Create issue ticket

考えれる28県の原因 ケトン体減少

  • つわり

    まず、受診時に尿中のケトンを調べてもらい、ケトンが多く出ている場合や、体重減少がいちじるしい場合は全身の管理が必要ですので、入院して治療することが原則になります。原則的には、口からものを摂取することをとめて、すべて点滴によって水分、糖分、電解質、ビタミン類を補います。 つわりがつらいとお感じのときは、担当医とよく相談してください。[fujito.clinic] 受診の目安としては、一日中続く頻繁な嘔吐、食事摂取困難、5%以上の体重減少、脱水・飢餓状態、尿中のケトン陽性です。通常のつわりが妊婦80%近くに起こるのに対し、妊娠悪阻は全妊婦の1〜2%程度の頻度でしか起こりません。 妊娠中期になってもつわりのような状態が続き、それが出産まで続いたという人もいます。[zexybaby.zexy.net] 体重減少、めまい、頭痛が出現する。 尿中ケトン、ウロビリノーゲンやウロビリン、尿蛋白の陽性。 第2期 代謝障害による全身症状が現れる時期 著しい体重減少、口渇、皮膚乾燥が出現、尿量が減少する。 軽い黄疸、発熱、頻脈が出現する。 母体血液の電解質(Na、K、Cl)異常と蛋白が減少する。[www2.nms.ac.jp]

  • 糖尿病

    早期癌 糖尿病は無症状で忍び寄る全身の血管病 各科専門医にご相談ください 糖尿病内科 1型糖尿病と 初めて診断 症状が出現、体重減少が強い 血糖値が高い (BS 300mg/dl、HbA1c 10%、尿ケトン( )) コントロールが 改善しない (HbA1c 8%が3ヶ月以上) コントロールが 急に悪化 (HbA1cが1%以上上昇/1ヶ月[sakakibara-hp.com]

  • アルコール離脱

    内分泌・代謝 高プロラクチン血症 血中プロラクチン減少、血中トリグリセリド増加、血中カリウム減少、血中ブドウ糖増加、体重増加、高脂血症、尿中ケトン陽性 血中コレステロール増加、体重減少 肝臓 肝機能異常(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、ALP、血中ビリルビンの増加等) 慢性肝炎、肝硬変 腎・尿路 頻尿 尿中血陽性、尿中蛋白陽性[kegg.jp] 心室性期外収縮、心電図QT延長、低血圧、起立性低血圧 右脚ブロック、不整脈 消化器 悪心、嘔吐 食欲減退、便秘、腹部不快感、腹部膨満、下痢、腹痛 口内乾燥、消化不良、流涎過多、口の感覚鈍麻、口の錯感覚、口角口唇炎、食欲亢進 胃腸炎、胃腸音異常、口腔知覚不全、硬便、大腸ポリープ、軟便、早期満腹 血液 白血球減少症、白血球数増加、赤血球数減少 好中球数減少[kegg.jp]

  • 欠神発作

    そして、脂肪をエネルギーに変えるときに発生する副産物―ケトンを増やすため、脂肪の摂取量を増やす。 血液中のケトンが増えることで、発作が減少すると考えられていることから、近年、この食事療法が再評価されている。 2.修正アトキンス食 糖質制限食が中心になる。それほど負担のない方法なので、人を選ばずに食事療法を実施可能である。[fdoc.jp]

  • 稽留流産

    悪心・嘔吐が朝だけでなく、日中も出現し、食事の摂取ができにくくなり、脱水症状や尿ケトンが出現し、体重の減少が明らかになれば、外来または入院加療が必要になってきます。 つわりには、環境因子、心理的因子を改善することが大切です。食事の用意をしているとそれだけで悪心・嘔吐が出現しやすいため、外食や実家で食事をするとよい場合もあります。[asupiosu.or.jp]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    そして、脂肪をエネルギーに変えるときに発生する副産物―ケトンを増やすため、脂肪の摂取量を増やす。 血液中のケトンが増えることで、発作が減少すると考えられていることから、近年、この食事療法が再評価されている。 2.修正アトキンス食 糖質制限食が中心になる。それほど負担のない方法なので、人を選ばずに食事療法を実施可能である。[fdoc.jp]

  • 複雑部分発作

    そして、脂肪をエネルギーに変えるときに発生する副産物―ケトンを増やすため、脂肪の摂取量を増やす。 血液中のケトンが増えることで、発作が減少すると考えられていることから、近年、この食事療法が再評価されている。 2.修正アトキンス食 糖質制限食が中心になる。それほど負担のない方法なので、人を選ばずに食事療法を実施可能である。[fdoc.jp]

  • 糖尿病性ケトアシドーシス

    機序はまだ十分解明されていませんが、①血糖降下作用のためにインスリンの必要量が減ってインスリン分泌が減少し、逆にグルカゴン分泌が増加する、②利用できるブドウ糖が減少し、代わりにケトン産生が増加する、③腎でのケトン体再吸収が亢進する、といった機序が推測されています(Diabetes Metab Res Rev, 2017)。[twmu-diabetes.jp] 特に、全身倦怠・悪心嘔吐・体重減少などを伴う場合には血中ケトンを確認する。SGLT2阻害薬投与に際しては、インスリン分泌能が低下している症例への投与ではケトアシドーシスの発現に厳重な注意が必要である。[nittokyo.or.jp] 全身倦怠・悪心嘔吐・体重減少などを伴う場合には、血糖値が正常に近くてもケトアシドーシスの可能性があるので、血中ケトンを確認すること。 本剤投与後、薬疹を疑わせる紅斑などの皮膚症状が認められた場合には速やかに投与を中止し、皮膚科にコンサルテーションすること。また、必ず副作用報告を行うこと。[nittokyo.or.jp]

  • 焦点運動発作

    そして、脂肪をエネルギーに変えるときに発生する副産物―ケトンを増やすため、脂肪の摂取量を増やす。 血液中のケトンが増えることで、発作が減少すると考えられていることから、近年、この食事療法が再評価されている。 2.修正アトキンス食 糖質制限食が中心になる。それほど負担のない方法なので、人を選ばずに食事療法を実施可能である。[fdoc.jp]

  • 冗長包皮

    そして、脂肪をエネルギーに変えるときに発生する副産物―ケトンを増やすため、脂肪の摂取量を増やす。 血液中のケトンが増えることで、発作が減少すると考えられていることから、近年、この食事療法が再評価されている。 2.修正アトキンス食 糖質制限食が中心になる。それほど負担のない方法なので、人を選ばずに食事療法を実施可能である。[fdoc.jp]

さらなる症状