Create issue ticket

考えれる12県の原因 コーヒー残渣様嘔吐, ヘモグロビン減少

  • 慢性腎不全

    また、ヘモグロビン、ヘマトクリットなどが減少し、貧血を示すようになります。 なお、尿検査と血液検査では、おおよその腎臓の機能の状態がわかりますが、正確な診断のために画像診断が行われます。画像診断には、様々な種類があり、尿検査や血液検査、問診の所見をもとに最も適切な方法が選ばれます。[asahikasei-pharma.co.jp]

  • 消化管出血

    コーヒー嘔吐がみられ,度重なる嘔吐の末にマロリーワイス症候群となったというケースもある。また,頭蓋内出血による脳圧亢進や腸閉塞などでもコーヒー嘔吐がみられる場合がある。ほかには,鼻出血,大動脈腸管瘻,脳動静脈奇形(AVM),腫瘍,Boerhaave症候群(特発性食道破裂)などもまれではあるが考えられる。[igaku-shoin.co.jp] 本日、起床時に血液が混入したコーヒー物質を多量に嘔吐したため救急車で来院した。意識は清明。脈拍は仰臥位で 90/ 分、整、坐位で 114/ 分、整。血圧は仰臥位で 134/78mmHg 、坐位で 116/66 。腸雑音はやや亢進しているが腹部に圧痛を認めない。尿量 15ml/1 時間。血液所見 : 赤血球 446 万。[kanazawa-med.ac.jp] 吐血の場合,血液が多量に出たとき以外は,血液のヘモグロビンが胃液の酸により塩酸ヘマチンとなり,黒褐色になったりコーヒーになって嘔吐される。… ※「消化管出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp]

  • 上部消化管出血

    コーヒー嘔吐がみられ,度重なる嘔吐の末にマロリーワイス症候群となったというケースもある。また,頭蓋内出血による脳圧亢進や腸閉塞などでもコーヒー嘔吐がみられる場合がある。ほかには,鼻出血,大動脈腸管瘻,脳動静脈奇形(AVM),腫瘍,Boerhaave症候群(特発性食道破裂)などもまれではあるが考えられる。[igaku-shoin.co.jp] 吐血の場合,血液が多量に出たとき以外は,血液のヘモグロビンが胃液の酸により塩酸ヘマチンとなり,黒褐色になったりコーヒーになって嘔吐される。… ※「消化管出血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp] 症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 横隔膜ヘルニア

    UMIN試験ID UMIN000012395 最終情報更新日: 2016年4月7日 登録日:2013年11月25日 基本情報 進捗状況 一般募集中 対象疾患 胎児先天性横隔膜ヘルニア 試験開始日(予定日) 2013-11-25 目標症例数 10 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 介入 試験の内容 介入1 子宮壁の血管のない部位から直径4 mmの外套(Cook社)を超音波ガイド下に経母体腹壁的に胎児の羊水腔に挿入する。挿入した外套にバルーンを挿入するためのチャンネルを有した胎児鏡(Karl[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • 消化性潰瘍

    黒色便・吐血胃・十二指腸内に出血した血液が逆流して嘔吐すれば「吐血」ないし酸化を受け黒色に変色した「コーヒー嘔吐」となって生じ、そのまま便となって出てくる場合は血液が酸化されて黒色となり「黒色の便」として生じてくる。ただ、食道静脈瘤・マロリー・ワイス症候群等の他の上部消化管出血でも同様の症状を呈する。[ja.wikipedia.org] 症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

  • 壊血病

    壊血病(かいけつびょう、英: scurvy、独: Skorbut)は、出血性の障害が体内の各器官で生じる病気でビタミンC欠乏状態が数週間から数カ月続くと症状が出現する。成人と小児では症状が異なる。 ビタミンCの欠乏によって生じる。ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織の生成と保持に障害を受ける。これがさらに血管等への損傷につながることが原因である。[…][ja.wikipedia.org]

  • クッシング潰瘍

    症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 尿症 特発性血小板減少性紫斑病 血栓性血小板減少性紫斑病 原発性免疫不全症候群 IgA 腎症 多発性嚢胞腎 黄色靱帯骨化症 後縦靱帯骨化症 広範脊柱管狭窄症 特発性大腿骨頭壊死症 下垂体性ADH分泌異常症 下垂体性TSH分泌亢進症 下垂体性PRL分泌亢進症 クッシング病 下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症 下垂体性成長ホルモン分泌亢進症 下垂体前葉機能低下症[city.suginami.tokyo.jp] 多発血管炎性肉芽腫症 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 悪性関節リウマチ バージャー病 原発性抗リン脂質抗体症候群 全身性エリテマトーデス 皮膚筋炎/多発性筋炎 全身性強皮症 混合性結合組織病 シェーグレン症候群 成人スチル病 再発性多発軟骨炎 ベーチェット病 特発性拡張型心筋症 肥大型心筋症 拘束型心筋症 再生不良性貧血 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間ヘモグロビン[city.suginami.tokyo.jp]

  • 絨毛萎縮がある慢性下痢

    症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] 1).血液:(頻度不明)ヘマトクリット値減少ヘモグロビン減少、赤血球数減少、好中球数増加、白血球数増加、網赤血球増加・網赤血球減少、低色素性貧血、赤血球増加症、プロトロンビン時間延長、トロンボプラスチン時間延長、斑状出血、点状出血。[medical.nikkeibp.co.jp] ヘモグロビン減少 、 赤血球数減少 、 好中球数増加 、 白血球数増加 、 網赤血球増加 、 網赤血球減少 重大な副作用 日和見感染 、 サイトメガロウイルス感染症 、 非定型抗酸菌感染症 、 アスペルギルス感染症 、 カンジダ感染症 、 ムコール感染症 、 ニューモシスティス感染症 、 パルボウイルス感染症 、 ノカルジア感染症 、[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 先天性内因子欠乏

    症状は吐血(新鮮血や “コーヒー物の嘔吐);血性または黒タール便の排泄(それぞれ血便と黒色便);そして血液喪失によって生じる脱力,失神,口渇,発汗を含む。 もし潰瘍からの出血が持続したり再発するのなら,いくつかの治療の選択肢がある。内視鏡を行い,出血部位を電気メスや熱凝固やレーザー,アルコール,硬化剤,エピネフリンで凝固する。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp] その結果、赤血球の数が減少します。しかし その一方ヘモグロビンの合成は障害されません。したがって、鉄欠乏性貧血 の場合と反対に、赤血球の減少の割にヘモグロビン量は減らないため、赤血球 一個あたりのヘモグロビン量が多く、高色素性、大球性貧血になります。 骨髄では巨大な赤芽球(巨赤芽球)が出現するのが特徴です。[city.gifu.med.or.jp] 尿症 78 特発性血小板減少性紫斑病 79 血栓性血小板減少性紫斑病 80 原発性免疫不全症候群 81 IgA腎症 82 多発性嚢胞腎 83 黄色靱帯骨化症 84 後縦靱帯骨化症 85 広範脊柱管狭窄症 86 特発性大腿骨頭壊死症 87 下垂体性ADH分泌異常症 88 下垂体性TSH分泌亢進症 89 下垂体性PRL分泌亢進症 90 クッシング[city.itabashi.tokyo.jp]

さらなる症状