Create issue ticket

考えれる112県の原因 サリチル酸中毒

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • アシドーシス

    これは糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症、サリチル酸中毒、敗血症、メタノール、アルコール中毒、アスピリン中毒、乳酸アシドーシスである。 外因性 メタノール、エチレングリコール、サリチル酸、パラアルデヒドによる中毒で起こる。 特に外因性のAG増加性代謝性アシドーシスを疑う場合は浸透圧ギャップを計算してみると明らかになることもある。[ja.wikipedia.org] これは糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症、サリチル酸中毒、 敗血症 、 メタノール 、 アルコール中毒 、 アスピリン中毒 、乳酸アシドーシスである。 外因性 メタノール、 エチレングリコール 、 サリチル酸 、 パラアルデヒド による中毒で起こる。[ja.wikipedia.org]

  • サリチル酸中毒

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 サリチル酸中毒 サリチルさんちゅうどく salicylic acid poisoning サリチル酸は,およそ 10 30gで成人が中毒し,30 40gで致死的に働く。ただし,この量には個人差がある。[kotobank.jp] 中毒は,嘔吐,耳鳴,錯乱,高体温,呼吸性アルカローシス,代謝性アシドーシス,および多臓器不全を引き起こす場合がある。[msdmanuals.com] サリチル酸中毒ではサリチル酸が呼吸と代謝の両方に用量依存性に作用して混合酸塩基平衡障害(呼吸性アルカロシーシスと代謝性アシドーシス)を起こすことが知られている.[webview.isho.jp]

  • 急性過換気

    腎不全や,エチレングリコール,メタノール,およびサリチル酸などによる中毒では血液浄化法が必要となる。さらに,pH 7.20以下,base excess(BE)-10 mmol/L以下,高K血症を認めた場合には,アルカリ化剤の投与を考慮する。[blog.goo.ne.jp]

  • 代謝性アシドーシス

    代謝性アシドーシスは,固定酸が増加する乳酸アシドーシス,糖尿病性ケトアシドーシス,腎不全,サリチル酸中毒などと,重炭酸イオンが過剰に排泄されて生じる下痢,腎尿細管アシドーシスなどがある。いずれもHCO3-とbase excessは低値となり,代償機転が働くとPaCO2は低値となる。この両者はアニオンギャップを計算することにより鑑別される。[jaam.jp] これは糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症、サリチル酸中毒、 敗血症 、 メタノール 、 アルコール中毒 、 アスピリン中毒 、乳酸アシドーシスである。 外因性 メタノール、 エチレングリコール 、 サリチル酸 、 パラアルデヒド による中毒で起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アンフェタミン中毒

    AG開大性アシドーシス(CHEMIST) C:CO, Cyanide(シアン中毒) Caffeine(カフェイン) H:Hydrogen sulfide(硫化水素) E:Ethanol Ethylene glycol M:metanole I:iron & INH S:salicylate(サリチル酸) T:theophyline(テオフィリン[slide.antaa.jp] 対処法:活性炭 われらが味方 活性炭 大体の中毒には効いてくれる便利者 基本的には服薬1時間以内が目安(吸収の阻害) しかし、上記時間を超えたとしても繰り返し反復投与することで排泄促進にもなる(腸管透析) 合併症はあまりないことが多い 禁忌としては誤嚥・イレウスを伴う患者など 32.[slide.antaa.jp] :Methanol(メタノール) U:Uremia D:DKA and AKA P:Paraldehyde(パラアルデヒド) I:INH and Iron(イソニアジド・鉄) L:Lactic acidosis(乳酸アシドーシス) E:Ethylene glycol(エチレングリコール) S:Salicylate and Solvent(サリチル酸[slide.antaa.jp]

  • 心因性過換気

    原因は何か 精神的な不安、人工呼吸器による補助換気中の換気過剰、原因が不明な中枢神経異常、サリチル酸などの薬剤の中毒、 敗血症 (はいけつしょう)(菌が血中に入った状態)が原因としてあげられますが、日常生活での発症では、精神的な不安や心因性反応(ヒステリーなど)の場合がほとんどです。[medical.itp.ne.jp]

  • 呼吸性アシドーシス

    原因としては ① 低酸素血症 …A-Cブロック症候群、無気肺、肺塞栓、高地生活、高山病、うっ血性心不全、先天性心疾患(左右シャント) ② 心因性過呼吸 ③ 中枢神経障害 …くも膜下出血、呼吸中枢障害 ④ 代謝亢進 …発熱、甲状腺機能亢進症、貧血 ⑤ 肝硬変 ⑥ グラム陰性桿菌敗血症 ⑦ サリチル酸中毒 ⑧ 運動 などがあげられます。[guides.lib.kyushu-u.ac.jp] これは糖尿病性ケトアシドーシス、尿毒症、サリチル酸中毒、 敗血症 、 メタノール 、 アルコール中毒 、 アスピリン中毒 、乳酸アシドーシスである。 外因性 メタノール、 エチレングリコール 、 サリチル酸 、 パラアルデヒド による中毒で起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 血液量減少症

    サリチル酸誘導体 サリチル酸ナトリウム アスピリン サリチル酸誘導体毒性が発現するおそれがある。 腎の排泄部位において両剤の競合が起こり,サリチル酸誘導体の排泄が遅れサリチル酸中毒が起こる。 非ステロイド性消炎鎮痛剤 インドメタシン 本剤の利尿作用を減弱するおそれがある。[kegg.jp]

  • 感染性大腸炎

    三価ビスマスとサルチル酸塩の非溶解性複合体である次サリチル酸ビスマスは、軽度ないし中等度の症例に用いることができるが、理論上サルチル酸中毒を来たす可能性がある。 胃腸炎は年間ベースで全世界的に30億〜50億例が発症しており、そのうち140万例が死亡していると見積もられており、なかでも小児および発展途上国の住人の感染例が中心となっている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状