Create issue ticket

考えれる15県の原因 コーヒー残渣様嘔吐, 夜間の胸やけ

  • 胃潰瘍

    一方、十二指腸潰瘍では夜間に痛みを感じることもあります。 そのほか、吐き気ややけを感じることもあります。潰瘍から出血すると、嘔吐物や、便に血液がまじってきます。嘔吐物にまじった血液は、少量のときは黒いススのようにみえます。大量の出血の際は出血した血液をそのまま嘔吐する吐血になります。便に出るときは黒い便になってきます。[jsge.or.jp] 黒色便 ・ 吐血 胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は 血液 が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、 食道静脈瘤 ・ マロリー・ワイス症候群 等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 十二指腸潰瘍
  • 消化性潰瘍

    一方、十二指腸潰瘍では夜間に痛みを感じることもあります。 そのほか、吐き気ややけを感じることもあります。潰瘍から出血すると、嘔吐物や、便に血液がまじってきます。嘔吐物にまじった血液は、少量のときは黒いススのようにみえます。大量の出血の際は出血した血液をそのまま嘔吐する吐血になります。便に出るときは黒い便になってきます。[jsge.or.jp] 黒色便・吐血胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は血液が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、食道静脈瘤・マロリー・ワイス症候群等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org] 症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 横隔膜ヘルニア

    UMIN試験ID UMIN000012395 最終情報更新日: 2016年4月7日 登録日:2013年11月25日 基本情報 進捗状況 一般募集中 対象疾患 胎児先天性横隔膜ヘルニア 試験開始日(予定日) 2013-11-25 目標症例数 10 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 介入 試験の内容 介入1 子宮壁の血管のない部位から直径4 mmの外套(Cook社)を超音波ガイド下に経母体腹壁的に胎児の羊水腔に挿入する。挿入した外套にバルーンを挿入するためのチャンネルを有した胎児鏡(Karl[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 閉塞を伴う十二指腸潰瘍

    黒色便 ・ 吐血 胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は 血液 が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、 食道静脈瘤 ・ マロリー・ワイス症候群 等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org] 症状には吐血(鮮血または「コーヒー嘔吐);血性便(血便)または黒色タール便(黒色便)の排出;失血による筋力低下,起立性低血圧,失神,口渇,発汗などがある。 穿通(被覆穿孔) 消化性潰瘍は胃壁を穿通することがある。その際,癒着によって腹腔内への漏出が阻止されると,遊離穿孔は回避され,被覆穿孔が生じる。[msdmanuals.com] 症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 食道炎

    症状 詳細な症状 考えられること(可能性) 対応 胸痛 飲み込む時に痛い 食道炎、食道癌 受診をお薦めします 脊髄から肋骨にかけて痛い 痛む部位は限局的で、時間は短い 肋間神経痛 受診をお薦めします 発作的で、痛みは持続しない(6分内) の不快感や苦しさを伴う 狭心症 受診をお薦めします げっぷ、胃もたれ, 胃痛、吐き気 突然、差し込む様[self-medication.ne.jp] に強く痛む 夜間、空腹時に見られ、食事で楽になる 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 受診をお薦めします 食べ過ぎて吐き気がする 過食で消化不良 胃腸薬 (消化薬、消化管運動調整薬) 咳 発熱、発疹を伴う はしか等の感染症 受診をお薦めします 耳、喉の痛み 耳の奥や喉、顔が痛い 神経痛(舌咽、三叉、迷走) 受診をお薦めします 耳の痛み、発熱、聴力低下 急性中耳炎[self-medication.ne.jp]

  • 急性胃炎

    主な症状は、空腹時や夜間やけ、食欲不振、食後のむかつき、胃のもたれなどですが、いずれも慢性胃炎に特有なものではなく、胃潰瘍や胃癌でも同様の症状がみられます。しかし、症状が全くみられないこともあります。 原因としては、暴飲暴食(特にアルコール飲料の飲みすぎ)、医薬品(非ステロイド系消炎鎮痛薬など)、化学的毒物、ストレスなどがあります。[myclinic.ne.jp] 症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 慢性胃炎 空腹時や夜間やけ、食欲不振、食後のむかつき、胃のもたれなど。いずれも慢性胃炎に特有なものではなく、胃潰瘍や胃癌でも同様の症状がみられる。しかし、症状が全くみられないこともある。 原因 感染性胃炎の場合、細菌・寄生虫などが原因。 また感染性胃炎の多くは、ヘリコバクター・ピロリ感染症である。[fdoc.jp]

  • 胃炎

    主な症状は、空腹時や夜間やけ、食欲不振、食後のむかつき、胃のもたれなどですが、いずれも慢性胃炎に特有なものではなく、胃潰瘍や胃癌でも同様の症状がみられます。しかし、症状が全くみられないこともあります。 原因としては、暴飲暴食(特にアルコール飲料の飲みすぎ)、医薬品(非ステロイド系消炎鎮痛薬など)、化学的毒物、ストレスなどがあります。[myclinic.ne.jp] 症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • びらん性胃炎

    主な症状は、空腹時や夜間やけ、食欲不振、食後のむかつき、胃のもたれなどですが、いずれも慢性胃炎に特有なものではなく、胃潰瘍や胃癌でも同様の症状がみられます。しかし、症状が全くみられないこともあります。 原因としては、暴飲暴食(特にアルコール飲料の飲みすぎ)、医薬品(非ステロイド系消炎鎮痛薬など)、化学的毒物、ストレスなどがあります。[myclinic.ne.jp] 症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 薬物性胃炎

    主な症状は、空腹時や夜間やけ、食欲不振、食後のむかつき、胃のもたれなどですが、いずれも慢性胃炎に特有なものではなく、胃潰瘍や胃癌でも同様の症状がみられます。しかし、症状が全くみられないこともあります。 原因としては、暴飲暴食(特にアルコール飲料の飲みすぎ)、医薬品(非ステロイド系消炎鎮痛薬など)、化学的毒物、ストレスなどがあります。[myclinic.ne.jp] 症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 慢性胃炎 空腹時や夜間やけ、食欲不振、食後のむかつき、胃のもたれなど。いずれも慢性胃炎に特有なものではなく、胃潰瘍や胃癌でも同様の症状がみられる。しかし、症状が全くみられないこともある。 原因 感染性胃炎の場合、細菌・寄生虫などが原因。 また感染性胃炎の多くは、ヘリコバクター・ピロリ感染症である。[fdoc.jp]

さらなる症状