Create issue ticket

考えれる267県の原因 クレアチニン増加

  • 慢性腎不全

    末梢血液(腎性貧血および鉄欠乏性貧血の有無を確認) クレアチニン、尿素窒素(腎機能をみる) 尿酸(腎機能低下で増加する。[ohishi-naika-clinic.jp] 健康診断で尿蛋白陽性または血清クレアチニン値の増加を指摘され精査目的で受診。 尿に泡が立つのが心配で受診。 むくむようになったので受診など。 TOPに戻る 2. 初診当日に行う検査項目 1,2か月前のデータがある場合を除いて採血と尿検査を行います。むくんでいる場合は胸部レントゲン、InBodyと心電図などが加わることがあります。[ohishi-naika-clinic.jp]

  • 急性腎不全

    ピューロマイシンアミノヌクレオシド投与後、5日目以降に有意なタンパク質排泄量の増加がみられた。データは示していないが、このとき血中クレアチニン濃度は変化していなかった。したがって、今回のモデルは尿中タンパク質排泄量増加を伴う、軽度な慢性腎不全のモデルと考えられた。[patents.google.com] 【血液浄化療法】 血液浄化療法を行う基準 血清K値・・・6mEq/L以上 血清クレアチニン値・・・7mg/dl以上 BUN・・・80mg/dl以上 無尿や乏尿が3日以上 1日2kg以上の体重増加 脳症、出血傾向、肺水腫の出現 代謝性アシドーシスのとき 多臓器不全による急性腎不全の場合 また、蛋白異化が亢進して急激にK値が上昇するような場合には[kango-oshigoto.jp] 糖尿病は米国において末期腎不全(ESRD)の主因であり、また2型糖尿病の発病率は世界的に増加の一途をたどっています。 一般的にDNは多量アルブミン尿単独か、多量アルブミン尿に血清クレアチニン、クレアチニンクリアランスの計算値、糸球体濾過率(GFR)で示される腎機能異常により判定されます。[cosmobio.co.jp]

  • 糖尿病性腎症

    第4期(腎不全期) GFR は低下し、血清 クレアチニン 値も増加する。 第5期(透析療法期) 治療 [ 編集 ] 薬物療法 初期の段階では血糖コントロールによって進行を遅らせることができるため、薬物や インスリン によって血糖コントロールするのが重要となる。浮腫に対しては、腎糸球体濾過量を低下させないループ 利尿薬 を用いる。[ja.wikipedia.org]

  • 急性腎盂腎炎

    血清クレアチニン値の上昇が認められます。 IgE や好酸球数が増加することがあります。尿検査では、蛋白尿は軽度( 1g /日以下)で、白血球尿が認められます。また尿細管性蛋白尿(β 2 ミクログロブリン)や尿細管の酵素である NAG の増加が認められます。 診断は? 病歴、身体診察、臨床検査および画像診断に基づきます。[twmu.ac.jp]

  • 子癇前症

    子癇前症 (しかんぜんしょう)は妊娠中に 高血圧 や タンパク尿 を特徴とする疾患である [1] 。通常、 妊娠後期 に発症し時間が経つにつれ悪化する [2] [3] 。重い疾患には 赤血球の破壊、 血小板減少症 、肝機能障害、腎機能障害、 浮腫 、 肺水腫 による息切れ、視覚障害がある [2] [3] 。子癇前症は母親と赤ちゃんの両方の転帰不良のリスクを増加する [3] 。もし治療せず放置した場合、結果として妊娠中に起こる てんかん発作 、 子癇 になる [2] 。 子癇前症のリスク要因は: 肥満 、 高血圧 、高齢年齢、 糖尿病 などである [2] [4][…][ja.wikipedia.org]

  • 腫瘍崩壊症候群

    腎障害(4.3%) 腎障害、腎機能検査値異常(クレアチニン上昇、BUN増加等)があらわれることがあるので、定期的に腎機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。[kegg.jp] 呼吸困難( p 0.005)、クレアチニンの上昇(p 0.028)、LDHの増加( p 0.021)が早期死亡の危険因子であった。全生存に差はなかった(白血球除去群:6.5ヶ月 対 コントロール:7.5ヶ月)。 結論 白血球除去は長期生存には影響を与えなかったが早期死亡は減少させた。[jshem.or.jp]

  • 尿管結石症

    泌尿器科 尿路結石症 結石の外科的治療法である、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、内視鏡手術(経尿道的腎尿管砕石術(TUL)、経皮的腎砕石術(PNL))、いずれの治療法にも対応しています。[kouseiren-ta.or.jp]

  • 慢性腎盂腎炎

    血液中のクレアチニンの濃度は腎機能によって決定し、腎機能が低下するとクレアチニンは尿に排泄されず、血液中の濃度が増加します。 血糖 血中のブドウ糖。糖尿病患者さんの中には、血糖を正常に保つために薬が必要となる人がいます。症状が軽い人は、適切な食事療法と運動療法だけでコントロールできます。 血尿 尿に血液が混入している状態です。[kidneydirections.ne.jp]

  • 遺伝性腎細胞癌

    検索結果に戻る 特集 腎癌診療をめぐる最近の話題 Pharma Medica Vol.30 No.8, 9-15, 2012 「はじめに」ヒト腎細胞癌の研究はvon Hoppel-Lindau(VHL)病などの遺伝性腎癌の原因遺伝子の研究が約10年間行われ, 1993年のVHL病遺伝子の同定とそれに続くVHL蛋白の機能解明により1つの頂点を迎えた. その後も, 遺伝性乳頭状腎癌1型, Birt-Hogg-Dube(BHD)症候群, 遺伝性平滑筋腫症-腎細胞癌症候群(hereditary leiomy-omatosis and renal cell carcinoma[…][med.m-review.co.jp]

  • 多発性骨髄腫

    血液検査ではクレアチニン(CRTNN)の上昇、尿検査では蛋白の増加などがみられます。病変が進行して尿毒症を起こすと、むくみ、吐き気、息切れなどの症状がでてきます。 貧血 骨髄腫細胞が赤血球の産生を抑えるような物質を作り出すこと、骨髄中の正常な血液を作る細胞が減少することなどが原因となり、貧血になると考えられています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

さらなる症状