Create issue ticket

考えれる104県の原因 クリプトコッカス髄膜炎

  • 糖尿病

    -「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果- 私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。平成2年(1990年)と平成5年(1993年)に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、東京都葛飾区、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の11保健所(呼称は2009年現在)管内にお住まいだった方々のうち、ベースラインおよび研究開始から5年後に行なった調査時に糖尿病やがん、循環器疾患になっていなかった40[…][epi.ncc.go.jp]

  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 1、疫学 腎臓には体の水分を調節したり老廃物を尿として排泄する機能があります。 ところが腎臓の病気などで血液を濾過する機能がおちると、老廃物を十分排泄できなくなります。 この結果、体内に不必要なものや体にとって有害なものがたまってきてしまいます。 これを腎機能障害、障害が強く機能が著しく低下した状態を腎不全といいます。 2、腎不全の原因 例えば、脱水などでも急性腎不全は引き起こされます。 それから腎臓に 害のある薬剤や化学物質の暴露によるもの 、あるいは腎臓の炎症である腎炎、 細菌によって引き起こされる腎盂腎炎なども繰り返せば腎不全に陥ります。[…][med.nihon-u.ac.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    細菌性、結核性、クリプトコッカスなどの鑑別、単純ヘルペス、JCウイルスのPCRを行う。髄液の軽度異常は40-50%でみられるがNPSLEに特異的ではない。また、無菌性髄膜炎、血管炎、横断性脊髄炎などを除いて一般髄液検査では正常を示すことが多い。[med.osaka-u.ac.jp] Polyneuropathy) 液検査 感染症を鑑別するために重要。[med.osaka-u.ac.jp] […] polyradiculoneuropathy) 自律神経障害(Autonomic disorder) 単・多発単神経炎(Mononeuropathy, single/multiplex) 重症筋無力症(Myasthenia gravis) 脳神経障害(Neuropathy, cranial) 神経叢障害(Plexopathy) 多発神経[med.osaka-u.ac.jp]

  • 後天性免疫不全症候群

    C.その神経認知障害は、進行性多巣性白質脳症またはクリプトコッカスなどの二次的脳疾患を含む、HIV以外の疾患ではうまく説明できない。 D.その神経認知障害の症状は他の医学的疾患によるものではなく、他の精神疾患ではうまく説明されない。[e-heartclinic.com] 500個/μl程度では帯状疱疹、結核、カポジ肉腫、非ホジキンリンパ腫、200個/μl程度ではニューモシスチス肺炎、トキソプラズマ脳症、100個/μlではクリプトコッカス、50個/μlではサイトメガロウイルス、非定型抗酸菌症を起こしやすいとされている。[ja.wikipedia.org] ※HIV感染者(キャリア) エイズ患者 日和見感染症の代表的なものとして、ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)、カンジダ症、クリプトコッカス、サイトメガロウイルス感染症などがあります。 HIVの感染初期において、HIVに感染しても検査結果が陰性になる時期があり、これを「ウインドウ期」といいます(図)。[city.yokohama.lg.jp]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ性白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ性白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ性白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。 慢性リンパ性白血病 (まんせいリンパせいはっけつびょう、 英 : Chronic lymphocytic leukemia; CLL )とは、小型で細胞質が乏しい成熟 Bリンパ球 性の慢性 白血病 である。白血球細胞は 骨髄 、 リンパ節 、 末梢血[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病

    ホジキン病 ホジキン-びょう 広辞苑より イギリスの医師ホジキン T.Hodgkin 1798 1866の名に因む。 悪性リンパ腫の一病型。ステルンベルグ-リード細胞と呼ばれる細胞の 出現が特徴的で、全身リンパ腫の腫脹、肝臓、脾臓、骨髄への病変の波及が 主症状。リンパ球優勢型・混合細胞型・リンパ球減少型および結節硬化型に 分類される。原因、本態とも不明。 僕の主治医に伺ったところ、小児ホジキン病というのはホジキン病と基本的に同じなのだそうです。 治療法が変わってくるため、15歳くらいまでのホジキン病患者を小児ホジキン病と呼ぶそうです。[…][www005.upp.so-net.ne.jp]

  • フィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病

    ※本情報は一般に公開されている 治験 ・ 臨床試験 情報を引用・抜粋しております 治験名 新規に 慢性期 (CP)の フィラデルフィア染色体 陽性 慢性骨髄性白血病 ( CML )と診断された患者に対するニロチニブ(商品名:タシグナ)の 有効性 と 安全性 を検証する第Ⅲ相試験 治験の概要 本治験は、慢性期(CP)のフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病(CML)患者に対してイマチニブ(商品名:グリベック)投与後に抵抗性あるいは 不耐[…][oncolo.jp]

さらなる症状