Create issue ticket

考えれる468県の原因 グロブリンの増加, 性感染症の以前のエピソード

  • 梅毒

    梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症である。第一感染経路は性行為であるため性病の1つとして数えられるものの、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • B型肝炎ウイルス

    1972年に日本血液センターによるB型肝炎のスクリーニング検査が開始、1986年には母子感染防止事業に基づき、出生児に対するワクチン、免疫グロブリン投与されるようになったことより、新たな垂直感染が抑制されるようになりました。 B型急性肝炎の増加 一方では性交渉などによる感染、それとともに欧米型ウイルスの増加が問題となっています。[ncgmkohnodai.go.jp]

  • C型肝炎

    抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org]

  • 妊娠後期

    […] life 妊娠後期になるとお腹が随分と大きくなってきますよね。日常生活の中で不自由に感じてしまう場面も多いことでしょう。なかでも悩ましいのが、休息を取るための「寝る体勢」。仰向けから横向きに寝る姿勢を変えても肋骨が痛くて寝れない、お腹痛いと感じる場面が多いようです。 妊娠後期の寝苦しさ、先輩ママたちはどんな風に寝る体勢を工夫して乗り切ったのでしょうか? 妊婦あるある!?寝苦しいのは寝る姿勢の影響も大きい 妊娠後期。多くの妊婦さんが抱える「寝る姿勢」問題 「寝る体勢が辛いなんて私だけ[…][…]?」そう思っていたあなた、安心してください。多くの人が妊娠後期には同じ悩みを抱えていました。とくに8[…][select.mamastar.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 骨盤内炎症性疾患

    クラミジア感染症スクリーニングの実施で、PID(骨盤内炎症性疾患)の発病率を減らすことができるのか。ロンドン大学セント・ジョージア校地域保健科学部門のPippa Oakeshott氏らが無作為化試験を行い、BMJ誌2010年4月24日号(オンライン版2010年4月8日号)で報告している。クラミジア感染症は欧米で最も多い性感染症で、毎年新規患者は300万人以上。しかし症状に乏しいため放置され、PID発病を招くケースが少なくない。その医療コストは米国で年間20億ドル以上と推計されているという。 迅速検査治療群と対照群とに無作為化し1年間のPID発病率を追跡[…][carenet.com]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 伝染性単核球症

    ・その他、TTT、ZTT、γグロブリンが上昇し、免疫グロブリンIgMが増加する。 ・A、B、Cなどの肝炎ウイルスが陰性であることを確認する必要がある。 治療法 1.一般療法 確立された特異療法はないが、抗ウイルス剤(アシクロピル)を試みる場合がある(保険適応はない)。一般に安静臥床させ、肝庇護食にて経過を観察する。[jomf.or.jp] これは逆にB リンパ球の増殖、免疫グロブリンの産生、EBV 感染B リンパ球の増加にもつながる。 (以下はEBV による伝染性単核症に限定する。)[niid.go.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • トキソプラズマ感染症

    トップ No.4954 質疑応答 プロからプロへ 妊娠中のトキソプラズマ感染症の対応と管理法は? 妊娠中のトキソプラズマ感染症について世間でも話題になっています。妊娠中の診断や管理法についてお教え下さい。 横浜市立大学附属市民総合医療センター・青木 茂先生にご回答をお願いします。 【質問者】 中田雅彦 東邦大学大学院医学研究科産科婦人科学講座教授 【回答】 【偽陽性を除外した上で,スピラマイシンによる治療を分娩まで行う】[…][jmedj.co.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 非ホジキンリンパ腫

    ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症では、血液中のモノクローナル免疫グロブリンM(IgM)量が増加します。 フローサイトメトリー法: 患者さんの試料中の細胞数、生きている細胞の割合、細胞の特徴(大きさ、形状、細胞表面の腫瘍マーカーの有無等)を計測するための手法です。[imic.or.jp]

    不足: 性感染症の以前のエピソード
  • 皮下膿瘍
    不足: 性感染症の以前のエピソード

さらなる症状