Create issue ticket

考えれる35県の原因 コーヒー残渣様嘔吐, 上腹部痛

  • 消化管出血

    コーヒー嘔吐がみられ,度重なる嘔吐の末にマロリーワイス症候群となったというケースもある。また,頭蓋内出血による脳圧亢進や腸閉塞などでもコーヒー嘔吐がみられる場合がある。ほかには,鼻出血,大動脈腸管瘻,脳動静脈奇形(AVM),腫瘍,Boerhaave症候群(特発性食道破裂)などもまれではあるが考えられる。[igaku-shoin.co.jp] 1 か月前から空腹時に腹部の不快感が出現するようになったが食事により軽快するので放置していた。昨夜、飲酒後に腹部が出現したがそのまま入眠した。本日、起床時に血液が混入したコーヒー残渣様物質を多量に嘔吐したため救急車で来院した。意識は清明。脈拍は仰臥位で 90/ 分、整、坐位で 114/ 分、整。[kanazawa-med.ac.jp] 吐血の場合,血液が多量に出たとき以外は,血液のヘモグロビンが胃液の酸により塩酸ヘマチンとなり,黒褐色になったりコーヒーになって嘔吐される。… ※「消化管出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp]

  • 胃疾患

    少量の出血の場合にはコーヒーの吐物が、また出血が多い場合には新鮮血の嘔吐や真っ黒な便であるタール便を認めます。この場合は緊急で内視鏡による検査、治療が必要となります。また幽門部や十二指腸球部に潰瘍がある場合は、浮腫や引きつれにより同部に狭窄が出現し、強い悪心、嘔吐を認めます。[seiyuukai.or.jp] 症状 胃がんの症状で多いのが腹部です。胃部の膨満感や不快感、食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけなどの様々な症状がありますが、これらは胃がん特有の症状ではありません。胃潰瘍などによってもみられます。がんが進行することで体重減少、貧血症状(立ちくらみや息切れ)、黒色便などの症状が現れます。[dokkyo-srg1.jp]

  • 十二指腸潰瘍
  • 消化性潰瘍

    黒色便・吐血胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は血液が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、食道静脈瘤・マロリー・ワイス症候群等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org] 症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 典型的な症状は、時折起こる激しい腹部、食欲不振、体重減少を含む。痛みは通常食後 2-5 時間、あるいは空腹時に起こる。消化性潰瘍の原因として、最もよく見られるのはピロリ菌の感染と非ステロイド系抗炎症薬 (NSAIDs) の服用である。喫煙は潰瘍再発の危険性を増し、治癒を遅らせる。[genome.jp]

  • 胃潰瘍

    黒色便 ・ 吐血 胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は 血液 が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、 食道静脈瘤 ・ マロリー・ワイス症候群 等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org] 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状 自覚症状で最も多くみられるのは腹部です。食後少し経ってからや空腹時によくみられ、特に夜間にしばしば起こります。何か物を食べると少し痛みがおさまるといった症状もあります。十二指腸潰瘍では、腹部に加えて、背中の痛みをきたすこともあります。そのほか、むねやけ、吐き気、嘔吐などがみられることがあります。[yamatoclinic.com] 主な症状は腹部、吐血や下血も 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の主な症状は腹部である。痛む場所が中心 左側で食後三十分程度続くのは胃潰瘍、中心 右側で空腹時に痛みを感じるのが十二指腸潰瘍に多くみられる症状だ。しかし例外も多く、膵炎や胆石症、胆のう炎など他の疾患の疑いもあるため注意が必要という。[dohkohkai.or.jp]

  • 急性胃炎

    症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 急性に発症する腹部および悪心・嘔吐を伴う病態で、急性胃炎の頻度は実際には多くない。胆石疾患、急性膵炎、虫垂炎、心筋梗塞などの鑑別が重要である。 〇 上腹部症状の性質と重篤度に応じて下記の検査を施行する。[clinicalsup.jp] 吐き気、腹部などが強い場合は、急性胃炎に準じて制酸剤やH2ブロッカーなどが投与されます。 (C)法研 「慢性胃炎」に関連する記事 シリーズ[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 胃炎

    症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 慢性胃炎の症状は様々で、くり返す、あるいは持続する腹部不快感・重圧感、心窩部、悪心・嘔吐、腹部膨満感、胃もたれ感、食欲不振が現われます。 なかでも多い症状は、腹部不快感、心窩部、腹部膨満感で、多くの場合、これらの症状が重複して現われます。[nakata-cl.jp] 胃炎 急性胃炎は腹部、吐き気、胸焼けなどの症状が、急に起こります。原因は鎮痛薬、アルコールやストレスなどがあります。通常、数日間胃薬を服用する事で軽快します。 慢性胃炎は胃もたれや鈍痛、上腹部膨満感といった症状がみられこともありますが、無症状で内視鏡検査で指摘されることもあります。原因のほとんどはピロリ菌感染です。[funabashi-clinic.jp]

  • 上部消化管出血

    コーヒー嘔吐がみられ,度重なる嘔吐の末にマロリーワイス症候群となったというケースもある。また,頭蓋内出血による脳圧亢進や腸閉塞などでもコーヒー嘔吐がみられる場合がある。ほかには,鼻出血,大動脈腸管瘻,脳動静脈奇形(AVM),腫瘍,Boerhaave症候群(特発性食道破裂)などもまれではあるが考えられる。[igaku-shoin.co.jp] 上部消化管(食道・胃・十二指腸)症例報告 ①50歳台 女性 腹部の重い痛みが続いており、上部消化管内視鏡施行。 胃角部(潰瘍の出来やすい部位)に比較的大きな潰瘍が認められました。 抗潰瘍薬(プロトンポンプ阻害剤)を服用して速やかに症状がとれました。 ピロリ菌陽性のため、今後除菌治療の内服薬にて治療する予定です。[yoshizawaclinic.com] 吐血の場合,血液が多量に出たとき以外は,血液のヘモグロビンが胃液の酸により塩酸ヘマチンとなり,黒褐色になったりコーヒーになって嘔吐される。… ※「消化管出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp]

  • 形成性胃炎

    症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 胃炎とは胃粘膜における炎症性変化を示し,炎症の経過により急性胃炎と慢性胃炎を区別する.H.pyloriの発見以前は自己免疫性胃炎をのぞいてその病因が明らかではなかった.急性胃炎の内視鏡的所見として,組織学的な急性炎症を反映する,発赤,びらん,浮腫,出血などの粘膜変化が観察される.突然の腹部,嘔吐,出血などで発症し,内視鏡的に急性胃炎の所見[ichikawa.org] I章 症候から診断へ 食欲不振・体重減少 (近藤 隆,三輪洋人) 嚥下障害 (八木健二,河合 隆) 胸やけ・胸背部 (石村典久) 吐血 (佐藤丈征,八木健二,河合 隆) 腹部膨満・悪心・嘔吐 (瀬川 誠,坂井田 功) 腹部 (桑田直子,河合 隆) 下腹部痛 (市川仁志,金井隆典) 黄疸 (廣田衛久,下瀬川 徹) 便通異常 (正岡建洋,[rr2.nakayamashoten.co.jp]

  • 黄熱病

    感染期,緩解期,中毒期の3段階に分けられる臨床経過が特徴的である.突然の発熱で発症し,悪寒,倦怠感,頭痛,腰背部痛,筋肉痛,悪心,嘔吐を伴う.この時期(感染期)は3 4日間続きウイルス血症が認められる.これらの症状はいったん消失し2 24時間の緩解期となる.患者によってはこのまま症状が消失し回復する.典型例では緩解期に続き,発熱,悪心,嘔吐,腹部[kotobank.jp]

さらなる症状