Create issue ticket

考えれる13県の原因 クリプトコッカス症

  • 後天性免疫不全症候群

    500個/μl程度では帯状疱疹、結核、カポジ肉腫、非ホジキンリンパ腫、200個/μl程度ではニューモシスチス肺炎、トキソプラズマ脳症、100個/μlではクリプトコッカス髄膜炎、50個/μlではサイトメガロウイルス、非定型抗酸菌を起こしやすいとされている。[ja.wikipedia.org]

  • 先天性後天性免疫不全症候群
  • クリプトコッカス症

    クリプトコッカスクリプトコッカスしょう、英: cryptococcosis)とはクリプトコッカス属に属する酵母様真菌の感染を原因とする人獣共通感染。ヒト、イヌ、ネコなどに感染する。主にCryptococcus neoformansによる呼吸器症状が認められる。クリプトコッカス属は空気中や土壌、植物などの環境中に広く分布する。[ja.wikipedia.org] クリプトコッカス(cryptococcosis)は、日本語ではクリプトコックスと呼ばれることもあります。似た病名に クリプトスポリジウム がありますが、クリプトスポリジウムは、クリプトスポリジウムという病原体による感染で、クリプトコッカスとは違う病気です。[city.yokohama.lg.jp] 原発性肺クリプトコッカスの2例 日本臨床外科学会雑誌 Vol.60 (1999) No.10 P2628-2631[ja.wikipedia.org]

  • 人獣共通感染症

    トキソカラ、アスペルギルス、ボツリヌス、ウェルシュ菌食中毒、クリプトコッカスなど 混合型 上記4型が組み合わされたもの。[ja.wikipedia.org]

  • カンジダ症

    クリプトコッカスでは免疫不全が高度になるほどはい病変よりも髄膜炎の頻度が高くなる。 肺クリプトコッカスクリプトコッカスの約半数は基礎疾患を有さない健常者に発症する原発性クリプトコッカスで、残り半数は何らかの基礎疾患を有する続発性肺クリプトコッカスである。[ja.wikipedia.org] クリプトコッカス脳髄膜炎クリプトコッカス脳髄膜炎において最も多い基礎疾患はHIV感染であるが、その他の疾患では肺クリプトコッカスの基礎疾患と同様に悪性腫瘍、膠原病、腎疾患、血液疾患などがあり様々な免疫不全の患者に発症する。[ja.wikipedia.org] 前者に属するものとしては深在性カンジダ、アスペルギルス、トリコスポロン、ムコール、フサリウムなどがあり、後者では表在性カンジダクリプトコッカス、ニューモシスチス症、マルネッフェイ型ペニシリウム症、ヒストプラズマ症、コクシデオイデス症、パラコクシジオイデス症が含まれる。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜炎

    髄膜近傍の感染症では、慢性的に排液している耳、副鼻腔炎、右-左の心臓または肺シャント、慢性の胸膜肺感染など、感染源となりうる所見を同定することが診断の役にたつ。皮膚病変はベーチェット病、クリプトコッカス、ブラストミセス症、全身性エリテマトーデス、ライム病、静注麻薬の使用、スポロトリクス症、トリパノソーマ症などを疑う根拠となる。[ja.wikipedia.org] 原因菌としては結核菌、クリプトコッカスなどの真菌、ヒストプラズマ症、コクシジオイデス症、梅毒などが知られている。 結核性髄膜炎は結核菌が血行性に髄膜に広がることによって急性に起こるわけではない。初感染時に結核菌が血行性に髄膜に伝搬して脳実質に粟粒大の結核結節が形成されるとこれらが拡大し、通常は乾酪化する。[ja.wikipedia.org] 真菌性髄膜炎ではクリプトコッカスが多い。 梅毒はしばしば病初期に中枢神経に浸潤する。顔面神経麻痺と内耳神経が障害される。 慢性脳炎には進行性多巣性白質脳症、亜急性硬化性全脳炎、進行性風疹全脳炎が知られている。 進行性多巣性白質脳症 進行性多巣性白質脳症(PML)は中枢神経系全般に多数分布する大小の脱髄病変を特徴とする進行性疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • レミエール症候群

    チフス、ツツガムシ病、日本紅斑熱などクラミジア感染クラミジア肺炎、トラコーマ、性器クラミジア感染、オウム病など真菌感染 アスペルギルス、カンジダクリプトコッカス、白癬菌症、ヒストプラズマ症、ニューモシスチス肺炎(旧名:カリニ肺炎)など寄生性原虫感染症 アメーバ赤痢、マラリア、トキソプラズマ症、リーシュマニア症、クリプトスポリジウム[ja.wikipedia.org] 肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ、クロストリジウムなどによる各種感染症 結核・非結核性抗酸菌、コレラ、ペスト、ジフテリア、赤痢、猩紅熱、炭疽、梅毒、破傷風、ハンセン病、レジオネラ肺炎(在郷軍人病)、レプトスピラ症、ライム病、野兎病、Q熱などリケッチア感染発疹[ja.wikipedia.org]

  • 肝膿瘍

    チフス、ツツガムシ病、日本紅斑熱などクラミジア感染クラミジア肺炎、トラコーマ、性器クラミジア感染、オウム病など真菌感染 アスペルギルス、カンジダクリプトコッカス、白癬菌症、ヒストプラズマ症、ニューモシスチス肺炎(旧名:カリニ肺炎)など寄生性原虫感染症 アメーバ赤痢、マラリア、トキソプラズマ症、リーシュマニア症、クリプトスポリジウム[ja.wikipedia.org] 肺炎桿菌)、プロテウス菌、百日咳菌、緑膿菌、セラチア菌、シトロバクター、アシネトバクター、エンテロバクター、マイコプラズマ、クロストリジウムなどによる各種感染症 結核・非結核性抗酸菌、コレラ、ペスト、ジフテリア、赤痢、猩紅熱、炭疽、梅毒、破傷風、ハンセン病、レジオネラ肺炎(在郷軍人病)、レプトスピラ症、ライム病、野兎病、Q熱などリケッチア感染発疹[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    細菌性、結核性、クリプトコッカス髄膜炎などの鑑別、単純ヘルペス、JCウイルスのPCRを行う。髄液の軽度異常は40-50%でみられるがNPSLEに特異的ではない。また、無菌性髄膜炎、血管炎、横断性脊髄炎などを除いて一般髄液検査では正常を示すことが多い。[med.osaka-u.ac.jp] Psychosis) 末梢神経系 急性炎症性脱髄性多発神経根炎(ギランバレー症候群)(Acute inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy) 自律神経障害(Autonomic disorder) 単・多発単神経炎(Mononeuropathy, single/multiplex) 重症筋無力[imed3.med.osaka-u.ac.jp] Myasthenia gravis) 脳神経障害(Neuropathy, cranial) 神経叢障害(Plexopathy) 多発神経炎(Polyneuropathy) 髄液検査 感染を鑑別するために重要。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 脳膿瘍

    髄膜近傍の感染症では、慢性的に排液している耳、副鼻腔炎、右-左の心臓または肺シャント、慢性の胸膜肺感染など、感染源となりうる所見を同定することが診断の役にたつ。皮膚病変はベーチェット病、クリプトコッカス、ブラストミセス症、全身性エリテマトーデス、ライム病、静注麻薬の使用、スポロトリクス症、トリパノソーマ症などを疑う根拠となる。[ja.wikipedia.org] 原因菌としては結核菌、クリプトコッカスなどの真菌、ヒストプラズマ症、コクシジオイデス症、梅毒などが知られている。 結核性髄膜炎は結核菌が血行性に髄膜に広がることによって急性に起こるわけではない。初感染時に結核菌が血行性に髄膜に伝搬して脳実質に粟粒大の結核結節が形成されるとこれらが拡大し、通常は乾酪化する。[ja.wikipedia.org] 真菌性髄膜炎ではクリプトコッカスが多い。 梅毒はしばしば病初期に中枢神経に浸潤する。顔面神経麻痺と内耳神経が障害される。 慢性脳炎には進行性多巣性白質脳症、亜急性硬化性全脳炎、進行性風疹全脳炎が知られている。 進行性多巣性白質脳症 進行性多巣性白質脳症(PML)は中枢神経系全般に多数分布する大小の脱髄病変を特徴とする進行性疾患である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状