Create issue ticket

考えれる18県の原因 コーラ色の尿, 球体糖尿病, 生検腎の異常

つまり: コーラ色の尿,, 糖尿病, 生検腎の異常

  • 糸球体腎炎

    急性糸球体腎炎では風邪などの 炎症が治った後 に起こりますが、慢性糸球体炎では 炎症の最中 に検尿異常などの症状が現れる場合がほとんどです。 とにかく により診断する必要があります。慢性糸球体腎炎の中で急性腎炎症候群を呈する疾患は様々ですが、最も多いのは IgA症 です。[plaza.umin.ac.jp] とくに風邪や下痢に引き続いて、コーラ尿がでるような経験が、何回かあれば、この病気が疑われます。 IgA腎症は早期に発見して治療すれば尿所見は正常化 し、進行を抑えられるため、早期診断と治療が大切です。発症しやすい年齢は10歳代と40歳代です。[kmu.ac.jp] 以上のような原発性糸球体疾患のほかにも、 糖尿 、 全身性エリテマトーデス 、紫斑病、 アミロイドーシス 、血管炎など様々な疾患で糸球体や腎臓に障害を生じます。詳しくは最寄の医療機関で相談してください。様々な民間療法があるようですが、科学的に効果が証明されるものは全くありませんので、変な話は信用せずに主治医と相談してください。[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 慢性糸球体腎炎

    で組織を確認しなくても、血尿(けつにょう)などの尿の異常が1年以上続いたときは、慢性糸球体炎と考えることもありますが、いずれにしろ治りにくい腎炎の総称であるといえます。 子どもによくみられる慢性糸球体腎炎の病型には、大きく分けるとつぎのようなものがあります。[kotobank.jp] 慢性糸球体腎炎、糖尿性腎症によるものが透析導入の2大原因疾患です。特に、糖尿性腎症が最近顕著に増加していますが、今日は慢性糸球体腎炎の話をします。 この慢性糸球体腎炎の半分以上の病気は、IgA腎症で、体の外敵から守る、体にとって大切なタンパク(免疫ブログリン)であるIgAが糸球体のメサン ギウムに沈着して炎症を起こす病気です。[meiyokai.or.jp] とくに風邪や下痢に引き続いて、コーラ尿がでるような経験が、何回かあれば、この病気が疑われます。 IgA腎症は早期に発見して治療すれば尿所見は正常化 し、進行を抑えられるため、早期診断と治療が大切です。発症しやすい年齢は10歳代と40歳代です。[kmu.ac.jp]

  • 腎糸球体疾患

    急性糸球体腎炎では風邪などの 炎症が治った後 に起こりますが、慢性糸球体炎では 炎症の最中 に検尿異常などの症状が現れる場合がほとんどです。 とにかく により診断する必要があります。慢性糸球体腎炎の中で急性腎炎症候群を呈する疾患は様々ですが、最も多いのは IgA症 です。[plaza.umin.ac.jp] 数週から数か月で腎不全が進行し大半の糸球体が破壊された結果、末期腎不全に至ります。 糖尿性腎症は糖尿の合併症です。糖尿性腎症の場合、急に尿が出なくなるのではなく、段階を経て病気が進行します。[zjk.or.jp] 症状 ゆっくりと時間をかけて腎機能が低下していくため、長期間、自覚症状がほとんどなく、健診などの尿検査がきっかけとなってわかる場合がほとんどです。風邪をひくとコーラ尿が出ることもあります。 他の疾患に比べると多くはありませんが、ネフローゼ症候群を伴う場合もあります。[jinentai.com]

  • 遺伝性腎炎

    自己免疫疾患 全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、関節リウマチ、ANCA関連血管炎、紫斑病性炎など、膠原病の多くでは検尿異常機能障害を伴います。が治療の決め手になることもあります。これらの病気にかかっていて、検尿異常機能低下が気になるときには、主治医としっかり相談してください。[shimonosekicity-hosp.jp] 糖尿腎症 糖尿の重大な合併症の1つで、続発性(二次性)糸球体疾患の代表的なものです。長く続いた高血糖によって腎臓の毛細血管がもろくなり、血液中のたんぱく質が外部に漏れてたんぱく尿が出るなど、最終的には尿をつくる機能が停止してしまいます。糖尿では腎症を発症させないことが肝腎です。[asahikasei-pharma.co.jp] ふつうは見た目では尿に血液が混じっていることは分からず、尿検査で初めて血尿を指摘されます。しかし、風邪を引いた際に肉眼的血尿と呼ばれる赤またはコーラ尿が出ることがあります。年齢とともに蛋白尿を認めはじめ、非常にゆっくりした経過で末期腎不全へと進行することがあります。[nanbyou.or.jp]

  • 腎機能障害

    がもっともしっかりした検査になります。 治療について 炎は何らかの免疫的な異常によって起きていると考えられており、治療はステロイド剤がよく用 いられます。最近では、IgA腎症の発症原因に扁桃腺炎が関与しているという説が唱えられており、扁桃摘出手術とあわせてステロイド剤を投与するという治 療法が提唱されています。[min-iren.gr.jp] 慢性腎臓の原因として多いのは、糖尿による糖尿性腎症、慢性糸球体腎炎、高血圧による腎硬化症(じんこうかしょう)、遺伝性疾患である多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)などの病気です。慢性糸球体腎炎が疑われ、蛋白尿の量が多い場合などでは、 腎生検 を行うことがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 自覚症状は、手の指、顔、足のすねや甲などのむくみや尿の変化などがあります。尿が異常に泡立っていたり、血が混じっていたり(コーラのようなになる)すれば要注意です。疲れやすさを伴うこともあります。[asahikasei-pharma.co.jp]

  • 急性腎炎

    急性糸球体腎炎では風邪などの 炎症が治った後 に起こりますが、慢性糸球体炎では 炎症の最中 に検尿異常などの症状が現れる場合がほとんどです。 とにかく により診断する必要があります。慢性糸球体腎炎の中で急性腎炎症候群を呈する疾患は様々ですが、最も多いのは IgA症 です。[plaza.umin.ac.jp] 数週から数か月で腎不全が進行し大半の糸球体が破壊された結果、末期腎不全に至ります。 糖尿性腎症は糖尿の合併症です。糖尿性腎症の場合、急に尿が出なくなるのではなく、段階を経て病気が進行します。[zjk.or.jp] 腎臓病は自覚症状がないことが多いのですが、「赤い尿」、「コーラ尿」、「紅茶のような色の尿」といった目で見てわかる血尿(肉眼的血尿)や「むくみ」で気付かれることも少なくありません。[takeda.or.jp]

  • 腎アミロイド症

    疾患の診療を行なっています 急性糸球体腎炎、慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、遺伝性腎疾患(アルポート症候群、ギッテルマン症候群など)、IgG4関連腎症、膠原病(ループス腎炎など)、腎アミロイドーシス IgA腎症に対するステロイドパルス 扁摘術療法 多発性嚢胞腎に対するV2受容体拮抗薬(トルバプタン、商品名:サムスカ)療法 [uoeh-u.ac.jp] 炎症や感染を原因とする(原発性)の疾患 急性/慢性(糸球体)腎炎 急速進行性(糸球体)腎炎 尿細管間質性腎炎 腎盂腎炎(急性・慢性) 膀胱炎 生活習慣やその他の病気に起因する(続発性)の疾患 糖尿   糖尿性腎症 高血圧   腎硬化症 肝臓病   膜性増殖性糸球体腎炎・肝性糸球体硬化症 膠原   ループス腎炎 痛風などの代謝疾患   [kyoto.hosp.go.jp] 初期は無症状で、学校検尿および職域検尿でたんぱく尿または血尿で発見されます。急性上気道感染症(風邪など)を伴った場合には、肉眼的血尿(コーラの血尿)が見られることもあります。IgA腎症の患者さんで、病気がどのように進行して行くか(予後といいます)については、腎生検での組織所見と尿所見の程度によってある程度予想できます。[kidneydirections.ne.jp]

  • 膜性糸球体腎炎

    診断には腎臓に針を刺す「」という検査が必要となります。小児から若年者におこることが多い膜性増殖性糸球体炎は、補体活性の調節異常が原因のことが多く、補体の異常によるものはC3腎症と呼ばれています。成人におこる膜性増殖性糸球体腎炎の半数以上は、C型肝炎患者などに見られる二次的なものです。[jsn.or.jp] 症状 ゆっくりと時間をかけて腎機能が低下していくため、長期間、自覚症状がほとんどなく、健診などの尿検査がきっかけとなってわかる場合がほとんどです。風邪をひくとコーラ尿が出ることもあります。 他の疾患に比べると多くはありませんが、ネフローゼ症候群を伴う場合もあります。[jinentai.com] 代表的な慢性糸球体腎炎には次のような病気があります: 微小変化群 IgA腎症 膜性増殖性糸球体腎炎 膜性腎症 巣状糸球体硬化症 など 糖尿性腎症 糖尿に由来する腎臓です。現在、透析患者さんの導入原因の第一位(約40%)を占めています。[kidneydirections.ne.jp]

  • 放射線腎炎

    急性・慢性不全 診療実績(平成28年度) 腎:40例/年、血液透析導入:36人/年、 IgA腎症に対する扁摘 ステロイドパルス療法:2人/年 血液浄化法総数:1,002人・回/年、うち、血液透析は973人・回/年 入院病棟・病床 透析病床7床、入院病床39床(但し内分泌腎臓内科病床として) 特殊検査 エコーガイド下腎生検、レノグラム[chp.toyonaka.osaka.jp] 本能的・二次性高血圧症、慢性腎臓(CKD)、急性・慢性糸球体腎炎(IgA腎症)、糖尿性腎臓病(DKD)、腎硬化症、痛風腎、多発性嚢胞腎、ネフローゼ症候群、尿細管障害・間質性腎炎、電解質異常、急性腎障害(AKI)・慢性腎不全(血液・腹膜透析を含む)、腎性貧血、腎性骨ジストロフィー。[juntendo.ac.jp] とくに風邪や下痢に引き続いて、コーラ尿がでるような経験が、何回かあれば、この病気が疑われます。 IgA腎症は早期に発見して治療すれば尿所見は正常化 し、進行を抑えられるため、早期診断と治療が大切です。発症しやすい年齢は10歳代と40歳代です。[kmu.ac.jp]

  • 感染後糸球体腎炎

    がもっともしっかりした検査になります。 治療について 炎は何らかの免疫的な異常によって起きていると考えられており、治療はステロイド剤がよく用 いられます。最近では、IgA腎症の発症原因に扁桃腺炎が関与しているという説が唱えられており、扁桃摘出手術とあわせてステロイド剤を投与するという治 療法が提唱されています。[min-iren.gr.jp] 糖尿腎症 糖尿の重大な合併症の1つで、続発性(二次性)糸球体疾患の代表的なものです。長く続いた高血糖によって腎臓の毛細血管がもろくなり、血液中のたんぱく質が外部に漏れてたんぱく尿が出るなど、最終的には尿をつくる機能が停止してしまいます。糖尿では腎症を発症させないことが肝腎です。[asahikasei-pharma.co.jp] 症状 ゆっくりと時間をかけて腎機能が低下していくため、長期間、自覚症状がほとんどなく、健診などの尿検査がきっかけとなってわかる場合がほとんどです。風邪をひくとコーラ尿が出ることもあります。 他の疾患に比べると多くはありませんが、ネフローゼ症候群を伴う場合もあります。[jinentai.com]

類似した症状