Create issue ticket

考えれる28県の原因 サシチョウバエ熱

  • サシチョウバエ熱

    ヨーロッパの地中海では、トスカーナウイルス(TOSV)、ナポリ型サシチョウバエウイルス(SFNV)、シチリア型サシチョウバエウイルス(SFSV)、キプロス型サシチョウバエウイルス(SFCV)がサシチョウバエによって感染します。[forth.go.jp] デング熱 やサシチョウバエに加えて、他のウィルス性出血熱(ラッサ熱や リフトバレー熱 、クリミア コンゴ 熱、 エボラ出血熱 、マールブルグ病、黄熱)も比較的徐脈を呈する。興味深いことに、 デング熱 や黄熱、ウ エス トナイルウィルスはすべて同じ RNA ウィルス属である。[uekent.hatenablog.com] み、貧血 治療しないと死亡率10% 40% サシチョウバエ(パパタシ) 中部および南アメリカ、アジア、ヨーロッパ(地中海沿岸)アフリカ サシチョウバエ 頭痛、発熱、吐き気、四肢や背中の痛み 生命に危険はない アフリカトリパノソーマ症(アフリカ睡眠病) アフリカ ツエツエバエ 刺された箇所が硬くふくらみ、発熱、リンパ腺が腫れ、胸や背に大きな[faminet.net]

  • 上気道感染症

    皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。サシチョウバエ属スナバエによって伝播される。わが国ではみられない。[biseibutu.co.jp]

  • 徐脈

    デング熱 やサシチョウバエに加えて、他のウィルス性出血熱(ラッサ熱や リフトバレー熱 、クリミア コンゴ 熱、 エボラ出血熱 、マールブルグ病、黄熱)も比較的徐脈を呈する。興味深いことに、 デング熱 や黄熱、ウ エス トナイルウィルスはすべて同じ RNA ウィルス属である。[uekent.hatenablog.com] 比較的徐脈は他にも、ある種のウィルス 感染症 ( デング熱 やサシチョウバエ)、リケッチア(アナプラズマ病やエーリキア症)、原虫 感染症 ( マラリア 、 バベシア症 、 シャーガス病 )そして レプトスピラ 症( スピロヘータ ) でもみられる。しかし ブルセラ症 では起こらない。ライム病では比較的徐脈が起こるかもしれない。[uekent.hatenablog.com]

  • 尿毒症性肺炎

    皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。サシチョウバエ属スナバエによって伝播される。わが国ではみられない。[biseibutu.co.jp]

  • ダニ媒介リケッチア症

    特に伝染性をもつのはヤブカ属の中でもシマカと呼ばれる蚊です) デング熱 リフトバレー チクングニア ジカウイルス感染症 Anopheles(ハマダラカ) マラリア リンパ系フィラリア症 Culex(イエカ) 日本脳炎 リンパ系フィラリア症 ウエストナイル サシチョウバエ リーシュマニア症 サシチョウバエ( phelebotomus[forth.go.jp] み、貧血 治療しないと死亡率10% 40% サシチョウバエ(パパタシ) 中部および南アメリカ、アジア、ヨーロッパ(地中海沿岸)アフリカ サシチョウバエ 頭痛、発熱、吐き気、四肢や背中の痛み 生命に危険はない アフリカトリパノソーマ症(アフリカ睡眠病) アフリカ ツエツエバエ 刺された箇所が硬くふくらみ、発熱、リンパ腺が腫れ、胸や背に大きな[faminet.net] カラアザール:長く続く、貧血 皮膚リーシマニア症:皮膚のできもの潰瘍が治らず進行することもある カラアザール:衰弱または他の感染でしぼう 皮膚リーシュマニア症:温帯地方に移ると自然に治癒することがある バルトネラ症(オロヤ) 南アメリカ(アンデス山脈西側600 3,000mの渓谷 サシチョウバエ 倦怠感、発熱、激しい頭痛、手足の骨の痛[faminet.net]

  • 緑膿菌敗血症

    皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。サシチョウバエ属スナバエによって伝播される。わが国ではみられない。[biseibutu.co.jp]

  • 髄膜転移

    皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。サシチョウバエ属スナバエによって伝播される。わが国ではみられない。[biseibutu.co.jp]

  • リーシュマニア症

    亜熱帯から熱帯地方の乾燥地帯にいる種類のものは、人に皮膚・リーシュマニア症や、サシチョウバエを媒介します。[faminet.net] サシチョウバエ類によって媒介される。原虫の種によって症状にかなりの差があり、ヒトでは主に内臓リーシュマニア症(カラアザール・黒熱病・ダムダム)と皮膚リーシュマニア症(東洋瘤腫・エスプンディア・チクレロ潰瘍)とに分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌感染症

    皮膚や粘膜に腫瘍状の丘疹が見られる発疹型(ペルー疣病)と発熱と溶血を伴う致命率の高い発熱型(オロヤ)の2病型に分けられる。発熱型では菌は赤血球に感染し、貧血、発熱、関節痛などを起こす。サシチョウバエ属スナバエによって伝播される。わが国ではみられない。[biseibutu.co.jp]

  • 皮膚リーシュマニア症

    亜熱帯から熱帯地方の乾燥地帯にいる種類のものは、人に皮膚・リーシュマニア症や、サシチョウバエを媒介します。[faminet.net]

さらなる症状