Create issue ticket

考えれる10県の原因 コーヒー残渣様嘔吐, 便潜血陽性

  • 食道炎
  • 急性胃炎

    胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 消化管出血

    胃腸出血(いちょうしゅっけつ)または消化管出血(しょうかかんしゅっけつ)は、口から肛門までの消化器官の出血。短時間に大量の血液を消化器官から出血した場合、吐血、コーヒー残渣吐血、血便、黒色血便などの症状がある。 長期間の少量の出血は鉄欠乏性貧血による疲労感や狭心症などの症状がある。 その他の症状は腹痛、息苦さ、顔面蒼白、失神などがある。少量の出血の場合、症状がない場合もある。 胃腸出血は一般的に上部消化管出血と下部消化管出血の2つのタイプに分かれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 上部消化管出血
  • 横隔膜ヘルニア
  • 消化性潰瘍

    黒色便・吐血胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は血液が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、食道静脈瘤・マロリー・ワイス症候群等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • 食道静脈瘤

    食道静脈瘤 (しょくどう・じょうみゃくりゅう、Esophageal varix(単数) / 複数は varices )とは、主に 食道 粘膜下層の 静脈 が拡張・蛇行し、瘤状に隆起して静脈瘤を形成したものを指す。 定義(概念) [ 編集 ] 食道粘膜下層の静脈の拡張により、肉眼的に粘膜が瘤状に隆起しているのが認められる疾患である。 病態 [ 編集 ] 門脈圧亢進 により本来であれば 門脈 に流入するはずの静脈血が側副血行路を流れるようになるために発生する。 原因 [ 編集 ][…][ja.wikipedia.org]

  • 壊血病

    壊血病(かいけつびょう、英: scurvy、独: Skorbut)は、出血性の障害が体内の各器官で生じる病気でビタミンC欠乏状態が数週間から数カ月続くと症状が出現する。成人と小児では症状が異なる。 ビタミンCの欠乏によって生じる。ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織の生成と保持に障害を受ける。これがさらに血管等への損傷につながることが原因である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 黄熱病

    このページは下記のURLに移転しました。 自動的に切り替わらない場合は下記のアドレスへ 移動をお願いいたします。[www0.nih.go.jp]

さらなる症状