Create issue ticket

考えれる26県の原因 コロボーマ - 虹彩と網膜

  • コロボーマ

    コロボーマ という病気をご存じだろうか。眼球組織の一部の欠損を生じる先天異常らしいのだが――。 コロボーマの原因と治療 コロボーマは目の虹彩網膜、脈絡膜または視神経杯などに発生し、胎児期にできた切れ込み(胎生裂)が完全に閉鎖しないために起こる。何の症状もなく、普通の生活を送れる人も少なくない。[tocana.jp] 片側ないし両側性の虹彩網膜・脈絡膜・乳頭のコロボーマ(欠損)はほぼ必発である。虹彩コロボーマを認めない場合にも眼底の検査を必ず行う。小眼球・網膜剥離や白内障を伴う場合がある。 耳垂の無または低形成などの耳奇形に加え、感音性・伝音性または混合性難聴を認める(80%)。 膜性・骨性の後鼻孔閉鎖(狭窄)を認める。[raredis.nibiohn.go.jp] ④片側ないし両側性の虹彩網膜・脈絡膜・乳頭のコロボーマ(欠損)はほぼ必発である。 ⑤耳垂の無又は低形成などの耳奇形に加え、感音性・伝音性又は混合性難聴を認める。 ⑥膜性・骨性の後鼻孔閉鎖(狭窄)を認める。口蓋裂の合併例も多く、その場合には後鼻孔閉鎖を認めない。[nanbyou.or.jp]

  • 乳頭乳頭閉塞症候群

    (4) 片側ないし両側性の虹彩網膜・脈絡膜・乳頭のコロボーマ(欠損)はほぼ必発である。(5) 耳垂の無または低形成などの耳奇形に加え、感音性・伝音性または混合性難聴を認める。(6) 膜性・骨性の後鼻孔閉鎖(狭窄)を認める。口蓋裂の合併例も多く、その場合には後鼻孔閉鎖を認めない。[nanbyou.or.jp] ④片側ないし両側性の虹彩網膜・脈絡膜・乳頭のコロボーマ(欠損)はほぼ必発である。 ⑤耳垂の無又は低形成などの耳奇形に加え、感音性・伝音性又は混合性難聴を認める。 ⑥膜性・骨性の後鼻孔閉鎖(狭窄)を認める。口蓋裂の合併例も多く、その場合には後鼻孔閉鎖を認めない。[nanbyou.or.jp] 2017.09.14 貧血性網膜症 2017.09.20 虹彩嵌頓 2017.09.25 黄斑コロボーマ 2017.10.04 外傷性毛様体解離 2017.10.16 黄斑ジストロフィと黄斑円孔 2017.10.25 網膜色素変性とコーツ病 2017.11.06 マクログロブリン血症の眼底所見 2017.11.13 急性網膜壊死後晩期の裂孔原性網膜剥離[osaka-med.ac.jp]

  • パトウ症候群

    症状 口唇口蓋裂 高口蓋 耳介形態異常 耳介低位 小眼球症 虹彩コロボーマ 網膜異形成 頭蓋骨や脳に見られる症状 頭の頭蓋骨事態に症状がみられることもあります。生まれつき頭が小さいケースや、頭蓋骨が一部欠けている状態で生まれてくる赤ちゃんもいます。 また、頭皮の一部が欠損してしまっている場合もあります。[kosodate-march.jp]

  • チャージ症候群

    片側ないし両側性の虹彩網膜・脈絡膜・乳頭のコロボーマ(欠損)はほぼ必発である。虹彩コロボーマを認めない場合にも眼底の検査を必ず行う。小眼球・網膜剥離や白内障を伴う場合がある。 耳垂の無または低形成などの耳奇形に加え、感音性・伝音性または混合性難聴を認める(80%)。 膜性・骨性の後鼻孔閉鎖(狭窄)を認める。[raredis.nibiohn.go.jp] ④片側ないし両側性の虹彩網膜・脈絡膜・乳頭のコロボーマ(欠損)はほぼ必発である。 ⑤耳垂の無又は低形成などの耳奇形に加え、感音性・伝音性又は混合性難聴を認める。 ⑥膜性・骨性の後鼻孔閉鎖(狭窄)を認める。口蓋裂の合併例も多く、その場合には後鼻孔閉鎖を認めない。[nanbyou.or.jp] 症状 ほとんどの患者さんで、網膜や脈絡膜、視神経乳頭、虹彩などの組織の一部が欠けるコロボーマが認められます。片側もしくは両側性に現れ、欠損部位や大きさによって視力に与える影響もさまざまです。眼球の大きさが小さい小眼球症である場合もあります。 約7割の患者さんでFallot四徴、動脈管開存、心室中隔欠損などの先天性心疾患を伴います。[medicalnote.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    虹彩の異常:瞳孔膜遺残、無虹彩症、コロボーマ、白子症 11. 瞳孔領白濁:網膜芽細胞腫、先天白内障、第一次硝子体過形成遺残、 未熟児網膜症、コーツ病、コロボーマ 疾患と補体(JPN J Med 1989;28:117) I型:補体欠損症。遺伝性で、補体系の一次的異常。 II型:補体価は正常または高値を示しかつ補体系が病態を促進 a.[ibaraisikai.or.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    虹彩の異常:瞳孔膜遺残、無虹彩症、コロボーマ、白子症 11. 瞳孔領白濁:網膜芽細胞腫、先天白内障、第一次硝子体過形成遺残、 未熟児網膜症、コーツ病、コロボーマ 疾患と補体(JPN J Med 1989;28:117) I型:補体欠損症。遺伝性で、補体系の一次的異常。 II型:補体価は正常または高値を示しかつ補体系が病態を促進 a.[ibaraisikai.or.jp]

  • 奇形性嚥下困難

    (4) 片側ないし両側性の虹彩網膜・脈絡膜・乳頭のコロボーマ(欠損)はほぼ必発である。(5) 耳垂の無または低形成などの耳奇形に加え、感音性・伝音性または混合性難聴を認める。(6) 膜性・骨性の後鼻孔閉鎖(狭窄)を認める。口蓋裂の合併例も多く、その場合には後鼻孔閉鎖を認めない。[nanbyou.or.jp]

  • 後鼻孔閉鎖

    片側ないし両側性の虹彩網膜・脈絡膜・乳頭のコロボーマ(欠損)はほぼ必発である。虹彩コロボーマを認めない場合にも眼底の検査を必ず行う。小眼球・網膜剥離や白内障を伴う場合がある。 耳垂の無または低形成などの耳奇形に加え、感音性・伝音性または混合性難聴を認める(80%)。 膜性・骨性の後鼻孔閉鎖(狭窄)を認める。[raredis.nibiohn.go.jp] (4)片側ないし両側性の虹彩網膜・脈絡膜・乳頭のコロボーマ(欠損)はほぼ必発である。(5)耳垂の無または低形成などの耳 奇形に加え、感音性・伝音性または混合性難聴を認める。(6)膜性・骨性の後鼻孔閉鎖(狭窄)を認める。口蓋裂の合併例も多く、その場合には後鼻孔閉鎖を 認めない。[nanbyou.or.jp]

  • 運動失調を伴う幼少期の良性発作性強直性眼球上転

    虹彩の異常:瞳孔膜遺残、無虹彩症、コロボーマ、白子症 11. 瞳孔領白濁:網膜芽細胞腫、先天白内障、第一次硝子体過形成遺残、 未熟児網膜症、コーツ病、コロボーマ 疾患と補体(JPN J Med 1989;28:117) I型:補体欠損症。遺伝性で、補体系の一次的異常。 II型:補体価は正常または高値を示しかつ補体系が病態を促進 a.[ibaraisikai.or.jp]

  • 中心性漿液性網脈絡膜症

    HM 51歳 胞状の網膜剥離が描かれています。当時はどのように治療をしていたのでしょうか? (左)YS 16歳,(右)MS 11歳 虹彩コロボーマと網脈絡膜コロボーマ。組織の一部が発生異常で欠損 してしまったものをコロボーマと言います。眼杯裂の閉鎖が不完全に終わると、眼杯裂の前端の虹彩や後端の視神経乳頭近傍の網膜が欠失します。[eye.med.kyushu-u.ac.jp] 2017.09.14 貧血性網膜症 2017.09.20 虹彩嵌頓 2017.09.25 黄斑コロボーマ 2017.10.04 外傷性毛様体解離 2017.10.16 黄斑ジストロフィと黄斑円孔 2017.10.25 網膜色素変性とコーツ病 2017.11.06 マクログロブリン血症の眼底所見 2017.11.13 急性網膜壊死後晩期の裂孔原性網膜剥離[osaka-med.ac.jp] に続発した水晶体起因性眼内炎 2017.08.07 周辺部に網膜硝子体癒着を有する硝子体黄斑牽引症候群 2017.08.14 硝子体手術後の中心性漿液性脈絡網膜症 2017.08.21 眼トキソカラ症による牽引性網膜剥離 2017.08.28 脈絡膜腫瘍様の所見を呈する脈絡膜サルコイド結節 2017.09.06 乳頭出血と硝子体出血を伴う網膜動脈分枝閉塞症[osaka-med.ac.jp]

さらなる症状