Create issue ticket

考えれる47県の原因 サイトメガロウイルス性大腸炎

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

  • サイトメガロウイルス性大腸炎

    タイトル 胃癌,心筋,サイトメガロウイルス大腸を合併した皮膚筋炎の1剖検例[iss.ndl.go.jp] その炎症が広がり「感染症を起こした状態」がサイトメガロウイルスです。つまり、潰瘍大腸サイトメガロウイルスが合併した状態は難治が高くなってしまいます。[medicalnote.jp] このウイルスに対しては抗ウイルス薬の ガンシクロビル が有効で、サイトメガロウイルス感染腸を併発した重症潰瘍大腸炎患者に対して投与することによって腸の炎症がすみやかに軽快し摘出手術の実施を回避できる例も多いようですので、重症潰瘍大腸患者に対するサイトメガロウイルス感染腸の早期の診断と適切な治療の実施が強く望まれます。[ibdhotnews.exblog.jp]

  • 感染性腸炎

    病原大腸菌腸サイトメガロウイルス、潰瘍大腸炎に合併した感染性腸炎など重要な疾患では4から6症例の多数の症例を提示しているのも親切だと感じました。[amazon.co.jp] 最近の学会でしばしば主題のテーマとして取り上げられている「潰瘍大腸に合併するサイトメガロウイルスなどの感染腸炎の診断と取り扱い」についても,独立した項目で解説されている。また,わが国では極めてまれなウイップル病やイソスポーラ症の症例も提示されている。[igaku-shoin.co.jp]

  • 感染性大腸炎

    病原大腸菌腸サイトメガロウイルス、潰瘍大腸炎に合併した感染性腸炎など重要な疾患では4から6症例の多数の症例を提示しているのも親切だと感じました。[amazon.co.jp] 最近の学会でしばしば主題のテーマとして取り上げられている「潰瘍大腸に合併するサイトメガロウイルスなどの感染腸炎の診断と取り扱い」についても,独立した項目で解説されている。また,わが国では極めてまれなウイップル病やイソスポーラ症の症例も提示されている。[igaku-shoin.co.jp] に合併した感染 1 潰瘍大腸に合併した細菌 2 潰瘍大腸に合併したサイトメガロウイルス腸炎 索引[igaku-shoin.co.jp]

  • 下痢

    考えられ,若年者で体重減少を伴う下痢が続くときはCrohn病などを考える.免疫不全状態や潰瘍大腸患者ではサイトメガロウイルスやClostridium difficileによる腸の合併も少なくない.中年以降で腹痛,体重減少などを伴う場合は大腸癌の可能を念頭におく.これらの場合は大腸,小腸の検査(内視鏡,生検,造影,CT)が有用.肝不全[kotobank.jp] することがある.また,骨髄移植後では腸のGVHD(graft-versus-host disease, 移植片対宿主病)による下痢も感染との鑑別が必要である. 2)慢性(反復性)下痢(表2-12-3): 慢性(反復性)下痢では過敏性腸症候群が多く,問診でだいたい見当がつくし,体重減少や発熱などの全身症状を欠く.血性下痢が慢性的に続くのは潰瘍性大腸などが[kotobank.jp]

  • 深在性嚢胞性大腸炎

    ・盲腸から上行結腸の炎症ポリポーシス(filiform polyposis) 第3節 感染症 ・広範な潰瘍を呈したサイトメガロウイルス ・パラチフス ・クラミジア直腸炎 ・サルモネラ腸炎 ・ランブル鞭毛虫症 ・大腸にびまん炎症が認められたカンピロバクター腸炎 ・超結核による回盲部潰瘍 ・成人T細胞白血病に合併した大腸糞線虫症 関連症例[m-review.co.jp] したNSAIDs起因性腸炎 ・S状結腸切除術後に発症した腸間膜脂肪織炎 ・非ステロイド抗炎症剤(NSAIDs)による薬剤性腸炎 ・Crohn病と鑑別を要した潰瘍性大腸炎 ・潰瘍性大腸炎と鑑別を要したCrohn病 ・潰瘍性大腸炎にみられた巨大炎症性ポリポーシス 関連症例 ・虚血性腸炎を合併した腸間膜脂肪織炎 ・大腸結核と鑑別の困難であった潰瘍大腸[m-review.co.jp]

  • 偽膜性大腸炎

    最近の学会でしばしば主題のテーマとして取り上げられている「潰瘍大腸に合併するサイトメガロウイルスなどの感染腸炎の診断と取り扱い」についても,独立した項目で解説されている。また,わが国では極めてまれなウイップル病やイソスポーラ症の症例も提示されている。[igaku-shoin.co.jp]

  • 有痛性青股腫

    腸間膜炎症性静脈閉塞病 mesenteric inflammatory veno-occlusive disease Mesenteric inflammatory veno-occlusive disease(MIVOD) ・病理:静脈のみで動脈の所見がなし —血管や膠原病との鑑別 ・小腸、大腸の区域。 ・治療:外科的切除。[trc-rad.jp] 予後良好 ・原因:不明 —薬剤性、サイトメガロウイルス感染、高リン脂質症候群 【結腸静脈疾患】 ・Idiopathic myointimal hyperplasia of the mesenteric veins —非常にまれ —静脈筋内膜肥厚による区域性の腸管虚血病変を誘因 —MIVOD 患者の一部に筋内膜肥厚がみられ、一連の疾患の可能性[trc-rad.jp]

  • 有痛性青股腫

    腸間膜炎症性静脈閉塞病 mesenteric inflammatory veno-occlusive disease Mesenteric inflammatory veno-occlusive disease(MIVOD) ・病理:静脈のみで動脈の所見がなし —血管や膠原病との鑑別 ・小腸、大腸の区域。 ・治療:外科的切除。[trc-rad.jp] 予後良好 ・原因:不明 —薬剤性、サイトメガロウイルス感染、高リン脂質症候群 【結腸静脈疾患】 ・Idiopathic myointimal hyperplasia of the mesenteric veins —非常にまれ —静脈筋内膜肥厚による区域性の腸管虚血病変を誘因 —MIVOD 患者の一部に筋内膜肥厚がみられ、一連の疾患の可能性[trc-rad.jp]

  • 乏尿性急性腎不全

    血清β2MG 1) 高値になる場合 ・腎排泄低下:糸球体疾患、慢性腎不全(GFR50ml/min以下) ・産生亢進:悪性腫瘍(多発性骨髄腫、白血病、悪性リンパ腫、肝細胞癌 肺癌、大腸癌、乳癌など)、感染症(AIDS、肝炎ウイルス、EBウイルス サイトメガロウイルスなど)、自己免疫疾患(全身エリテマトーデス SLE、関節リウマチ、Sjogren[ibaraisikai.or.jp] 症候群、血管など)、その他炎症性疾 患(クローン病、潰瘍性大腸炎など) 3.[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状