Create issue ticket

考えれる316県の原因 サルモネラ感染症

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 尋常性ざ瘡

    (にきび) 執筆者: Jonette E. Keri, MD, PhD, Associate Professor of Dermatology and Cutaneous Surgery, University of Miami, Miller School of Medicine; Chief, Dermatology Service, Miami VA Hospital ざ瘡および関連疾患 尋常性ざ瘡 化膿性汗腺炎 口囲皮膚炎 酒さ[…][msdmanuals.com]

  • 低ナトリウム血症

    抄録 サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/ l ),および低K(2.8mEq/ l )血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa,[…][joi.jlc.jst.go.jp]

  • 動脈硬化症

    動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう、arteriosclerosis)とは、動脈硬化により引き起こされる様々な病態の総称。 心臓から全身に血液を送り込む役割を担う動脈の内壁が肥厚し硬化した状態を指して動脈硬化と呼称する。本症はこの動脈硬化が原因で身体にさまざまな症状が現れることを指す。 動脈硬化には、アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)、細動脈硬化、中膜石灰化硬化(メンケベルグ硬化)の3つのタイプが存在するが、一般に「動脈硬化」といえばアテローム性動脈硬化を指すことが多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • サルモネラ

    サルモネラ感染とは (IDWR 2004年第5号) サルモネラ感染の原因菌はサルモネラ( Salmonella enterica )である。[niid.go.jp] ※皆様からご投稿いただきました感染経験談は、研究活動の研究報告として提出予定です。 ※提出する情報には個人情報は含まれません。 概要 サルモネラ属菌は約2,500種が知られており、年々新しい型が発見されています。サルモネラ感染は、チフス性疾患と非チフス性疾患とに大きく分けられます。[kansensho.jp] 小児や高齢者では、菌血を起こすなど重症化しやすく、回復も遅れる傾向があるので注意が必要です。 サルモネラ感染は、サルモネラ属の細菌によって引き起こされる感染で、主にサルモネラ・エンテリティディスという細菌が原因となっています。 国内の食中毒事例では、件数、患者数ともに毎年上位にランクされています。[tepika.net]

  • 失神

    概要 失神は、短い時間(数十秒の単位)、血圧が低下して心臓から脳に送る血液量が少なくなり、脳全体が酸素不足になって意識を失う発作です。意識を失うと立位を保持できず、患者さんは転倒して頭頚部などに受傷することがあります。失神は種々の原因で起こり、多くは軽症ですが、心臓病や出血など生命にかかわる病気が原因の場合には入院治療が必要です。このため、もし失神を起こしたら、すぐに病院を受診して原因を評価することが大切です。 症状 突然に発症します。 失神は発作性に起こる病態で、日常生活の中で突然に発症します。血圧が急に低下する原因は、不整脈や出血、神経反射など、様々です(表1)。 表1.失神の原因[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 腎盂腎炎

    腎盂腎炎(じんうじんえん、拉: pyelonephritis)は、細菌感染を原因とする腎盂ならびに腎実質の炎症。臨床症状として血尿、混濁尿、膿尿、細菌尿、発熱を特徴とする。病理学的には腎杯の炎症、壊死、変性が認められる。ウシではCorynebacterium属菌(特にCorynebacterium renale)による感染が重要である。 発熱、腰背部痛、悪心、CVA叩打痛、白血球尿、細菌尿などを特徴とするが、この疾患の非常に恐ろしいところは容易に敗血症や播種性血管内凝固症候群 (DIC)、急性呼吸窮迫症候群 (ARDS)[…][ja.wikipedia.org]

  • 低血圧

    高血圧・低血圧とは 血圧とは、心臓から全身に送り出される血液が、血管(動脈)の内側に与える圧力のことです。血圧には上の血圧(最高血圧、収縮期血圧)と下の血圧(最低血圧、拡張期血圧)があります。 上の血圧は、血液を全身に送り出すポンプの役割をもつ心臓が、ぎゅっと収縮して大動脈に血液を送り出し、大動脈がぐっと膨らむ一番高いときの血圧です。 下の血圧は、心臓が拡張しているとき血圧です。心臓の収縮が終わり弁が閉じると、膨らんだ大動脈がもとに戻ろうと末梢血管に血液を送ります。このとき末梢血管の抵抗が大きいと、下の血圧が高くなります。[…][jhf.or.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • サルモネラ感染症

    ただし、 感染法の3類感染症 のこれらのチフスの病原体は、人から人への感染が多いこと、潜伏期の長さや、症状、重症が多いことなどの点で、他のサルモネラとはかなり異なります。ここでは、感染法の3類感染のこれらのチフスの病原体以外のサルモネラ感染(食中毒)について話題とします。[city.yokohama.lg.jp] エントリ H00113 名称 サルモネラ感染 概要 サルモネラ感染は、サルモネラ属の細菌によって引き起こされる感染である。ここでは非チフス性サルモネラ症について述べる。サルモネラは世界的に発生件数の多い食中毒の一つで、汚染された鶏卵、加熱が不十分な肉類などの摂取により引き起こされる。[genome.jp] サルモネラ感染とは (IDWR 2004年第5号) サルモネラ感染の原因菌はサルモネラ( Salmonella enterica )である。[niid.go.jp]

さらなる症状