Create issue ticket

考えれる205県の原因 コレステロール値の異常

  • 高コレステロール血症

    「健診でコレステロール異常を指摘されました」ということで、当院を受診される方が最近ポツリポツリといらっしゃいます。大抵は更年期といわれる年代の女性です。これは閉経により女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下することが原因だといわれています。 一般に閉経前の女性はコレステロール異常になることは殆ど無く、動脈硬化にはなりにくい。[noda-clinic.org] しかし、家族性高コレステロール血症は、遺伝的な要因によって血中のLDLコレステロール異常に高くなる病気です。では、家族性高コレステロール血症とはどのような病気なのか、もう少し詳しくお話していきます。[kango-oshigoto.jp] *程度の差はありますが、合併することも多いです コレステロール異常 悪玉コレステロール(LDL):140mg/dl以上が異常高値 善玉コレステロール(HDL): 40mg/dl未満が異常 悪玉コレステロールが高い場合の食事療法 コレステロールの多いものを避ける食事療法があります。[idogaya-clinic.com]

  • 家族性高コレステロール血症

    しかし、家族性高コレステロール血症は、遺伝的な要因によって血中のLDLコレステロール異常に高くなる病気です。では、家族性高コレステロール血症とはどのような病気なのか、もう少し詳しくお話していきます。[kango-oshigoto.jp] ごく希に、ヘテロ接合体には症状が現れないいわゆる劣性遺伝のかたちをとる場合があり、この場合はご両親の血漿コレステロールには異常が見られないこともあります。 家族性高コレステロール血症ホモ接合体の患者さんでは、生後数ヶ月 1年頃から、皮膚に特徴的な黄色いいぼのようなかたまり(黄色腫)が認められることがあります。[azumanaika.com] 食習慣 運動不足 肥満 放っておくと・・・ コレステロール異常がある(特にLDLコレステロールが高い)と、動脈硬化が進み、脳梗塞、心筋梗塞など血管系の病気が起きやすくなります。中性脂肪値が高いと急性膵炎を起こすこともあります。家族性高コレステロール血症では皮膚やアキレス腱等に黄色腫が発見することもあります。[mikura-clinic.jp]

  • 更年期障害

    また、エストロゲンの低下による脂質代謝の異常に対しては、エストロゲンを補充することにより 総コレステロールを低下させることが期待できます。[ww9.tiki.ne.jp]

  • 尋常性ざ瘡

    治療開始前に血算,肝機能検査,空腹時血糖,ならびにトリグリセリドおよびコレステロールの測定を行うべきである。各検査項目は4週時点でも再評価し,そこで異常がなければ治療終了時まで再検査は必要ない。薬剤の使用中止を要するほどのトリグリセリド値の上昇はまれである。肝機能に影響が出ることはほとんどない。[msdmanuals.com]

  • 緊張性尿失禁

    しかし、これらの新しい薬では、今までクローズアップされなかった糖代謝異常(血糖が上昇する)、脂質代謝異常コレステロール、中性脂肪の血中濃度が上昇する)、肥満などがおきやすく、これらの副作用がメタボリックシンドロームにつながり、心血管系疾患の引き金を引くことが知られてきました。[comhbo.net]

  • 不十分な食事療法

    体重、血圧、血清脂質(血液中のコレステロール) 肥満や高血圧、脂質異常症は糖尿病と同じように、動脈硬化や内臓の障害に影響します。体重は、標準体重(BMI 22)より多い方は標準体重を目標として減量しますが、現時点でそれよりかなり体重が多い方は、今の体重を5%減らすことを当面の目標とします。[dmic.ncgm.go.jp]

  • 高尿酸血症

    高尿酸血症の影響 高尿酸血症は生活習慣の影響が大きく、尿酸が増えるような生活は、血糖・コレステロール・中性脂肪も増えやすい生活である可能性があります。若い頃から尿酸が高い人は、メタボリックシンドローム・糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病になるケースが非常に多くあります。[azumanaika.com]

  • 甲状腺腫

    また、甲状腺異常の場合、一般検査で、総コレステロール、GOT、GPT、LDH、CPK、ALP、Ca、Pなどが血液検査で異常を示したり、食後高血糖、心電図異常として、頻脈、心房細動、低電位など、胸部X線検査にて心拡大を指摘されたりする事もあります。[phoenix.gr.jp]

  • 病的肥満

    内臓脂肪がたまると、脂肪細胞から糖尿病や高血圧症、脂質異常症を引き起こす悪い物質が多く分泌されます。そのため、「内臓脂肪型肥満」の人の多くは、血糖、血圧、中性脂肪、コレステロール異常が出やすくなるのです。これらの危険因子が多ければ多いほど動脈硬化が進行しやすく、脳卒中や心疾患、糖尿病などの疾患を引き起こしやすくなります。[smartlife.go.jp]

  • 糖尿病

    生活習慣病(高血圧・脂質異常症など) 高血圧、脂質異常症(LDL/HDLコレステロール・中性脂肪の異常)、痛風(高尿酸血症)、骨粗鬆症、メタボリック症候群など生活習慣病の治療を行います。 甲状腺疾患(バセドウ病・橋本病など) 甲状腺機能低下症・亢進症などの治療や、腫瘍の診断をします。[suimintaisya-shinjuku.jp] また、脂質異常症、高血圧、喫煙、肥満、加齢なども動脈硬化の危険因子ですので、血圧やコレステロールなどの検査も定期的に受け、血糖のコントロールに加えて、コレステロール値や血圧、肥満の改善、禁煙に取り組みましょう。 *脳卒中 脳卒中にはいくつかのタイプがありますが、代表的なものは脳梗塞と脳出血です。[kyowa-kirin.co.jp] 診療内容 糖尿病・甲状腺・睡眠時無呼吸症候群(SAS)・高血圧・中性脂肪/コレステロール異常・一般内科 (各種保険適用) お問い合わせ・予約受付 tel.03-6274-8633 診療時間 / 午前 10:00 - 13:30 午後 15:00 - 19:00 土曜 午前 9:00 - 13:00 休診日 / 日曜・祝日 160-0022[suimintaisya-shinjuku.jp]

さらなる症状