Create issue ticket

考えれる19県の原因 クーゲルベルグ・ウェランダー病

結果を表示する: 汉语

  • 脊髄性筋萎縮症

    小児期に発症するI 型:重症型(別名:ウェルドニッヒ・ホフマンWerdnig-Hoffmann)、II 型:中間型(別名:デュボビッツDubowitz)、III 型:軽症型(別名:クーゲルベルグウェランダーKugelberg-Welander)と、成人期に発症するIV型に分類されます(表1)。[nanbyou.or.jp] III型 軽症型、慢性型、クーゲルベルグウェランダー(Kugerberg-Welander)発症は1歳6ヶ月以降である。自立歩行を獲得するが次第に転びやすくなる。進行すると歩けない、立てないといった症状になる。後に上肢の挙上も困難になる。側弯症を伴うようになる。 IV型 成人発症型20歳以降の発症である。[ja.wikipedia.org]

  • クーゲルベルグ・ウェランダー病

    【インタビュー】 公開日 2017 年 10 月 03 日 更新日 2017 年 10 月 04 日 クーゲルベルグウェランダー 脊髄性筋萎縮症 東京女子医科大学附属 遺伝子医療センター 所長・特任教授 齋藤 加代子 先生 出生直後は元気な様子をみせているものの、生後6か月頃までに「手足が動かない」「呼吸が浅く、ミルクをうまく飲めない」[medicalnote.jp] 脊髄性筋萎縮症について 脊髄 にある身体の運動に関与する細胞が 変性 することで、徐々に筋肉が弱くなっていく病気 以下の4つのタイプに分類される 小児期に 発症 するもの I型:重症型(ウェルドニッヒ・ホフマン) II型:中間型(デュボビッツ) III型:軽症型(クーゲルベルグウェランダー) 成人期に発症するもの IV型 小児期に発症[medley.life] 歩行には問題がみられない3型-階段を昇れるかどうかで重症度がわかれる 1歳6か月から20歳までに発症する3型は、別名 クーゲルベルグウェランダー と呼ばれます。立つことや歩くことができる3型は、段差を昇れるか否かで3aと3bにわけられます。比較的重い3aの患者さんは階段を昇ることはできませんが、3bの患者さんは階段昇降ができます。[medicalnote.jp]

  • ヂュボヴィッツ病

    小児期に発症するⅠ型:重症型(別名:ウェルドニッヒ・ホフマンWerdnig-Hoffmann)、Ⅱ型:中間型(別名:デュボビッツDubowitz)、Ⅲ型:軽症型(別名:クーゲルベルグウェランダーKugelberg-Welander)と、成人期に発症するⅣ型に分類されます。[arsvi.com] 小児期に発症するI型:重症型(ウェルドニッヒ・ホフマン:Werdnig-Hoffmann),II型:中間型(デュボビッツ:Dubowitz),III型:軽症型(クーゲルベルグウェランダー:Kugelberg-Welander)と,成人期 に発症するIV型に分類されています。[senoopc.jp] III型:軽症型、クーゲルベルグウェランダー(Kugelberg-Welander) 歩行はできるようになりますが、次第に転びやすい、歩けない、立てないといった運動症状が出てくるタイプです。発症は1歳6カ月以降に発症することが多いですが、運動症状には個人差が大きいです。 Ⅳ型:成人期以降発症 成人期以降に発症してくるタイプです。[ncnp.go.jp]

  • エメリ・ドレフュス型筋ジストロフィー 1型

    脊髄性進行性筋萎縮症 は乳児期発症 (ウェルドニヒ・ホフマン) ,若年期発症 (クーゲルベルグウェランダー) および成人期発症のものがあり,1 4型に分類することもあります.これらには急性経過,慢性経過および移行型があり,さらに遺伝型式が一定しない例もあります.また,小児期脊髄性筋萎縮症を重症型,中間型,軽症型と分類することもあります[www2s.biglobe.ne.jp] .ここでは,古典的な疾患とも言えるウェルドニヒ・ホフマンクーゲルベルグウェランダーおよび成人発病の脊髄性筋萎縮症について記します. (10)ウェルドニヒ・ホフマン病 乳幼児期における脊髄性進行性筋萎縮症で, 常染色体劣性 の遺伝を示し,その原因遺伝子は 第5染色体長腕 にあると言われています.生後1年以内に発病します.経過は比較的急速[www2s.biglobe.ne.jp] オーストリア人医師ウェルドニヒとドイツ人医師ホフマンにより研究発表されました. (11)クーゲルベルグウェランダー 約2/3は男性で, 常染色体劣性遺伝 または 常染色体優性遺伝 を示し,発病は10歳前後ですが,中年に 発症するものもあります.本疾患も 第5染色体長腕 に原因遺伝子があると言われています.筋ジスに似て,躯幹近位筋に脱力・[www2s.biglobe.ne.jp]

  • 筋ジストロフィー

    小児期に発症するI型:重症型(ウェルドニッヒ・ホフマン:Werdnig-Hoffmann),II型:中間型(デュボビッツ:Dubowitz),III型:軽症型(クーゲルベルグウェランダー:Kugelberg-Welander)と,成人期 に発症するIV型に分類されています。[senoopc.jp]

  • 筋萎縮症

    III型:軽症型、クーゲルベルグウェランダー(Kugelberg-Welander) 歩行はできるようになりますが、次第に転びやすい、歩けない、立てないといった運動症状が出てくるタイプです。発症は1歳6カ月以降に発症することが多いですが、運動症状には個人差が大きいです。 Ⅳ型:成人期以降発症 成人期以降に発症してくるタイプです。[ncnp.go.jp] 小児期に発症するⅠ型:重症型(別名:ウェルドニッヒ・ホフマンWerdnig- Hoffmann)、Ⅱ型:中間型(別名:デュボビッツDubowitz)、Ⅲ型:軽症型(別名:クーゲルベルグウェランダーKugelberg- Welander)と、成人期に発症するⅣ型に分類されます。[sma-rt.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症 4型

    【インタビュー】 公開日 2017 年 10 月 03 日 更新日 2017 年 10 月 04 日 クーゲルベルグウェランダー 脊髄性筋萎縮症 東京女子医科大学附属 遺伝子医療センター 所長・特任教授 齋藤 加代子 先生 出生直後は元気な様子をみせているものの、生後6か月頃までに「手足が動かない」「呼吸が浅く、ミルクをうまく飲めない」[medicalnote.jp] 小児期に発症するⅠ型:重症型(別名:ウェルドニッヒ・ホフマンWerdnig- Hoffmann)、Ⅱ型:中間型(別名:デュボビッツDubowitz)、Ⅲ型:軽症型(別名:クーゲルベルグウェランダーKugelberg- Welander)と、成人期に発症するⅣ型に分類されます。[sma-rt.org] 歩行には問題がみられない3型-階段を昇れるかどうかで重症度がわかれる 1歳6か月から20歳までに発症する3型は、別名 クーゲルベルグウェランダー と呼ばれます。立つことや歩くことができる3型は、段差を昇れるか否かで3aと3bにわけられます。比較的重い3aの患者さんは階段を昇ることはできませんが、3bの患者さんは階段昇降ができます。[medicalnote.jp]

  • 先天性多発性関節拘縮症

    III型:軽症型、慢性型、クーゲルベルグウェランダー(Kugelberg-Welander) 発症は1歳6か月以降。自立歩行を獲得するが、次第に転びやすい、歩けない、立てないという症状がでてくる。後に、上肢の挙上も困難になる。歩行不可能になった時期が思春期前の場合には、II型と同様に側弯などの脊柱変形が顕著となりやすい。[nanbyou.or.jp]

  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー

    小児期に発症するI型:重症型(ウェルドニッヒ・ホフマン:Werdnig-Hoffmann),II型:中間型(デュボビッツ:Dubowitz),III型:軽症型(クーゲルベルグウェランダー:Kugelberg-Welander)と,成人期 に発症するIV型に分類されています。[senoopc.jp]

  • 筋線維束性収縮

    小児期に発症するⅠ型:重症型(別名:ウェルドニッヒ・ホフマンWerdnig- Hoffmann)、Ⅱ型:中間型(別名:デュボビッツDubowitz)、Ⅲ型:軽症型(別名:クーゲルベルグウェランダーKugelberg- Welander)と、成人期に発症するⅣ型に分類されます。[sma-rt.org]

さらなる症状