Create issue ticket

考えれる141県の原因 コーヒー残渣様嘔吐, 赤血球減少

  • 慢性腎不全
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 消化管出血

    胃腸出血(いちょうしゅっけつ)または消化管出血(しょうかかんしゅっけつ)は、口から肛門までの消化器官の出血。短時間に大量の血液を消化器官から出血した場合、吐血、コーヒー残渣吐血、血便、黒色血便などの症状がある。 長期間の少量の出血は鉄欠乏性貧血による疲労感や狭心症などの症状がある。 その他の症状は腹痛、息苦さ、顔面蒼白、失神などがある。少量の出血の場合、症状がない場合もある。 胃腸出血は一般的に上部消化管出血と下部消化管出血の2つのタイプに分かれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 上部消化管出血
  • 播種性血管内凝固症候群

    末梢血塗沫標本 破砕赤血球出現 : ただし、破砕赤血球はDICに特徴的という訳ではない。むしろ、血栓性血小板減少性紫斑病、溶血性尿毒症症候群などで特徴的である。 診断 [ 編集 ] DIC 診断については、 厚生省 の診断基準(前川ら、1988年)を用いて行う。急性期DIC診断基準も公表されているが、血液疾患には適応できない。[ja.wikipedia.org]

  • 横隔膜ヘルニア
  • 消化性潰瘍

    黒色便・吐血胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は血液が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、食道静脈瘤・マロリー・ワイス症候群等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 壊血病

    壊血病(かいけつびょう、英: scurvy、独: Skorbut)は、出血性の障害が体内の各器官で生じる病気でビタミンC欠乏状態が数週間から数カ月続くと症状が出現する。成人と小児では症状が異なる。 ビタミンCの欠乏によって生じる。ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織の生成と保持に障害を受ける。これがさらに血管等への損傷につながることが原因である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    造血細胞は赤血球を作ろうと努力はするが何らかの原因でうまく行かず、正常な赤血球を十分に作れない。 造血細胞の減少 ..... 造血細胞の数が減少赤血球産生能力が低下する。 その他 ..... 造血因子(エリスロポエチンなど)の減少や低栄養で造血細胞の意欲が低下する。赤血球の喪失には 出血 .....[ja.wikipedia.org] 赤血球は血流に乗って全身を巡り、赤血球内部に充満しているヘモグロビンを使って酸素を全身に運ぶ働きをしており、赤血球数が減少したり赤血球が小さくなることでヘモグロビンが足りなくなると十分な酸素を運ぶには血流量自体を増やしたり、呼吸量を増やすことで代償しなくてはならない。すなわち、動悸・息切れがみられる。[ja.wikipedia.org] 医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。[ja.wikipedia.org]

    不足: コーヒー残渣様嘔吐

さらなる症状