Create issue ticket

考えれる55県の原因 コロモジラミ寄生症

  • ウイルス性上気道感染症

    病原体 …アタマジラミ(毛ジラミ(陰毛に寄生する性感染)とコロモジラミ(衣類に付着しがって発疹チフス病原体を媒介するとして注目された)とは異なる。) 潜伏期間 …気付かれるまでに1か月程度である。 感染経路 …接触感染である。家族内や集団の場、タオルの共用でうつることが多い。くしやブラシでも伝染する。[nagaoka-med.or.jp]

  • 急性カタル性扁桃炎

    病原体 …アタマジラミ(毛ジラミ(陰毛に寄生する性感染)とコロモジラミ(衣類に付着しがって発疹チフス病原体を媒介するとして注目された)とは異なる。) 潜伏期間 …気付かれるまでに1か月程度である。 感染経路 …接触感染である。家族内や集団の場、タオルの共用でうつることが多い。くしやブラシでも伝染する。[nagaoka-med.or.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    B838 その他の明示されたぜん〈蠕〉虫症 B839 ぜん〈蠕〉虫,詳細不明 B850 アタマジラミによるシラミ B851 コロモジラミによるシラミ B852 シラミ症,詳細不明 B853 ケジラミ症 B854 シラミおよびケジラミの混合寄生症 B86 かいせん〈疥癬〉 B870 皮膚ハエ幼虫症 B871 創傷ハエ幼虫症 B872[e-stat.go.jp] B811 腸毛頭虫〈カピラリア〉症 B812 毛様線虫症 B813 腸住血線虫症 B814 混合腸ぜん〈蠕〉虫症 B818 その他の明示された腸ぜん〈蠕〉虫症 B820 腸ぜん〈蠕〉虫症,詳細不明 B829 腸寄生虫症,詳細不明 B830 内臓幼虫移行症 B831 顎口虫症 B832 広東住血線虫症 B833 気管線虫症 B834 内部蛭寄生[e-stat.go.jp]

  • 新生児期原発性副甲状腺機能亢進症

    B838 その他の明示されたぜん〈蠕〉虫症 B839 ぜん〈蠕〉虫,詳細不明 B850 アタマジラミによるシラミ B851 コロモジラミによるシラミ B852 シラミ症,詳細不明 B853 ケジラミ症 B854 シラミおよびケジラミの混合寄生症 B86 かいせん〈疥癬〉 B870 皮膚ハエ幼虫症 B871 創傷ハエ幼虫症 B872[e-stat.go.jp] B811 腸毛頭虫〈カピラリア〉症 B812 毛様線虫症 B813 腸住血線虫症 B814 混合腸ぜん〈蠕〉虫症 B818 その他の明示された腸ぜん〈蠕〉虫症 B820 腸ぜん〈蠕〉虫症,詳細不明 B829 腸寄生虫症,詳細不明 B830 内臓幼虫移行症 B831 顎口虫症 B832 広東住血線虫症 B833 気管線虫症 B834 内部蛭寄生[e-stat.go.jp]

  • 細菌性脳炎

    病原体 …アタマジラミ(毛ジラミ(陰毛に寄生する性感染)とコロモジラミ(衣類に付着しがって発疹チフス病原体を媒介するとして注目された)とは異なる。) 潜伏期間 …気付かれるまでに1か月程度である。 感染経路 …接触感染である。家族内や集団の場、タオルの共用でうつることが多い。くしやブラシでも伝染する。[nagaoka-med.or.jp]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    B838 その他の明示されたぜん〈蠕〉虫症 B839 ぜん〈蠕〉虫,詳細不明 B850 アタマジラミによるシラミ B851 コロモジラミによるシラミ B852 シラミ症,詳細不明 B853 ケジラミ症 B854 シラミおよびケジラミの混合寄生症 B86 かいせん〈疥癬〉 B870 皮膚ハエ幼虫症 B871 創傷ハエ幼虫症 B872[e-stat.go.jp] B811 腸毛頭虫〈カピラリア〉症 B812 毛様線虫症 B813 腸住血線虫症 B814 混合腸ぜん〈蠕〉虫症 B818 その他の明示された腸ぜん〈蠕〉虫症 B820 腸ぜん〈蠕〉虫症,詳細不明 B829 腸寄生虫症,詳細不明 B830 内臓幼虫移行症 B831 顎口虫症 B832 広東住血線虫症 B833 気管線虫症 B834 内部蛭寄生[e-stat.go.jp]

  • 飢餓骨症候群

    シラミとは (IDWR 2006年第26号) ヒトに寄生するシラミには、頭部に寄生するアタマジラミ( Pediculus capitis )、衣類に寄生するコロモジラミ( P. humanus )、主として陰毛に寄生するケジラミ( Pthirus pubis )の3種がある。[niid.go.jp] 最近わが国で行われたある自治体の調査において、ホームレスの人々に結核健診に加えてコロモジラミを検査したが、平均約6%のホームレ スにコロモジラミ寄生が認められ、ある被検者の衣服から1,000匹以上の虫体が分離された。[niid.go.jp] 血液からの病原体の検出および抗体検査から、最近の感染である ことが示唆され、陽性者にはコロモジラミ寄生が見られた。アメリカやヨーロッパ諸国からも 例報告が相次いでいる。 PCR法による世界6カ国から採取されたコロモジラミの病原体保有状況調査では、フランス、ロシア、ペルー、ブルンジ等のシラミから病原体が検出された。[niid.go.jp]

  • 後天性全汎リポジストロフィー

    B838 その他の明示されたぜん〈蠕〉虫症 B839 ぜん〈蠕〉虫,詳細不明 B850 アタマジラミによるシラミ B851 コロモジラミによるシラミ B852 シラミ症,詳細不明 B853 ケジラミ症 B854 シラミおよびケジラミの混合寄生症 B86 かいせん〈疥癬〉 B870 皮膚ハエ幼虫症 B871 創傷ハエ幼虫症 B872[e-stat.go.jp] B811 腸毛頭虫〈カピラリア〉症 B812 毛様線虫症 B813 腸住血線虫症 B814 混合腸ぜん〈蠕〉虫症 B818 その他の明示された腸ぜん〈蠕〉虫症 B820 腸ぜん〈蠕〉虫症,詳細不明 B829 腸寄生虫症,詳細不明 B830 内臓幼虫移行症 B831 顎口虫症 B832 広東住血線虫症 B833 気管線虫症 B834 内部蛭寄生[e-stat.go.jp]

  • 家族性幼児両側線条体壊死

    B838 その他の明示されたぜん〈蠕〉虫症 B839 ぜん〈蠕〉虫,詳細不明 B850 アタマジラミによるシラミ B851 コロモジラミによるシラミ B852 シラミ症,詳細不明 B853 ケジラミ症 B854 シラミおよびケジラミの混合寄生症 B86 かいせん〈疥癬〉 B870 皮膚ハエ幼虫症 B871 創傷ハエ幼虫症 B872[e-stat.go.jp] B811 腸毛頭虫〈カピラリア〉症 B812 毛様線虫症 B813 腸住血線虫症 B814 混合腸ぜん〈蠕〉虫症 B818 その他の明示された腸ぜん〈蠕〉虫症 B820 腸ぜん〈蠕〉虫症,詳細不明 B829 腸寄生虫症,詳細不明 B830 内臓幼虫移行症 B831 顎口虫症 B832 広東住血線虫症 B833 気管線虫症 B834 内部蛭寄生[e-stat.go.jp]

  • 唇膿瘍

    B838 その他の明示されたぜん〈蠕〉虫症 B839 ぜん〈蠕〉虫,詳細不明 B850 アタマジラミによるシラミ B851 コロモジラミによるシラミ B852 シラミ症,詳細不明 B853 ケジラミ症 B854 シラミおよびケジラミの混合寄生症 B86 かいせん〈疥癬〉 B870 皮膚ハエ幼虫症 B871 創傷ハエ幼虫症 B872[e-stat.go.jp] B811 腸毛頭虫〈カピラリア〉症 B812 毛様線虫症 B813 腸住血線虫症 B814 混合腸ぜん〈蠕〉虫症 B818 その他の明示された腸ぜん〈蠕〉虫症 B820 腸ぜん〈蠕〉虫症,詳細不明 B829 腸寄生虫症,詳細不明 B830 内臓幼虫移行症 B831 顎口虫症 B832 広東住血線虫症 B833 気管線虫症 B834 内部蛭寄生[e-stat.go.jp]

さらなる症状