Create issue ticket

考えれる120県の原因 コルチゾールの増加

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 妊娠後期

    子育てタクシー事前登録 「子育てタクシー」とは? お子様を連れての外出やお子様だけの送迎の際に、お母様のお手伝い、あるいはお母様に代わってお子様をお世話するタクシーの事です。 子育て家庭のさまざまなご要望にお応えする事で「お母様」と「お子様」の「安心・安全」をお約束します。 事前登録とご利用の際の丁寧な打合せを行います。 料金は通常のタクシーと同じ、特別料金は一切かかりません。 (メーター料金 迎車料金300円又は時間制運賃) 全国子育てタクシー協会の研修を受けた安心ドライバーがお迎えに伺います。 こうのとりコース 陣痛119番 事前登録しておけば陣痛が来ても東條ウイメンズホスピタルへ直行[…][tojowomens.com]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 病的肥満

    UMIN試験ID UMIN000034601 最終情報更新日: 2018年12月2日 公開日:2018年12月1日 登録・組み入れ開始日:2018年12月11日 糖尿病を伴う病的肥満症に対する 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術 十二指腸空腸 バイパス術の安全性と有効性の検証 基本情報 試験簡略名 スリーブ状胃切除術 十二指腸空腸バイパスの有用性 試験進捗状況 募集前 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 糖尿病を伴う病的肥満患者 評価 主要アウトカム評価 術後30日間における、JCOG 術後合併症規準(Clavien-Dindo 分類)GradeⅢ以上の合併症発生割合 副次アウトカム評価 試験デザイン[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 急性心筋梗塞

    Q 最近「急性心筋梗塞」とよく耳にしますが、具体的にどのような病気ですか? 心臓は主に全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。この心臓自体へと血液を流すための心臓の動脈 冠動脈が突然詰まる(閉塞してしまう)病気です。 Q 寒い季節は急性心筋梗塞が起こりやすくなるというのは本当ですか? 季節によってそれほど極端な差はありませんが、夏よりも20%ほど冬に多く発症するとの報告があります。やはり気温変化の影響が大きく、血圧や身体活動度の低下、ひいてはコレステロールや中性脂肪の値が、季節によって大きく変動するとされています。また、高齢者ほど寒冷期の影響を受けやすいともいわれています。[…][hospital.pref.ibaraki.jp]

  • クッシング症候群

    骨粗鬆症 尿中、血中コルチゾール検査:コルチゾール値の増加が見られる。また、通常朝高く夜低くなる日内変動の消失が見られる。 ACTH:ACTHの減少 副腎腫瘍、ACTHの増加 下垂体腫瘍・異所性ACTH産生腫瘍と鑑別される。 尿中17-KS、17-OHCS:ステロイドの代謝物。1日の尿中排泄量で評価する。クッシング症候群で増加する。[ja.wikipedia.org] 副腎シンチグラフィー:コルチゾール産生腺腫では腫瘍側の集積亢進と対側の抑制。ACTH依存性クッシング症候群では両側の集積亢進。[ja.wikipedia.org] 白血球数増加、好酸球減少 基礎代謝率上昇 デキサメサゾン抑制試験 デキサメサゾン抑制試験(できさめさぞんよくせいしけん)は、糖質コルチコイドのアゴニストであるデキサメサゾンを投与して副腎皮質刺激ホルモンの分泌を抑制して血中糖質コルチコイドを測定する試験。[ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 下垂体腺腫

    骨粗鬆症 尿中、血中コルチゾール検査:コルチゾール値の増加が見られる。また、通常朝高く夜低くなる日内変動の消失が見られる。 ACTH:ACTHの減少 副腎腫瘍、ACTHの増加 下垂体腫瘍・異所性ACTH産生腫瘍と鑑別される。 尿中17-KS、17-OHCS:ステロイドの代謝物。1日の尿中排泄量で評価する。クッシング症候群で増加する。[ja.wikipedia.org] 副腎シンチグラフィー:コルチゾール産生腺腫では腫瘍側の集積亢進と対側の抑制。ACTH依存性クッシング症候群では両側の集積亢進。[ja.wikipedia.org] 白血球数増加、好酸球減少 基礎代謝率上昇 デキサメサゾン抑制試験 デキサメサゾン抑制試験(できさめさぞんよくせいしけん)は、糖質コルチコイドのアゴニストであるデキサメサゾンを投与して副腎皮質刺激ホルモンの分泌を抑制して血中糖質コルチコイドを測定する試験。[ja.wikipedia.org]

  • 腫瘍随伴症候群

    腫瘍随伴症候群(しゅようずいはんしょうこうぐん、英: paraneoplastic[…][ja.wikipedia.org]

  • 副腎皮質腺腫

    コルチゾール分泌過剰の原因を(表)に示す。コルチゾールはアンジオテンシノーゲンを増加させ、アンジオテンシンの生成を高め高血圧をきたす。その他、昇圧活性をもつ中間代謝型ステロイドの増加コルチゾールによるカテコラミン増強作用なども昇圧の機序と考えられる。[med.toaeiyo.co.jp] ストレスに関与し、過度なストレスを受けると分泌量が増加し、抗ストレスホルモンとして恒常性の維持に不可欠な物質です。 コルチゾール検査は高血糖・低血糖、高血圧・低血圧、電解質異常(Na、K)や末梢血の白血球分類の異常(好中球、好酸球、リンパ球の増減)を認める場合など、副腎皮質機能異常が疑われる場合に測定します。[crc-group.co.jp] 内分泌検査では、尿中遊離コルチゾール、17-OHSCの排泄量増加、血漿コルチゾール日内変動の消失を認め、少量デキサメタゾン投与によっても血漿コルチゾール分泌は抑制されない〔大量投与では、Cushing病では抑制されるが、腺腫・癌・異所性副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)産生腫瘍では抑制されない〕。[med.toaeiyo.co.jp]

さらなる症状