Create issue ticket

考えれる155県の原因 クッシング様顔貌

  • クッシング症候群

    クッシング症候群(クッシングしょうこうぐん、Cushing's syndrome)は、慢性の糖質コルチコイド過剰による症候群。ただし、下垂体腺腫が原因で起こるクッシング症候群を、特にクッシング病(Cushing's disease)と呼ぶ。 アメリカの脳神経外科医、ハーヴェイ・ウィリアムス・クッシングによって「クッシング病」が初めて報告された。 原因は、副腎腺腫が約50%、クッシング病が約35%である。他の腫瘍から来るものもある。女性に多い。 下垂体腺腫(クッシング病) 副腎疾患 副腎腺腫、副腎癌、ACTH非依存性大結節性副腎過形成(AIMAH)、原発性副腎皮質小結節性異形成(PPNAD)など[…][ja.wikipedia.org]

  • 小細胞肺癌

    はじめに Ⅲ期非小細胞肺癌に対する標準的治療は,化学放射線療法である。これまでの臨床試験は化学療法と放射線療法の併用時期の検討から始まり,放射線治療と同時に併用する薬剤レジメンの検討が主になされてきた。しかしながら,約20年の間,どのレジメンでも治療成績に大差はなく,治療成績の向上は見られなかった。一方,胸部照射については,通常分割照射法を用いた1回線量2Gy,総線量60Gyが長く用いられてきた。そこで,肺がん局所に対する治療強度を高めるべく,胸部照射に高線量を用いる第Ⅲ相試験が施行された。残念ながら,74Gyの高線量照射は60Gyの標準照射線量に比して予後が劣っていたという結果であった[…][innervision.co.jp]

  • 再発小細胞肺癌

    UMIN試験ID UMIN000000828 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2007年9月20日 登録・組み入れ開始日:2007年9月1日 基本情報 試験簡略名 再発小細胞肺癌に対する塩酸ノギテカン療法(NGT療法)と、シスプラチン エトポシド イリノテカン療法(PEI療法)を比較する第III相試験 (JCOG0605) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域 日本 実施都道府県 北海道、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、愛媛県、福岡県、熊本県 対象疾患 再発小細胞肺癌[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 下垂体腺腫

    例えば、 ・成長ホルモン: 先端巨大症(手足容積の増大、先端巨大症顔貌、巨大舌など) ・副腎皮質刺激ホルモン: クッシング病(満月顔貌、中心性肥満、高血圧、糖尿病など) ・甲状腺刺激ホルモン: 動悸、発汗、不整脈など ・プロラクチン: 生理不順、乳汁分泌 詳しくは以下のサイトもご参照ください。[chiba-neurosurgery.jp] 副腎皮質刺激ホルモンを産生する腺腫はクッシング病と呼ばれ,満月顔貌を伴う中心性肥満や高血圧,糖尿病や骨粗鬆症などを合併する疾患ですが,腺腫全体では約5%程度と少なく,甲状腺刺激ホルモンを産生する腺腫はさらに頻度が少なくなります(図1)。[hamanomachi.jp] クッシング症候 満月顔貌 moon face,中心性肥満 central obesity,水牛様脂肪沈着 buffalo hump,幅広い皮膚線条,皮膚の菲薄化,近位筋力低下,多毛,色素沈着,骨粗鬆症,鬱傾向などの精神症状,下肢の浮腫などがあります moon faceとcentral obesity が最も特徴的で重要です クッシング病の[plaza.umin.ac.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    腫瘍随伴症候群(しゅようずいはんしょうこうぐん、英: paraneoplastic[…][ja.wikipedia.org]

  • 膵島細胞腫瘍

    クッシング症候 満月顔貌 moon face,中心性肥満 central obesity,水牛様脂肪沈着 buffalo hump,幅広い皮膚線条,皮膚の菲薄化,近位筋力低下,多毛,色素沈着,骨粗鬆症,鬱傾向などの精神症状,下肢の浮腫などがあります moon faceとcentral obesity が最も特徴的で重要です クッシング病の[plaza.umin.ac.jp]

  • 医原性クッシング病

    1. 「 クッシング病 」とはどのような病気ですか 副腎皮質ステロイドホルモンの1つであるコルチゾールというホルモンが過剰に分泌され、満月顔貌や中心性肥満など特徴的な症状を示す病気をクッシング症候群といいます。このコルチゾールは生きて行くのに不可欠なステロイドホルモンで、下垂体から出てくるACTHというホルモンによって促進されます。[nanbyou.or.jp] 満月顔貌,鎖骨上窩脂肪沈着,皮膚の菲薄化,挫瘡,月経異常,うつ症状なども本症に特徴的であるが,非特異的である。 【検査所見】 スクリーニングは,24時間尿中遊離コルチゾール高値,夜間血清コルチゾール濃度 5μg/dL,デキサメタゾン1mg抑制試験( 5μg/dL)により行う( 図 ) 1) 3) 。[jmedj.co.jp] 3.臨床所見 1)身体所見 [ 2 ] クッシング徴候(特異的症候)として、 (1)満月顔貌(moon face) (2)中心性肥満(central obesity)または水牛様脂肪沈着(buffalo hump) (3)皮膚の赤紫色皮膚線条(幅1 cm以上)(abdominal striae) (4)皮膚の菲薄化または皮下溢血 (5)近位筋萎縮[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 副腎皮質癌

    クッシング症候群 Cushing syndrome コルチゾールの分泌が過剰となる疾患です。顔が丸くなる(満月顔貌)、ニキビが増える、首の後ろや背中が盛り上がる、お腹に脂肪がつく、毛深くなるなどの症状が目立つようになります。また高血圧、糖尿病、高脂血症、骨粗しょう症などをおこします。[twmu.ac.jp] 3.臨床所見 1)身体所見 [ 2 ] クッシング徴候(特異的症候)として、 (1)満月顔貌(moon face) (2)中心性肥満(central obesity)または水牛様脂肪沈着(buffalo hump) (3)皮膚の赤紫色皮膚線条(幅1 cm以上)(abdominal striae) (4)皮膚の菲薄化または皮下溢血 (5)近位筋萎縮[medical.nikkeibp.co.jp]

  • クッシング症候群
  • 本態性高血圧症

    クッシング症候群(参照問題E・参照問題F): 主訴:四肢脱力発作(筋力低下)、腰痛 理学所見:顔面紅潮、満月顔貌、中心性肥満、皮膚線状、多毛 検査所見:血清K 、血糖 、コルチゾール 、尿中17-OHCS 2-3.[e-resident.jp]

さらなる症状