Create issue ticket

考えれる863県の原因 サルモネラ感染症

  • 乏血性ショック

    単球の増多は、感染性の炎症性疾患時に見られ、特にアスペルギルス、細菌性肉芽腫、クラミジア感染、慢性細菌性皮膚炎、サルモネラ症、結核症などに多く見られます。 V 白血球像:好酸球 好酸球は、ヘテロフィルの形態に類似しますが、明らかに構造が異なるため、慣れれば比較的鑑別は容易です。[avianmedicine.jp]

  • 慢性下痢
  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺膿瘍
  • 尋常性ざ瘡

    アキュテイン(ACCUTANE)(わが国で未承認の難治性ニキビ治療薬)に関する注意喚起について 米国等で難治性ニキビの治療に使用されている「アキュテイン」(一般名:イソトレチノイン)については、妊娠中の女性が服用した場合に、胎児への催奇形性のおそれがあるため、米国食品医薬品局(FDA)では、インターネットや個人輸入により入手することのないよう、注意喚起を行っています。 そこで、この注意喚起を一般の方が容易に正しく理解することができるよう、重要な事項の邦文訳を掲載いたしました。 ※[…][mhlw.go.jp]

  • 心内膜炎

    心内膜炎 (しんないまくえん、 英語 : endocarditis )は 心臓 壁の内膜である 心内膜 の 炎症 。通常は(固有弁・人工弁を問わず)心臓弁が発症部位になるが、他に 心室中隔 、 腱索 ( 英語版 ) 、心内膜の表面、心臓内デバイスで発生することもある。心内膜炎は、 血小板 、 フィブリン 、微生物のミクロコロニー、および少量の炎症細胞からなる塊の異常増殖 (vegetation) という典型的病変で特徴づけられる [1] 。 急性 の感染性心内膜炎の場合、異常増殖の中心に 肉芽腫 を持つ場合があり、それは繊維化あるいは石灰化している場合がある [2] 。[…][ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    膀胱炎 (ぼうこうえん、英:cystitis)は、 膀胱 に起こる 炎症 である。 急性膀胱炎 と 慢性膀胱炎 がある。急性膀胱炎は 細菌 性の 感染症 である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、 糖尿病 などの 合併症 に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 診断 [ 編集 ] 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に 腎盂腎炎 まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される [1] 。 検査としては[…][ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa,[…][joi.jlc.jst.go.jp]

  • 腸間膜リンパ節炎

    抄録 症例は,17歳,女性.右下腹部痛·発熱で発症し,回盲部の多発性リンパ節腫脹を認めたが,抗生物質の投与によっても症状の軽快なく慢性的に経過した.精査のため腹腔鏡下リンパ節生検を行ったが診断がつかなかった.経過中,結節性紅斑が出現したため,免疫学的機序を疑い副腎皮質ステロイドを投与したところ,症状の改善を認めた.本例のような報告はこれまでにまれと思われるため報告した.[jstage.jst.go.jp]

  • 失神

    一時的に意識を消失し、その後完全に意識が戻ることを「失神」といいます。 長時間の立ち仕事の後、めまいがしてそのまま意識がなくなった 立ち上がったときにふらっとして、そのまま倒れてしまった 何の前触れもなく、突然意識がなくなって倒れた これらはいずれも失神の症状ですが、場合によっては命にかかわることもあるため原因を調べることが重要です。 危険な失神とは 一般的に「失神」と言われるものは別名「 一過性意識消失発作 ( いっかせいいしきしょうしつほっさ ) 」とも呼ばれ、文字の通り一時的に意識を失うことを言います。失神が起こるのは通常、数十秒[…][medicalnote.jp]

さらなる症状