだったことが判明(ラジニーシによるバイオテロ)。[ja.wikipedia.org]

  • E型肝炎ウイルス

    今般、一部の報道等において、豚レバーを生食用として提供している飲食店があるとされていますが、豚レバーを加熱せず喫食すると、E型肝炎のほか、サルモネラ属菌及びカンピロバクター・ジェジュニ/コリ等の食中毒のリスクがあります。[mhlw.go.jp] また, 豚レバーの生食は, E型肝炎以外にも, サルモネラ属菌や, カンピロバクター・ジェジュニ/コリ等の食中毒のリスクがある。[niid.go.jp]

  • 腸炎ビブリオ

    1950年に大阪府で発生し、272名の患者と20名の死者を出した白子干し(シラス干し)を原因とする集団食中毒(シラス食中毒事件)の原因として、同年に大阪大学の藤野恒三郎によって発見された。 日本において腸炎ビブリオ食中毒は、サルモネラと並んで発生件数の最も多い食中毒のひとつである。[ja.wikipedia.org] 腸炎ビブリオ食中毒は、日本で発生する食中毒の原因菌としては、発生件数でサルモネラと並んで1-2位にあたり、特に1992年までは、日本における食中毒原因の第1位を占めていた。しかし、日本以外の国、特に欧米諸国での発生は少ない。これは刺身や寿司など、海産の魚介類を生食することが多い日本の食文化と大きく関連している。[ja.wikipedia.org] 腸炎ビブリオの感染が成立するには約100万個以上の生きた菌の摂取が必要と言われ、食中毒サルモネラと同様、経口感染症の起因菌の中では比較的、感染・発病に多数の菌を必要とする部類に属する(これに対し、例えば赤痢菌は10-100個の菌で発病する)。[ja.wikipedia.org]

  • カンピロバクター属

    食中毒統計 :カンピロバクターは食中毒起因菌としてサルモネラ、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌に次いで発生頻度が高い。全国におけるカンピロバクター食中毒患者数は、1985年に9,497人と急増したが、その後1993年には948人まで減少した。しかし1994年以降は再び増加し、1,500 2,600人で推移している( 図1 )。[idsc.nih.go.jp] A7 健康な家きんであっても、腸管内などにカンピロバクターやサルモネラ属菌などの食中毒菌を保有している場合があります。現在、食鳥処理の技術ではこれらの食中毒菌を100%除去することは困難であり、鶏肉や内臓からカンピロバクターが高頻度で検出されます。[mhlw.go.jp] 腸管などに常在菌として存在しているカンピロバクター(Campylobacter)、サルモネラ(Salmonella)、アルコバクター(Arcobacter) や、屠畜過程で大腸菌、ブドウ球菌により汚染される事があり、新鮮な肉でも高い率で食中毒原因菌に汚染されている為、食中毒を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状