Create issue ticket

考えれる168県の原因 サルモネラ感染症

  • サルモネラ

    サルモネラ感染とは (IDWR 2004年第5号) サルモネラ感染の原因菌はサルモネラ( Salmonella enterica )である。[niid.go.jp] 感染は主として感染牛の下痢便によって牛舎環境や飲水・飼料が汚染され、経口的に侵入して感染が成立します。 グラフ1 十勝NOSAIにおける乳牛サルモネラ感染の年度別発生状況 グラフ2 乳牛サルモネラ感染からの分離株血清型別(H11年 15年) サルモネラの症状は?[tokachi-nosai.or.jp] ※皆様からご投稿いただきました感染経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。 ※提出する情報には個人情報は含まれません。 概要 サルモネラ属菌は約2,500種が知られており、年々新しい型が発見されています。サルモネラ感染は、チフス性疾患と非チフス性疾患とに大きく分けられます。[kansensho.jp]

  • 人獣共通感染症

    、ブルセラ、カンジダサルモネラ、カンピロバクター症、ブドウ球菌症など サイクロズーノーシス(cyclo-zoonosis) 病原体の感染環の成立のために複数の脊椎動物を必要とする。[ja.wikipedia.org] 肝蛭 、 ダニ麻痺 など 主な人獣共通感染 [ 編集 ] 細菌 性人獣共通感染 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラサルモネラ ― リステリア症 ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌 感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症[ja.wikipedia.org] ただし、「獣」とは本来なら哺乳類など体毛で被われた動物を指す言葉であり、オウム病や鳥インフルエンザなど鳥類由来の感染や、爬虫類由来のサルモネラ感染、昆虫類や魚類由来の寄生虫疾患等も包含する語としては必ずしも「畜」より適切とは言い難い。[ja.wikipedia.org]

  • サルモネラ感染症

    サルモネラ感染とは (IDWR 2004年第5号) サルモネラ感染の原因菌はサルモネラ( Salmonella enterica )である。[niid.go.jp] ※皆様からご投稿いただきました感染経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。 ※提出する情報には個人情報は含まれません。 概要 サルモネラ属菌は約2,500種が知られており、年々新しい型が発見されています。サルモネラ感染は、チフス性疾患と非チフス性疾患とに大きく分けられます。[kansensho.jp] 小児や高齢者では、菌血を起こすなど重症化しやすく、回復も遅れる傾向があるので注意が必要です。 サルモネラ感染は、サルモネラ属の細菌によって引き起こされる感染で、主にサルモネラ・エンテリティディスという細菌が原因となっています。 国内の食中毒事例では、件数、患者数ともに毎年上位にランクされています。[tepika.net]

  • サルモネラ, アリゾナ. エドワードジエラ症

    サルモネラ感染とは (IDWR 2004年第5号) サルモネラ感染の原因菌はサルモネラ( Salmonella enterica )である。[niid.go.jp]

  • 鎌状赤血球症

    鎌状赤血球症(かまじょうせっけっきゅうしょう)は遺伝性の貧血病で、赤血球の形状が鎌状になり酸素運搬機能が低下して起こる貧血症。鎌状赤血球貧血症ともいう。ICD-10分類ではD57。ほとんどが黒人に発症し主にアフリカ、地中海沿岸、中近東、インド北部で見られる。 常染色体不完全優性遺伝をする。遺伝子型がホモ接合型の場合、常時発症しているのでたいていは成人前に死亡するが、遺伝子型がヘテロ接合型の場合、低酸素状態でのみ発症するので通常の日常生活は営める。[…][ja.wikipedia.org]

  • サルモネラ食中毒

    サルモネラ感染とは (IDWR 2004年第5号) サルモネラ感染の原因菌はサルモネラ( Salmonella enterica )である。[niid.go.jp] 小児や高齢者では、菌血を起こすなど重症化しやすく、回復も遅れる傾向があるので注意が必要です。 サルモネラ感染は、サルモネラ属の細菌によって引き起こされる感染で、主にサルモネラ・エンテリティディスという細菌が原因となっています。 国内の食中毒事例では、件数、患者数ともに毎年上位にランクされています。[tepika.net] ひな白痢(ひなはくり、英: pullorum disease)とは、ひな白痢菌(Salmonella Pullorum)感染を原因とする鳥類の感染。 日本では家畜伝染病予防法において家きんサルモネラ感染の名称で法定伝染病に指定されており、家鴨(アヒル)、七面鳥(シチメンチョウ)、鶉(ウズラ)が対象動物である。[ja.wikipedia.org]

  • 鼻疽菌による鼻疽

    感染 - 腐蛆病 届出伝染病 ブルータング - アカバネ病 - 悪性カタル熱 - チュウザン病 - ランピースキン病 - 牛ウイルス性下痢・粘膜病 - 牛伝染性鼻気管炎 - 牛白血病 - アイノウイルス感染 - イバラキ病 - 牛丘疹性口炎 - 牛流行熱 - 類鼻疽 - 破傷風 - 気腫疽 - レプトスピラ - サルモネラ - 牛カンピロバクター[ja.wikipedia.org] 水胞性口炎 - リフトバレー熱 - 炭疽症 - 出血性敗血症 - ブルセラ症 - 結核病 - ヨーネ病 - ピロプラズマ症 - アナプラズマ病 - 牛海綿状脳症 - 鼻疽 - 馬伝染性貧血 - アフリカ馬疫 - 豚コレラ - アフリカ豚コレラ - 豚水胞病 - 家きんコレラ - 高病原性鳥インフルエンザ - ニューカッスル病 - 家きんサルモネラ[ja.wikipedia.org] 症 - トリパノソーマ病 - トリコモナス病 - ネオスポラ症 - 牛バエ幼虫症 - ニパウイルス感染症 - 馬インフルエンザ - 馬ウイルス性動脈炎 - 馬鼻肺炎 - 馬モルビリウイルス肺炎 - 馬痘 - 野兎病 - 馬伝染性子宮炎 - 馬パラチフス - 仮性皮疽 - 小反芻獣疫 - 伝染性膿疱性皮膚炎 - ナイロビ羊病 - 羊痘 - マエディ・ビスナ[ja.wikipedia.org]

  • 急性呼吸器感染症

    狂犬病 高病原性鳥インフルエンザ ウエストナイル熱(脳炎) 重症急性呼吸器症候群(SARS) パスツレラ 猫ひっかき病 ブルセラ病 レプトスピラ 真菌感染 エキノコックス症 回虫症 ツツガムシ病 オウム病 Q熱 疥癬(かいせん) カンピロバクター症 クリプトスポリジウム症 野兎病 サルモネラ症 土壌病(炭疽、破傷風) トキソプラズマ症[cpvma.com]

  • 鼻疽

    感染 - 腐蛆病 届出伝染病 ブルータング - アカバネ病 - 悪性カタル熱 - チュウザン病 - ランピースキン病 - 牛ウイルス性下痢・粘膜病 - 牛伝染性鼻気管炎 - 牛白血病 - アイノウイルス感染 - イバラキ病 - 牛丘疹性口炎 - 牛流行熱 - 類鼻疽 - 破傷風 - 気腫疽 - レプトスピラ - サルモネラ - 牛カンピロバクター[ja.wikipedia.org] 水胞性口炎 - リフトバレー熱 - 炭疽症 - 出血性敗血症 - ブルセラ症 - 結核病 - ヨーネ病 - ピロプラズマ症 - アナプラズマ病 - 牛海綿状脳症 - 鼻疽 - 馬伝染性貧血 - アフリカ馬疫 - 豚コレラ - アフリカ豚コレラ - 豚水胞病 - 家きんコレラ - 高病原性鳥インフルエンザ - ニューカッスル病 - 家きんサルモネラ[ja.wikipedia.org] 症 - トリパノソーマ病 - トリコモナス病 - ネオスポラ症 - 牛バエ幼虫症 - ニパウイルス感染症 - 馬インフルエンザ - 馬ウイルス性動脈炎 - 馬鼻肺炎 - 馬モルビリウイルス肺炎 - 馬痘 - 野兎病 - 馬伝染性子宮炎 - 馬パラチフス - 仮性皮疽 - 小反芻獣疫 - 伝染性膿疱性皮膚炎 - ナイロビ羊病 - 羊痘 - マエディ・ビスナ[ja.wikipedia.org]

  • コクサッキー ウイルス感染症

    ・ 腸チフス、パラチフス ・ 流行性角結膜炎 ・ 急性出血性結膜炎 【その他の感染】 ・ 感染性胃腸炎(ノロウイルス感染、ロタウイルス感染など) ・ サルモネラ感染(腸チフス、パラチフスを除く)、カンピロバクター感染症 ・ マイコプラズマ感染症 ・ インフルエンザ菌感染症、肺炎球菌感染症 ・ 溶連菌感染症 ・ 伝染性 紅 ( こう[ishikawa.med.or.jp] インフルエンザウイルスで、その血清亜型がH5N1であるものに限る) 【第二種】 ・ インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く) ・ 百日 咳 ( せき ) ・ 麻しん ・ 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) ・ 風しん ・ 水痘(みずぼうそう) ・ 咽頭結膜熱 ・ 結核 ・ 髄膜炎菌性髄膜炎 【第三種】 ・ コレラ ・ 細菌性赤痢 ・ 腸管出血性大腸菌感染[ishikawa.med.or.jp]

さらなる症状