Create issue ticket

考えれる12県の原因 βグロブリン減少

  • 多発性骨髄腫

    基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 更新・確認日:2017年04月12日 [ 履歴 ] 履歴 2017年04月12日 「多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新しました。 2015年05月26日 タブ形式に変更しました。「多発性骨髄腫の診療指針 第3版(2012年10月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」より内容を更新しました。 2006年11月14日 「多発性骨髄腫の診断」を掲載しました。 1.多発性骨髄腫とは[…][ganjoho.jp]

  • ネフローゼ症候群

    ネフローゼ症候群(ネフローゼしょうこうぐん、英: Nephrotic syndrome)は、高度の蛋白尿により低蛋白血症を来す腎臓疾患群の総称である。 低蛋白血症、高度な蛋白尿、浮腫(眼瞼や下肢)を主な症状とし、病理学的には糸球体基底膜の透過の亢進を一次的異常として認める。時に脂質異常症も合併する。ネフローゼ症候群は元来病理学的な概念であり、腎炎 nephritisと異なり、炎症性の変化(炎症細胞浸潤など)がみられないものの総称として提唱された。若年層(特に幼少期では男子)に多く発症するが、30代の男女の発症例も多数報告されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症

    米Pharmacyclics社は、ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症(WM)に対する、ブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤ibrutinibのフェーズ2試験のデータに基づき、WMへの適応症追加申請を米食品医薬品局(FDA)に提出したと10月20日に発表した。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 肝硬変

    末梢血 :汎血球減少 1. 血液生化学検査 :蛋白 アルブミンの減少とγグロブリンの増加(β-γ bridging)、ビリルビン 直接型が優位、GOT/GPT比の増加、小腸型ALPの増加、ChEの減少、コレステロールの減少 Ⅵ.合併症 1. 腹水 2. 食道静脈瘤 3. 肝性脳症 4. 肝癌 5.[kanazawa-med.ac.jp]

  • 門脈性肝硬変

    末梢血 :汎血球減少 1. 血液生化学検査 :蛋白 アルブミンの減少とγグロブリンの増加(β-γ bridging)、ビリルビン 直接型が優位、GOT/GPT比の増加、小腸型ALPの増加、ChEの減少、コレステロールの減少 Ⅵ.合併症 1. 腹水 2. 食道静脈瘤 3. 肝性脳症 4. 肝癌 5.[kanazawa-med.ac.jp]

  • 大結節性肝硬変

    末梢血 :汎血球減少 1. 血液生化学検査 :蛋白 アルブミンの減少とγグロブリンの増加(β-γ bridging)、ビリルビン 直接型が優位、GOT/GPT比の増加、小腸型ALPの増加、ChEの減少、コレステロールの減少 Ⅵ.合併症 1. 腹水 2. 食道静脈瘤 3. 肝性脳症 4. 肝癌 5.[kanazawa-med.ac.jp]

  • 肝腎症候群

    末梢血 :汎血球減少 1. 血液生化学検査 :蛋白 アルブミンの減少とγグロブリンの増加(β-γ bridging)、ビリルビン 直接型が優位、GOT/GPT比の増加、小腸型ALPの増加、ChEの減少、コレステロールの減少 Ⅵ.合併症 1. 腹水 2. 食道静脈瘤 3. 肝性脳症 4. 肝癌 5.[kanazawa-med.ac.jp]

  • 直腸潰瘍

    また,主な臨床検査値異常変動としては,CRP上昇12%(15/126例),尿中β2マイクログロブリン上昇8%(10/122例),リンパ球減少6%(8/125例),好中球増加5%(6/120例),白血球数上昇5%(6/125例)等であった.[kegg.jp]

  • 先天性肝硬変

    末梢血 :汎血球減少 1. 血液生化学検査 :蛋白 アルブミンの減少とγグロブリンの増加(β-γ bridging)、ビリルビン 直接型が優位、GOT/GPT比の増加、小腸型ALPの増加、ChEの減少、コレステロールの減少 Ⅵ.合併症 1. 腹水 2. 食道静脈瘤 3. 肝性脳症 4. 肝癌 5.[kanazawa-med.ac.jp]

  • 奇異性塞栓症

    7.抗リン脂質抗体症候群 抗リン脂質抗体としては、Lupus Anticoagulant(LA)、抗カルジオリピン抗体(aCL)、β2-Glycoprotein(β2ーGPI)が重要で、動、・静脈血栓、習慣性流産、血小板減少などを起こします。[nmt.ne.jp] LAは陰性に荷電するリン脂質と反応する免疫グロブリンで、対応抗原はプロトロンビンであると考えられています。 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)が延長し、プロトロンビン時間が軽度延長または正常の場合に本症候群を考えます。 抗リン脂質抗体症候群による脳梗塞を診断するためには、下記の諸点に注意することが必要です。[nmt.ne.jp]

さらなる症状