Create issue ticket

考えれる6県の原因 クレアチンキナーゼは正常または上昇する場合がある

つまり: クレアチンキナーゼは正常または上昇する場合があ

  • 筋萎縮性側索硬化症

    であるが,蛋白は上昇することがある.血清クレアチンキナーゼ(CK)は一部の例で上昇がみられる.磁気刺激装置による運動誘発電位(MEP)を用いて測定した中枢運動神経伝導時間(CMCT)の延長を認める場合がある.[kotobank.jp] […] polyphasic potential),線維束性収縮電位(fasciculation potential),陽性鋭波(positive sharp wave)など慢性および進行性脱神経所見を認める.これらは下位運動ニューロン変性を反映し,診断において重要である.所見は萎縮筋のみならず,萎縮の明確でない筋でも認められることがある.髄液検査は多くの場合正常[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 3型

    であるが,蛋白は上昇することがある.血清クレアチンキナーゼ(CK)は一部の例で上昇がみられる.磁気刺激装置による運動誘発電位(MEP)を用いて測定した中枢運動神経伝導時間(CMCT)の延長を認める場合がある.[kotobank.jp] […] polyphasic potential),線維束性収縮電位(fasciculation potential),陽性鋭波(positive sharp wave)など慢性および進行性脱神経所見を認める.これらは下位運動ニューロン変性を反映し,診断において重要である.所見は萎縮筋のみならず,萎縮の明確でない筋でも認められることがある.髄液検査は多くの場合正常[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 4型

    であるが,蛋白は上昇することがある.血清クレアチンキナーゼ(CK)は一部の例で上昇がみられる.磁気刺激装置による運動誘発電位(MEP)を用いて測定した中枢運動神経伝導時間(CMCT)の延長を認める場合がある.[kotobank.jp] […] polyphasic potential),線維束性収縮電位(fasciculation potential),陽性鋭波(positive sharp wave)など慢性および進行性脱神経所見を認める.これらは下位運動ニューロン変性を反映し,診断において重要である.所見は萎縮筋のみならず,萎縮の明確でない筋でも認められることがある.髄液検査は多くの場合正常[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 5型

    であるが,蛋白は上昇することがある.血清クレアチンキナーゼ(CK)は一部の例で上昇がみられる.磁気刺激装置による運動誘発電位(MEP)を用いて測定した中枢運動神経伝導時間(CMCT)の延長を認める場合がある.[kotobank.jp] […] polyphasic potential),線維束性収縮電位(fasciculation potential),陽性鋭波(positive sharp wave)など慢性および進行性脱神経所見を認める.これらは下位運動ニューロン変性を反映し,診断において重要である.所見は萎縮筋のみならず,萎縮の明確でない筋でも認められることがある.髄液検査は多くの場合正常[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 2型

    であるが,蛋白は上昇することがある.血清クレアチンキナーゼ(CK)は一部の例で上昇がみられる.磁気刺激装置による運動誘発電位(MEP)を用いて測定した中枢運動神経伝導時間(CMCT)の延長を認める場合がある.[kotobank.jp] […] polyphasic potential),線維束性収縮電位(fasciculation potential),陽性鋭波(positive sharp wave)など慢性および進行性脱神経所見を認める.これらは下位運動ニューロン変性を反映し,診断において重要である.所見は萎縮筋のみならず,萎縮の明確でない筋でも認められることがある.髄液検査は多くの場合正常[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症 11型

    であるが,蛋白は上昇することがある.血清クレアチンキナーゼ(CK)は一部の例で上昇がみられる.磁気刺激装置による運動誘発電位(MEP)を用いて測定した中枢運動神経伝導時間(CMCT)の延長を認める場合がある.[kotobank.jp] […] polyphasic potential),線維束性収縮電位(fasciculation potential),陽性鋭波(positive sharp wave)など慢性および進行性脱神経所見を認める.これらは下位運動ニューロン変性を反映し,診断において重要である.所見は萎縮筋のみならず,萎縮の明確でない筋でも認められることがある.髄液検査は多くの場合正常[kotobank.jp]

さらなる症状