Create issue ticket

考えれる11県の原因 コルチコステロイド欠乏

  • カルシウム含有腎結石

    骨粗鬆症を発症するリスクを高くする他の因子は,これだけとは限らないが,加齢,女性,エストロゲン欠乏,喫煙,代謝疾患(甲状腺機能亢進症など)及び特定治療薬(コルチコステロイド,抗痙攣薬など)の使用である。骨粗鬆症関連骨折の素因は,その人のピーク骨量とピーク骨量に到達した後の骨量減少率と関連している。[lpi.oregonstate.edu]

  • 髄膜炎

    S. pneumoniae 全年齢 H. influenzae 乳幼児 無脾臓 (先天性,手術など) S. pneumonia 稀 N. meningitidis とても稀 補体欠損 N. meningitidis とても稀 コルチコステロイド使用 L. monocytogenes 稀 C. neoformans 稀 HIV感染 C. neoformans[igaku-shoin.co.jp] 直接侵入 脾摘,無脾症,補体欠損症,ステロイド使用,HIV感染 特定の菌に弱くなる(表3参照) 生乳製品や出来合いの総菜を摂取(リステリア) 最近の髄膜炎患者への曝露歴 飛沫感染で伝播するものが多い 最近の旅行歴 アフリカのサハラ砂漠周辺(髄膜炎菌流行地域)など 表3 宿主の状態と起因菌 宿主の状態 頻度の高い起因菌 年齢や頻度など 抗体欠乏[igaku-shoin.co.jp]

  • アジソン病

    プレドニゾロンなどのコルチコ ステロイド 薬を大量に使用して副腎機能が低下したとき、 ステロイド 薬の服用を突然中止すると、副腎機能を急速には回復できないため、一時的に副腎機能低下症( アジソン病 に似た状態)になることがある。(2006.2.8 掲載) (2009.8.12 改訂) IndexPageへ戻る[pharm.or.jp] アンドロゲン欠乏により無月経、脱毛、 骨粗しょう症 がおこる。またACTH産生が高まり皮膚、粘膜の色素沈着が起こる。[pharm.or.jp]

  • 糖尿病性ケトアシドーシス

    後述のインスリン絶対的欠乏が主原因となるが、急性感染症(特に肺炎および尿路感染症)、心筋梗塞、脳血管障害、膵炎、外傷などの生理的ストレスのほか、コルチコステロイド、サイアザイド系利尿薬、交感神経刺激薬、前立腺癌治療に用いられる酢酸クロルマジノンなどの薬剤の副作用で生じる事がある。[ja.wikipedia.org] インスリンの絶対的欠乏がおこる事態とは以下のような場合である。 まず、1型糖尿病の発症時である。1型糖尿病は原因不明の自己免疫学的機序により膵ランゲルハンス島のインスリン産生細胞(β細胞)が破壊される疾患であり、これが何らかのきっかけで急激に生じることで前述のような機序により糖尿病を発症し、ケトアシドーシスを引き起こす。[ja.wikipedia.org]

  • 高カルシウム食

    骨粗鬆症を発症するリスクを高くする他の因子は,これだけとは限らないが,加齢,女性,エストロゲン欠乏,喫煙,代謝疾患(甲状腺機能亢進症など)及び特定治療薬(コルチコステロイド,抗痙攣薬など)の使用である。骨粗鬆症関連骨折の素因は,その人のピーク骨量とピーク骨量に到達した後の骨量減少率と関連している。[lpi.oregonstate.edu]

  • ブドウ球菌性肺炎

    S. pneumoniae 全年齢 H. influenzae 乳幼児 無脾臓 (先天性,手術など) S. pneumonia 稀 N. meningitidis とても稀 補体欠損 N. meningitidis とても稀 コルチコステロイド使用 L. monocytogenes 稀 C. neoformans 稀 HIV感染 C. neoformans[igaku-shoin.co.jp] 直接侵入 脾摘,無脾症,補体欠損症,ステロイド使用,HIV感染 特定の菌に弱くなる(表3参照) 生乳製品や出来合いの総菜を摂取(リステリア) 最近の髄膜炎患者への曝露歴 飛沫感染で伝播するものが多い 最近の旅行歴 アフリカのサハラ砂漠周辺(髄膜炎菌流行地域)など 表3 宿主の状態と起因菌 宿主の状態 頻度の高い起因菌 年齢や頻度など 抗体欠乏[igaku-shoin.co.jp]

  • 特発性高カルシウム尿症

    治療には,静注生理食塩水に加えてフロセミド,ときにコルチコステロイド,カルシトニン,ビスホスホネート系薬剤を用いる。 病因 最も一般的な原因: 医原性の原因には通常,CaもしくはビタミンDの過剰,またはリン酸欠乏があり,これは調製が不適切な人工乳の長期間の授乳もしくはビタミンDを過剰に含むミルクによって引き起こされる。[msdmanuals.com]

  • 新生児低カルシウム血症

    治療には,静注生理食塩水に加えてフロセミド,ときにコルチコステロイド,カルシトニン,ビスホスホネート系薬剤を用いる。 病因 最も一般的な原因: 医原性の原因には通常,CaもしくはビタミンDの過剰,またはリン酸欠乏があり,これは調製が不適切な人工乳の長期間の授乳もしくはビタミンDを過剰に含むミルクによって引き起こされる。[msdmanuals.com]

  • 慢性鉛腎症

    骨粗鬆症を発症するリスクを高くする他の因子は,これだけとは限らないが,加齢,女性,エストロゲン欠乏,喫煙,代謝疾患(甲状腺機能亢進症など)及び特定治療薬(コルチコステロイド,抗痙攣薬など)の使用である。骨粗鬆症関連骨折の素因は,その人のピーク骨量とピーク骨量に到達した後の骨量減少率と関連している。[lpi.oregonstate.edu]

  • 黄色ブドウ球菌髄膜炎

    S. pneumoniae 全年齢 H. influenzae 乳幼児 無脾臓 (先天性,手術など) S. pneumonia 稀 N. meningitidis とても稀 補体欠損 N. meningitidis とても稀 コルチコステロイド使用 L. monocytogenes 稀 C. neoformans 稀 HIV感染 C. neoformans[igaku-shoin.co.jp] 直接侵入 脾摘,無脾症,補体欠損症,ステロイド使用,HIV感染 特定の菌に弱くなる(表3参照) 生乳製品や出来合いの総菜を摂取(リステリア) 最近の髄膜炎患者への曝露歴 飛沫感染で伝播するものが多い 最近の旅行歴 アフリカのサハラ砂漠周辺(髄膜炎菌流行地域)など 表3 宿主の状態と起因菌 宿主の状態 頻度の高い起因菌 年齢や頻度など 抗体欠乏[igaku-shoin.co.jp]

さらなる症状