Create issue ticket

考えれる11県の原因 クロニジン中毒

  • クロニジン中毒

    中毒の病気 食中毒〔詳細展開〕 有毒生物中毒〔詳細展開〕 有毒物質中毒〔詳細展開〕 ガス中毒〔詳細展開〕 金属中毒〔詳細展開〕 麻薬・精神変容薬中毒〔詳細展開〕 抗てんかん薬中毒〔詳細展開〕 向精神薬中毒〔詳細展開〕 その他の医薬中毒〔詳細展開〕 インスリンショック クロニジン中毒 グアネチジン中毒 ラウオルフィア中毒 カナマイ難聴 ストマイ[health.merrymall.net] ICD10コード: T46.5 主として心血管系に作用する薬物による中毒,その他の血圧降下薬,他に分類されないもの 検索数: 3 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 グアネチジン中毒 T465 UDSE 2 クロニジン中毒 T465 F78D 3 ラウオルフィア中毒 T465 SFQ5[dis.h.u-tokyo.ac.jp] クロニジン中毒 T465 F78D 7 ラウオルフィア中毒 T465 SFQ5 8 末梢血管拡張薬中毒 T467 P7M2[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 心律動異常

    不整脈(ふせいみゃく、英語: Arrhythmia)とは、心拍数やリズムが一定でない状態の事を言う。また心拍や脈拍が整であっても、心電図異常がある場合は臨床的には不整脈である。 対義語は「整脈」だが、臨床的には正常洞調律 (NSR:Normal Sinus Rhythm) と呼ぶことが多い。正常洞調律は以下のような特徴をもつ。 P-R間隔が一定である。 QRS幅が0.1秒以下である。 P波が存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • フェノチアジン中毒

    シタラビン中毒 抗癌剤漏出性皮膚障害 主として心血管系に作用する薬物による中毒 ジギタリス中毒 抗不整脈剤副作用 ジピリダモール中毒 冠血管拡張薬中毒 クロニジン中毒 グアネチジン中毒 ラウオルフィア中毒 末梢血管拡張薬中毒 主として消化器系に作用する薬物による中毒 主として平滑筋,骨格筋および呼吸器系に作用する薬物による中毒 バクロフェン[scuel.me] チオキサンテン系神経抑制薬中毒 ブチロフェノン系神経抑制薬中毒 抗精神病薬中毒 神経抑制薬中毒 リチウム中毒 覚醒剤中毒 精神安定剤中毒 精神作用薬中毒 主として自律神経系に作用する薬物による中毒 コリン作動性クリーゼ パパベリン中毒 メタラミノール中毒 主として全身および血液に作用する薬物による中毒,他に分類されないもの ジフェンヒドラミン中毒[scuel.me]

  • 有毒油症候群

    シタラビン中毒 抗癌剤漏出性皮膚障害 主として心血管系に作用する薬物による中毒 ジギタリス中毒 抗不整脈剤副作用 ジピリダモール中毒 冠血管拡張薬中毒 クロニジン中毒 グアネチジン中毒 ラウオルフィア中毒 末梢血管拡張薬中毒 主として消化器系に作用する薬物による中毒 主として平滑筋,骨格筋および呼吸器系に作用する薬物による中毒 バクロフェン[scuel.me] チオキサンテン系神経抑制薬中毒 ブチロフェノン系神経抑制薬中毒 抗精神病薬中毒 神経抑制薬中毒 リチウム中毒 覚醒剤中毒 精神安定剤中毒 精神作用薬中毒 主として自律神経系に作用する薬物による中毒 コリン作動性クリーゼ パパベリン中毒 メタラミノール中毒 主として全身および血液に作用する薬物による中毒,他に分類されないもの ジフェンヒドラミン中毒[scuel.me]

  • テトラヒドロゾリン

    テトラヒドロゾリン (tetrahydrozoline) は、塩酸テトラヒドロゾリンとして目薬や点鼻薬に含まれるイミダゾリンの誘導体である。同様の薬理作用を示す誘導体として、ナファゾリン、オキシメタゾリン、キシロメタゾリン等がある。オーバードースによる毒性がある。 テトラヒドロゾリンは主にアドレナリンα受容体作動薬として作用し、眼の結膜の血管を収縮させる。これは眼への刺激物による充血を抑える効果がある。 また、痔の出血・発赤を抑えるために、一部の坐剤(座薬)に配合されている。 いずれもOTC医薬品に用いられている。[…][ja.wikipedia.org]

  • ハシトキシコーシス

    クルッケンベルグ紡錘 クルンプケ麻痺 クレアチニンクリアランス低下 クレスト症候群 クレチン病 クレブシェラ性髄膜炎 クレブシェラ属感染 クレブシェラ腸炎 クロード症候群 クローム欠乏症 クローン病 クローン病によるビタミンB12欠乏性貧血 クローン病性若年性関節炎 クロイツフェルト・ヤコブ病 クロストリジウム・ウェルシュ腸炎 クロス症候群 クロニジン[askdoctors.dousetsu.com] 中毒 クロム親和性芽細胞腫 クロム親和性細胞腫 クロモミコーシス クロロキン網膜症 クロロフルオロカーボン中毒 クロロホルム中毒 クワシオルコル クンジンウイルス病 グアネチジン中毒 グッドパスチャー症候群 グラーフ卵胞のう胞 グラデニーゴ症候群 グラム陰性球菌感染症 グラム陰性菌敗血症 グラム陰性桿菌感染症 グラム陰性桿菌敗血症 グラム陽性球菌感染症[askdoctors.dousetsu.com]

  • グラデニーゴ症候群

    クルッケンベルグ紡錘 クルンプケ麻痺 クレアチニンクリアランス低下 クレスト症候群 クレチン病 クレブシェラ性髄膜炎 クレブシェラ属感染 クレブシェラ腸炎 クロード症候群 クローム欠乏症 クローン病 クローン病によるビタミンB12欠乏性貧血 クローン病性若年性関節炎 クロイツフェルト・ヤコブ病 クロストリジウム・ウェルシュ腸炎 クロス症候群 クロニジン[askdoctors.dousetsu.com] 中毒 クロム親和性芽細胞腫 クロム親和性細胞腫 クロモミコーシス クロロキン網膜症 クロロフルオロカーボン中毒 クロロホルム中毒 クワシオルコル クンジンウイルス病 グアネチジン中毒 グッドパスチャー症候群 グラーフ卵胞のう胞 グラデニーゴ症候群 グラム陰性球菌感染症 グラム陰性菌敗血症 グラム陰性桿菌感染症 グラム陰性桿菌敗血症 グラム陽性球菌感染症[askdoctors.dousetsu.com]

  • ライフェンスタイン症候群

    クルッケンベルグ紡錘 クルンプケ麻痺 クレアチニンクリアランス低下 クレスト症候群 クレチン病 クレブシェラ性髄膜炎 クレブシェラ属感染 クレブシェラ腸炎 クロード症候群 クローム欠乏症 クローン病 クローン病によるビタミンB12欠乏性貧血 クローン病性若年性関節炎 クロイツフェルト・ヤコブ病 クロストリジウム・ウェルシュ腸炎 クロス症候群 クロニジン[askdoctors.dousetsu.com] 中毒 クロム親和性芽細胞腫 クロム親和性細胞腫 クロモミコーシス クロロキン網膜症 クロロフルオロカーボン中毒 クロロホルム中毒 クワシオルコル クンジンウイルス病 グアネチジン中毒 グッドパスチャー症候群 グラーフ卵胞のう胞 グラデニーゴ症候群 グラム陰性球菌感染症 グラム陰性菌敗血症 グラム陰性桿菌感染症 グラム陰性桿菌敗血症 グラム陽性球菌感染症[askdoctors.dousetsu.com]

  • メタラミノール

    、精神安定剤中毒、コリン作動性クリーゼ、パパベリン中毒、メタラミノール中毒、ジフェンヒドラミン中毒、シタラビン中毒、ジギタリス中毒、抗不整脈剤副作用、ジピリダモール中毒、冠血管拡張薬中毒クロニジン中毒、グアネチジン中毒、ラウオルフィア中毒、末梢血管拡張薬中毒、バクロフェン中毒、サルブタモール中毒、テオフィリン中毒、医薬品中毒、急性薬物中毒[wellcan.jp] シタラビン中毒 抗癌剤漏出性皮膚障害 主として心血管系に作用する薬物による中毒 ジギタリス中毒 抗不整脈剤副作用 ジピリダモール中毒 冠血管拡張薬中毒 クロニジン中毒 グアネチジン中毒 ラウオルフィア中毒 末梢血管拡張薬中毒 主として消化器系に作用する薬物による中毒 主として平滑筋,骨格筋および呼吸器系に作用する薬物による中毒 バクロフェン[scuel.me] 臭素化合物中毒、慢性眠剤中毒、睡眠剤中毒、睡眠薬自殺未遂、鎮静剤副作用、アマンタジン中毒、三環系抗うつ薬中毒、四環系抗うつ薬中毒、モノアミンオキシダーゼ阻害性抗うつ薬中毒、抗うつ薬中毒、フェノチアジン系抗精神病薬中毒、チオキサンテン系神経抑制薬中毒、ブチロフェノン系神経抑制薬中毒、リチウム中毒、抗精神病薬中毒、神経抑制薬中毒、覚醒剤中毒、精神作用薬中毒[wellcan.jp]

  • メタカロン

    シタラビン中毒 抗癌剤漏出性皮膚障害 主として心血管系に作用する薬物による中毒 ジギタリス中毒 抗不整脈剤副作用 ジピリダモール中毒 冠血管拡張薬中毒 クロニジン中毒 グアネチジン中毒 ラウオルフィア中毒 末梢血管拡張薬中毒 主として消化器系に作用する薬物による中毒 主として平滑筋,骨格筋および呼吸器系に作用する薬物による中毒 バクロフェン[scuel.me] チオキサンテン系神経抑制薬中毒 ブチロフェノン系神経抑制薬中毒 抗精神病薬中毒 神経抑制薬中毒 リチウム中毒 覚醒剤中毒 精神安定剤中毒 精神作用薬中毒 主として自律神経系に作用する薬物による中毒 コリン作動性クリーゼ パパベリン中毒 メタラミノール中毒 主として全身および血液に作用する薬物による中毒,他に分類されないもの ジフェンヒドラミン中毒[scuel.me]

さらなる症状