Create issue ticket

考えれる16県の原因 コーヒー残渣様嘔吐, 吐血

  • 食道炎
  • 消化管出血

    吐血と区別が必要な症候に喀血がある。喀血が気道出血であるのに対して、吐血は消化管出血である。吐血の場合、胃潰瘍などによる胃あるいは十二指腸からの出血で、血液が胃液による酸化を受けて黒色となる。コーヒーの滓に似ており「コーヒー残渣様」と表現される。コーヒー残渣様吐物(coffee-ground emesis)は吐血で特徴のある所見である。[ja.wikipedia.org] 短時間に大量の血液を消化器官から出血した場合、吐血、コーヒー残渣吐血、血便、黒色血便などの症状がある。 長期間の少量の出血は鉄欠乏性貧血による疲労感や狭心症などの症状がある。 その他の症状は腹痛、息苦さ、顔面蒼白、失神などがある。少量の出血の場合、症状がない場合もある。[ja.wikipedia.org] 喀血と吐血の区別がつかない場合は呼吸器と消化器の両方の精査が必要である。 吐血、メレナが認められた場合は、まずは窒息の可能性がないかを評価する。吐物による閉塞が酷い場合は気管内挿管を考慮する。その後血圧にて循環動態の評価をする。静脈路確保や輸液を行う。[ja.wikipedia.org]

  • 血小板減少症
  • 慢性腎不全
  • 消化性潰瘍

    黒色便・吐血胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は血液が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、食道静脈瘤・マロリー・ワイス症候群等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org] 黒色便・吐血胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー残渣様嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は血液が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、食道静脈瘤・マロリー・ワイス症候群等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 急性胃炎

    胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    典型例では、微小血栓による循環不全( 腎不全 、 肺塞栓 による 呼吸困難 ・ チアノーゼ 、 ショック など)、凝固因子・血小板減少や線溶活性化による出血症状( 粘膜 出血、止血不良、 脳出血 、 皮下出血 、 吐血 など)、中枢神経症状(意識障害、 痙攣 、 昏睡 )、臓器虚血( 多臓器不全 )がみられる。[ja.wikipedia.org]

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 食道静脈瘤

    静脈瘤が破裂すると大量の 吐血 が起こり、出血量が多くなると ショック をきたす。また、黒色便がみられることもある。 肝硬変 が原因の場合、出血が止まりにくいので特に注意が必要となる。 合併症 [ 編集 ] 門脈圧亢進症の症状が見られる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状