Create issue ticket

考えれる43県の原因 クレアチニン増加

  • 糖尿病性腎症

    第4期(腎不全期) GFR は低下し、血清 クレアチニン 値も増加する。 第5期(透析療法期) 治療 [ 編集 ] 薬物療法 初期の段階では血糖コントロールによって進行を遅らせることができるため、薬物や インスリン によって血糖コントロールするのが重要となる。浮腫に対しては、腎糸球体濾過量を低下させないループ 利尿薬 を用いる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全
  • 急性腎不全

    急性腎不全 ブックマーク: 1) 急性腎不全とは 2) 急性腎不全の様々な原因 3) 急性腎不全の起こり方 急性腎不全とは 急性腎不全とはその名の通り 急激に腎機能が低下する 状態です。通常、尿の出が悪くなったり( 乏尿 )、あるいは全く出なくなったり( 無尿 )します。一般には余りなじみの無い病気のように思われがちですが、高齢者や糖尿病、高血圧など動脈硬化の強い人が増加しつつあるわが国では、ちょっとしたことでも急に腎臓の働きが低下することも多いのです。死亡率の高い病気です。 このページの先頭へ 急性腎不全の様々な原因 狭心症などの心臓病の診断や治療時によく行われる 造影検査[…][plaza.umin.ac.jp]

  • 子癇前症

    子癇前症 (しかんぜんしょう)は妊娠中に 高血圧 や タンパク尿 を特徴とする疾患である [1] 。通常、 妊娠後期 に発症し時間が経つにつれ悪化する [2] [3] 。重い疾患には 赤血球の破壊、 血小板減少症 、肝機能障害、腎機能障害、 浮腫 、 肺水腫 による息切れ、視覚障害がある [2] [3] 。子癇前症は母親と赤ちゃんの両方の転帰不良のリスクを増加する [3] 。もし治療せず放置した場合、結果として妊娠中に起こる てんかん発作 、 子癇 になる [2] 。 子癇前症のリスク要因は: 肥満 、 高血圧 、高齢年齢、 糖尿病 などである [2] [4][…][ja.wikipedia.org]

  • 急性腎盂腎炎
  • 尿管結石症
  • 腫瘍崩壊症候群

    腫瘍崩壊症候群(しゅようほうかいしょうこうぐん、英:tumor lysis syndrome)または腫瘍融解症候群(しゅようゆうかいしょうこうぐん)とは抗がん剤治療や放射線療法等でがん細胞が短時間に大量に死滅することで起こる症候群で、腫瘍学的緊急症の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性腎細胞癌
  • 慢性腎盂腎炎
  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状