Create issue ticket

考えれる23県の原因 クレブシエラ・ニューモニエ肺炎

  • インフルエンザ

    62体保第三九号 昭和六二年九月二八日 各都道府県教育委員会学校保健事務主管課長・各都道府県私立学校事務主管課長・附属学校を置く各国立大学事務局長・国立久里浜養護学校長あて 文部省体育局学校保健課長通知 当面のインフルエンザ予防接種の取扱いについて[…][mext.go.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • うっ血性心不全

    発表日:2016年12月14日 うっ血性心不全患者で摂食嚥下障害併存を予測する -認知機能と栄養状態検査で摂食嚥下障害の早期発見へ- 【研究概要】 東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野の大学院生横田 純一(よこたじゅんいち)、小川 佳子(おがわ よしこ)元助教(現 帝京大学)、上月 正博(こうづき まさひろ)教授らのグループは、認知機能障害と低栄養状態が、入院時のうっ血性心不全急性増悪患者における摂食嚥下障害(注1)併存の予測因子であることを科学的に実証しました。[…][nikkei.com]

  • 肺梗塞

    医療大全 肺血栓塞栓症、肺梗塞症 はいけっせんそくせんしょう、はいこうそくしょう Pulmonary thromboembolism, Pulmonary infarct 【初診に適した診療科】 呼吸器科、呼吸器科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 気管支原性癌
  • 不全対麻痺

    著者 菅井 康平 秋田県立リハビリテーション・精神医療センター機能訓練部 横山 絵里子 秋田県立リハビリテーション・精神医療センター診療支援部 抄録 【はじめに,目的】アトピー性脊髄炎(atopic myelitis:以下AM)はアトピー素因を有する患者で見られる脊髄炎で平成27年から難病法の指定難病に選定されている。現在の推定患者数は約1.000人であり本疾患の理学療法の報告はない。今回,この稀な疾患を経験し坐位不能から約1年半の経過で杖歩行自立に至ったので報告する。[…][ci.nii.ac.jp]

  • 薬物性好中球減少症

    診断の手順 B細胞系の異常 免疫不全診断のためのフローチャート 免疫グロブリン低下を主徴とする免疫不全:B細胞系の異常 T細胞系の異常 食細胞機能不全 1.問 診 感染症の頻度・重症度、家族歴、既往歴、投与薬剤の有無など 2.診 察 口内炎や歯肉炎、肛門周囲膿瘍や臍炎などの皮膚化膿症を認めることが多い。 創傷治癒遅延を呈することもある。 3.検 査 一般血液検査(頻回の血算)、血清免疫グロブリン、補体、 自己抗体検査(抗好中球抗体を含む)、骨髄検査、微生物学的検査などを行う。 好中球の疾患を考えた場合には大きく二つに分けられる。 末梢血好中球数1500/μl以下 、特に500/μl以下[…][pidj.rcai.riken.jp]

  • 対麻痺

    対麻痺 (ついまひ、 英 : paraplegia )とは、 四肢麻痺 と異なり、両下肢のみの 運動麻痺 (運動中枢から筋線維までのうちのいずれかの障害によって 随意運動 ができない状態)がある状態のこと。特に 胸髄 以下の 脊髄 障害および損傷によるものが多い。 対麻痺の種類 [ 編集 ] 対麻痺に付随する症状によって分類する。 痙性対麻痺 (spastic paraplegia):下肢の 痙縮 (spasticity)を伴う対麻痺をこのように呼ぶ。痙縮は筋緊張の亢進(受動的に動かしたときに正常よりも抵抗が大きい状態)であり、 錐体路障害 によって現れる症状であるので、他の 錐体路徴候[…][ja.wikipedia.org]

  • 僧帽弁狭窄症

    僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう,mitral stenosis,MS)は、心疾患の一種であり、僧帽弁口の狭窄によって左心房から左心室へ血液が流れにくくなる疾患である。 心臓の左心房と左心室の間には、僧帽弁 (mitral valve) と呼ばれる、二枚の尖弁(前尖、後尖)が存在する。 この弁は、左心房の収縮時には開いて、左心房からの血液を左心室へ流入させる一方、左心室収縮時には閉じて、左心室から左心房への逆流を防いでいる。 通常僧帽弁口の面積は4 - 6cm2であるが、僧帽弁尖の癒着などにより僧帽弁口の面積が1.5cm2以下になると、様々な症状を呈するようになる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状