Create issue ticket

考えれる50県の原因 コルヒチン治療は効果はありません

  • 高尿酸血症

    痛風患者は発作の前兆を感じることがあると言われ、そのときコルヒチンを飲むと発作を予防する効果があるとされている。しかしこの治療法に臨床研究に基づく根拠はない。[ja.wikipedia.org]

  • 痛風

    痛風患者は発作の前兆を感じることがあると言われ、そのときコルヒチンを飲むと発作を予防する効果があるとされている。しかしこの治療法に臨床研究に基づく根拠はない。[ja.wikipedia.org] 表1 痛風関節炎に適応のあるNSAID一覧 2.痛風関節炎の治療 治療手段としては,コルヒチン,NSAID,副腎皮質ステロイドの3つの手段を選択しうる。いずれも臨床的効果は確認されている。痛風発作の前兆期にはコルヒチン1錠を経口的に投与し,極期にはNSAIDを短期間のみ比較的多量に投与して炎症を鎮静化させる方法が一般的である。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 痛風性関節炎

    痛風患者は発作の前兆を感じることがあると言われ、そのときコルヒチンを飲むと発作を予防する効果があるとされている。しかしこの治療法に臨床研究に基づく根拠はない。[ja.wikipedia.org] 表1 痛風関節炎に適応のあるNSAID一覧 2.痛風関節炎の治療 治療手段としては,コルヒチン,NSAID,副腎皮質ステロイドの3つの手段を選択しうる。いずれも臨床的効果は確認されている。痛風発作の前兆期にはコルヒチン1錠を経口的に投与し,極期にはNSAIDを短期間のみ比較的多量に投与して炎症を鎮静化させる方法が一般的である。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 後壁心筋梗塞

    NSAIDが通常効果的であるが,心筋梗塞後症候群は数回にわたり再発することがある。治療および再発予防にコルヒチン効果的である。重症例では,他のNSAIDまたはコルチコステロイドによる短期間の集中治療が必要となりうる。高用量のNSAIDまたはコルチコステロイドは,急性心筋梗塞後の早期の心室治癒の妨げとなりうるため,使用は数日までとする。[msdmanuals.com]

  • 偽痛風

    コルヒチンは微小管の形成を阻害しますので偽痛風にも効果を示し,NEJMではステロイド関節注射に続く治療選択肢となっています(わが国では保険適用外)。[jmedj.co.jp]

  • 家族性地中海熱

    治療効果は様々である.[grj.umin.jp] 「イラリス 」 (一般名:カナキヌマブ)は炎症性サイトカインであるIL-1を阻害する薬剤で周期性発熱症候群のうちクリオピリン関連周期性症候(CAPS)の治療薬として使われていますが、2016年12月、新たに「既存治療(主にコルヒチン)で効果不十分な家族性地中海熱」、「TNF受容体関連周期性症候群」、「高IgD症候群(メバロン酸キナーゼ欠損症[twmu.ac.jp] この病気にはどのような治療法がありますか 現在、コルヒチンが家族性地中海熱に効果が認められている唯一の内服薬です。 コルヒチンの内服療法は、反復しておこる発作を防ぎ、アミロイドーシスの予防にもなります。しかし、途中で内服を中止すると、発作を起こし、アミロイドーシスになる危険性が高くなりますので内服を継続する必要があります。[nanbyou.or.jp]

  • ぶどう膜炎

    治療コルヒチンやシクロポリンの内服が行なわれていますが、最近関節リウマチ薬のインフリキシマブ(商品名レミケード)がベーチェット 病の治療に大きな効果があるとして注目されています。[hirataganka.com]

  • 結節性紅斑

    前述したコルヒチンやシクロスポリンなどの既存の治療では発作が抑えきれなかったような難治例に対しても、9割以上の患者さんで大変よい治療効果が得られています。合併症として、投与時反応(蕁麻疹や呼吸困難などのアレルギー反応)や免疫抑制による感染症などがあり、全身症状に十分注意が必要です。[nichigan.or.jp]

  • 再発性虫垂炎

    眼発作が頻発する症例では、通常はコルヒチンの内服から開始し、効果不十分であればシクロスポリンの内服への変更又はインフリキシマブの点滴静注による治療を行う。副作用などのためシクロスポリンの導入が難しい症例や、視機能障害が懸念される重症例には、インフリキシマブの早期導入を行う。[nanbyou.or.jp] 前述したコルヒチンやシクロスポリンなどの既存の治療では発作が抑えきれなかったような難治例に対しても、9割以上の患者さんで大変よい治療効果が得られています。合併症として、投与時反応(蕁麻疹や呼吸困難などのアレルギー反応)や免疫抑制による感染症などがあり、全身症状に十分注意が必要です。[nichigan.or.jp]

  • 前部ぶどう膜炎

    治療コルヒチンやシクロポリンの内服が行なわれていますが、最近関節リウマチ薬のインフリキシマブ(商品名レミケード)がベーチェット 病の治療に大きな効果があるとして注目されています。[hirataganka.com]

さらなる症状