Create issue ticket

考えれる17県の原因 コーヒー残渣様嘔吐

  • 食道炎
  • 血小板減少症
  • 慢性腎不全
  • 急性胃炎

    胃潰瘍、胃癌の発症の多くにヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori、以下ピロリ菌)感染が関与していることが明らかになる一方で、ピロリ菌陰性であっても胃疾患を発症する患者はいまだ少なくない。これらの胃疾患に関係しているとみられているのが、ピロリ菌以外のヘリコバクター属、Helicobacter heilmannii(以下、ハイルマニイ)だ。今年の日本ヘリコバクター学会で発表された全国調査では、ピロリ菌陰性の胃疾患患者27人のおよそ半数がこの菌に感染していたことが示された。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 消化管出血

    胃腸出血(いちょうしゅっけつ)または消化管出血(しょうかかんしゅっけつ)は、口から肛門までの消化器官の出血。短時間に大量の血液を消化器官から出血した場合、吐血、コーヒー残渣吐血、血便、黒色血便などの症状がある。 長期間の少量の出血は鉄欠乏性貧血による疲労感や狭心症などの症状がある。 その他の症状は腹痛、息苦さ、顔面蒼白、失神などがある。少量の出血の場合、症状がない場合もある。 胃腸出血は一般的に上部消化管出血と下部消化管出血の2つのタイプに分かれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 上部消化管出血
  • 横隔膜ヘルニア
  • 胃疾患

さらなる症状